ふりかえるといるよ(4)

 

 

ナナの爆弾発言に、絶句した。

 

「ナナ...、とうとう頭がいかれたのか?」

 

息が詰まった後、僕はふざけた言葉を口に出すのがやっとだった。

 

「......」

 

ナナは本気だった。

 

なぜなら、ひそめた眉の下のナナの瞳が、怖いくらいに光っていたからだ。

 

「お前...自分が何を言ってるのかわかっているのか?」

 

「わかってる!」

 

「前にお前に言ったよな。

好きな奴としろって。

せっかく『その時』がきたんだろ?」

「だからだよ!」

「Sのこと、好きなんだろ?」

頷くナナ。

 

「じゃあ、どうして?」

 

「怖いのよ...」

 

「好きな相手なら、怖いことなんかあるもんか」

 

「S君が初めてだって知ったら、絶対に引く」

 

「経験が豊富な子よりは、全然マシじゃないか?」

 

「それじゃあ、チャンミンだったらどう?

本番前に、彼女が未経験だって知ったらどう?

ありがたる?

重いって思う?」

「...」

ナナの言う通りかもしれない。

 

初めて僕に身を任せてくれたんだと感激できたのは、まだ経験が浅い頃のことだ。

 

今じゃ、性急にコトを済ませたい僕にとって、処女とは邪魔な条件だった。

 

「ほら、そうでしょ?」

「うーん」

 

「チャンミンには、たいしたことないでしょ?

どんな子とでも出来るでしょ?

経験人数に私が加わっても構わないでしょ?」

 

「あのなぁ」

 

ナナの言葉に傷いた。

「あんたの見境のない下半身、なんとかしなさいよ」と、何度もナナにいさめられてきた僕なのに、今のナナの言葉は聞き流せなかった。

 

4年間ずっと、好きで好きで。

 

触れそうになる手を、何度握り締めたことか。

 

僕にモノにされてきた彼女たちには残酷だが、相手がナナの場合は「どうってことない」わけにはいかない。

 

「チャンミンは、私が相手じゃ嫌だろうけど」

 

「...嫌じゃないよ」

 

「私のこと、女として見られないだろうけど。

...一応、女だから」

 

「ナナのこと、男みたいだとは思ったことはないよ」

 

「ホントに?」

 

「ああ。

女として見てるよ」

 

「よかった」

 

固かったナナの表情が少し緩んだ。

 

微笑を浮かべたナナが、可愛かった。

 

僕らは、歩き出した。

 

「僕で、いいのか?」

 

「チャンミンだから、お願いしてるんだよ」

 

「どうして、僕なんだ?」

 

「チャンミンを...信用しているからだよ」

 

「やっぱり、Sとした方が...?」

 

「S君の名前をここで出さないでよ」

 

「相手が僕じゃ、変じゃないか?」

 

「チャンミンとがいいんだってば」

 

「好きな奴とした方がよくないか?」

 

「チャンミン、しつこいよ」

 

僕は、ナナの口から何を言わせようとしているんだろう。

「チャンミンのことが好きだから」の言葉が欲しいのか?

「好きだ」と言い出せない僕の代わりに、ナナに言わせようとしているのか?

 

「私...チャンミンのこと大好きだよ」

「え?」

 

踏み出そうとした脚が止まった。

立ち止まった僕に気付かないナナは歩き続ける。

 

「モテ男のチャンミンがさ、冴えない私の味方になってくれて」

 

「自分のことを、そんな風に言うのはよせよ」

 

隣に僕がいないことに気付いて、ナナはふり返った。

 

「ナナはいい女だよ。

もっと自信をもてったら」

 

「ホント?」

 

「うーん、強いて言えば、あと3㎏痩せたら...って!」

 

飛びついたナナに両耳をひっばられた。

背伸びをしたナナに、真正面から見上げられた。

 

「チャンミン...ありがと。

真剣に私を叱ってくれるあんたが、好きだよ」

「......」

僕は口がきけず、ナナを凝視するばかりだった。

 

口の中がカラカラだった。

 

その「好き」には、恋愛感情は混ざっているのか?

 

「...好きって...男としてか?」

 

ずっと聞きたくてたまらなかったことの、ほんの一片を口に出すのが精いっぱいだった。

 

ナナは、僕の両耳から手を放すと、数秒考えこんだのち、

「...どうだろうね...。

でも、好きなのは確かだよ」

と言って、肩をすくめた。

 

「よし!

さっさと、チャンミンちへ行こう!

私らにはこれからやることがある!」

 

ナナは、僕の手首をつかむとずんずんと歩き出した。

 

僕は何を期待していたんだ?

でも、完全に否定されなかったことが嬉しかった。

 

これまで僕は、ナナのちょっとズレたところに魅力を感じていた。

初彼との初夜のために、男友達に「初めて」を奪ってくれと頼むナナのズレっぷりに呆れた。

そんなナナのことが、僕はより好きになっていた。

 

「チャンミン、うんと優しくやってね」

 

「あ、ああ」

それにしても...。

参ったな。

この展開は、一体なんだよ。