【後編】僕とユノのコト始め-ロッカールーム-

 

チャンミンは股間を見下ろしていたが、いきなり俺の下着に手を突っ込んだ。

 

「あ、こら!」

 

そして、半勃ちレベルになった俺のペニスを引っ張り出した。

 

「ユノ...おっきいね」

 

チャンミンは、手の平に載せてふにふにと軽く握ったり離したりした。

 

「っん...」

 

細くて長い、神経質そうな指だと思った。

 

「僕のも、握って」

 

男同士はこういう点、遠慮がないなと思った。

 

「早く!」と急かされ、下着ごとパンツを引き下げたら、チャンミンのペニスが弾みよく飛び出た。

 

「...すげーな...」

 

握ると、熱く脈打っていて、チャンミンの興奮がダイレクトに伝わってくる。

 

「......」

 

俺たちは貪るように口づけを交わす。

 

舌を吸いながら、右手はチャンミンのペニスを一定のリズムでしごく。

 

チャンミンも、俺の裏筋を親指で刺激しながら、他の4本で竿をしごく。

 

「んっ」

 

ヤバ...とにかく気持ちがいい。

 

ペニスの扱い方は、お互い知り尽くしているから、当然か。

 

女の子がやる遠慮がちなデリケートなしごき方じゃなくて、遠慮のないしごき方だ。

 

強い快感が背筋を駆け抜けて、目がくらみそうだ。

 

チャンミンの先走りの量がすごくて、ぬるぬると面白いように指が滑る。

 

「あ...っ」

 

チャンミンの喘ぎ声が、女の子っぽくてそそられる。

 

唇を離して、互いの肩に額をのせる。

 

「はぁ、はぁ」

 

息が荒い。

 

このままイってしまっては勿体ない。

 

ペニスをつかんだ手を離して、互いの指を絡めた。

 

俺たちのペニスを密着させた。

 

股間を見下ろすと、ビジュアル的にエロくて興奮する。

 

チャンミンはとろんとした目で、口を半開きで、腰を揺らし始めた。

 

「あ...ん」

 

声が女っぽいんだよ。

 

途端に俺のペニスがグッと硬く膨張した。

 

俺も腰を小刻みに揺らして、チャンミンのペニスにこすりつける。

 

「気持ちいいか?」

 

「う...うん...あっ...」

 

俺の敏感なところが、チャンミンのそこに当たって、互いの先走りが混ざり合って、ぬるぬるとこすり合わさる。

 

腰の動きを止めて、柔らかな尿道口同士をぬるつかせたら、チャンミンの膝ががくっと抜けそうになって、俺は腰を支えてやる。

 

「それ、駄目...そこ...駄目」

 

とうわ言みたいに繰り返すから、指のしごきを加えてやった。

 

「だ、駄目っ」

 

チャンミンに手首を捉えられてしまった。

 

「ユノ...駄目」

 

腰を引いたら、2つの亀頭の間につーっと糸が引いた。

 

なんて眺めだよ。

 

俺たちは、手探り状態だった。

 

どこをどうすればいいか分からなかった。

 

今はただ、俺とチャンミンが向かい合わせに立って、目の前に突き出された互いのペニスをまさぐり合うだけだ。

 

俺の腹とチャンミンの腹で、2本のペニスを挟み込んだ。

 

深く口づけながら、腰を上下に動かす。

 

互いの亀頭がぐりっと重なり合った時、

 

「はぅ...ん」

 

チャンミンは天を仰いで大きく喘いだ。

 

上では、互いの口内を舌でいっぱいにする。

 

すげぇ気持ちいい。

 

目の前で、俺の興奮とチャンミンの興奮が、物理的ににくっついてるんだ。

 

チャンミンも同様で、亀頭がずりずりと合わさる光景を見下ろして、ぱんぱんに怒張した。

 

「あ...ん、あ...ん」

 

だから、喘ぎが女っぽいんだって、と心中で突っ込みを入れながら、俺もかすれ声交じりの吐息を漏らす。

 

視線を交わして合図を送る。

 

俺のペニスもチャンミンのものも、俺は両手で一緒くたに握った。

 

 

これまでの人生で、ペニスを2本まとめてしごいたことは、ない。

 

俺以外の勃起したペニスを間近で目にすることも、触ったことも、ない。

 

目の前のこの男、チャンミンとキス以上のことをしようと思ったら、こうするしかないんだ。

 

「ユノ...すき...」

 

「!」

 

そういう可愛いことを、急に言い出すなって。

 

俺が腰をチャンミンにこすりつけるように揺らす間、チャンミンは俺の首に両手でかじりついている。

 

「あっ...ん...んっ」

 

2本まとめて射精したいところだ。

 

チャンミンの方が早そうだ。

 

「も...だめ...イキそ...」

 

チャンミンのペニスの根元を強く握って抑えたが、駄目だ、視線がうつろになっている。

 

「待て...!」

 

「だめ...もた...ない...!」

 

腰の動きを止めて、ペニス同士を密着させてしごく手のスピードを上げた。

 

股間の奥の圧力が増した。

 

「イっちゃう...」

 

手の中のモノも、ぎちぎちに硬く膨れてきた。

 

チャンミンは腰を小刻みに揺らし出した。

 

「イクっ...イクっ...イっ」

 

ビクッと痙攣したのち、チャンミンの方から熱いものが噴出し、

 

「んっ...!」

 

俺の視界が一瞬白くなった末、遅れて俺の方も達した。

 

互いの腰がぶるぶるっと震えるごとに、白いものが吐き出される。

 

 

チャンミンは俺の頭を力任せにかき抱いているから、俺は息ができない。

 

 

「はあはあはあはあはあ。。。」

 

 

2人して肩で、荒い呼吸を繰り返した。

 

チャンミンの腕がほどかれると、どさっと俺は床に尻から倒れこんだ。

 

「あちー」

 

チャンミンも崩れ落ちるように腰を落とすと、そのまま床に大の字になった。

 

冷房の効いていないロッカールームは蒸し風呂のようで、俺たちは汗でずぶ濡れだった。

 

チャンミンの白いTシャツは、ぴっちりと肌に張り付いて、肌色が透けている。

 

 

「これは...一種の...運動だな」

 

「うん...」

 

「なんとかなるもんだな」

 

「うん」

 

「...なんとか、なった...」

 

「うん」

 

「ん?」

 

チャンミンが俺のTシャツの裾を引っ張っていた。

 

「次は...」

 

寝っ転がったチャンミンが、潤んだ目で俺を見上げていた。

 

「服を脱いでやろう」

 

「ああ」

 

よかった、チャンミンも俺とのことを気に入ってくれたようだ。

 

「それから」

 

チャンミンの腕が伸びて、俺の両頬を挟んだ。

 

「次は、涼しい部屋でやろう」

 

そう言って、唇が当たるだけの優しいキスをした。

 

「もちろん」

 

ロッカールームは、いくら若い俺たちだって参るくらい過酷過ぎる。

 

半身を起こしたチャンミンは、両腕を上げてTシャツを脱いだ。

 

俺は見惚れた。

 

正しい位置に、正しい分量の筋肉をまとった美しい背中だった。

 

「恥ずかしいから、見ないで」

 

顔を赤くさせて、脱いだTシャツを俺に手渡す。

 

「?」

 

「拭きなよ。

ユノのお腹についてる」

 

確かに俺の下腹部と、陰毛にチャンミンの、いや俺のか?、どっちのでもいいが、精液が跳ねついていた。

 

「拭いたらチャンミンは、着ているものどうすんの?」

 

「あ、そっか...。

別にいいよ、気にしない」

 

俺はチャンミンに手を貸して立ち上がらせた。

 

 

立ち上がった途端、チャンミンに尻をガシっとつかまれた。

 

「おい!」

 

「ユノのお尻...触り心地がよかった」

 

眉を下げて目を細めてニヤニヤしている。

 

「やらしいこと言うなよ」

 

「ふふふ。

僕らは、いろいろと勉強しないと、ね?」

 

「確かに」

 

「勉強」の内容はきわど過ぎるが。

 

「俺は嫌だからな。

チャンミンの方だからな」

 

「えー、どうして僕が『ウケ』なの?」

 

「お前、やっぱり詳しいじゃないか!?」

 

「ユノの方こそ、知ってるじゃん」

 

「......」

 

「どっちが向いているかは、やってみなくちゃ分からないよ。

フェアにいきましょう」

 

「なんだそれ?」

 

「あーもー、ユノのせいで、精液臭い」

 

「俺のとは限らないだろ?」

 

「ううん。

これは、僕のじゃない」

 

チャンミンがTシャツをくんくんさせてるから、俺はチャンミンの背中をどついた。

 

「そういう恥ずかしいことは、やめろって」

 

「ははは」

 

 

 

チャンミンが射精する瞬間の、切なげな表情がたまらなかった。

 

キャップとマスクの隙間からのぞいた可愛らしい目元に、チャンミンのことを「女」だと思ったんだ。

 

しかし、つなぎの上を脱いで袖部分をウエストに巻き付けた時、身体付きを見てはじめて、チャンミンは男だと知った。

 

俺もTシャツ姿になっていたというのに、チャンミンは気付かなかったのか?

 

一体どこを見てたんだ?

 

後日、チャンミンに尋ねたら、

 

「ユノの顔しか見ていなかった。

あまりにも綺麗な目で、目が離せなかった」

 

なんて、可愛い返事がもらえた。

 

チャンミンに褒められた目で、俺はチャンミンの背中に熱い視線を送る。

 

 

以上が、俺とチャンミンの「コト始め」のすべてだ。

 

思い出すと、無知でぎこちなくて笑ってしまうが、当時の俺たちは真剣だった。

 

俺には当時、付き合って1年になる彼女がいた。

 

チャンミンと牛の腰角ごしに視線が交差した瞬間、彼女と別れよう、と決心したんだ。

 

 

(「僕のユノのコト始め」終わり)

 

BL的秘密の花園   僕を食べてください

大人な短編集   TOP