【2】抑えられないー僕を食べてください

 

 

「服を着なさい」

 

彼女に命じられても、僕は湧きあがった欲情を止められない。

 

気付くと僕は、彼女の肩を押さえて押し倒していた

 

彼女の首筋に唇を這わせようとした瞬間、彼女の手が伸び、火照った僕の首をわしづかみにした。

 

僕の喉ぼとけが、冷たい手の平で圧迫される。

 

「この辺で止めておきなさい。

本当にあなたを食べてしまう」

 

彼女が放つ甘い香りが、僕の欲情を煽る。

 

僕の真下から見上げる、紺色になった彼女の瞳に色気を感じていた。

 

瞳の色の変化を、不思議に思う余裕がなかった。

 

彼女のワンピースを脱がせにかかる。

 

気が急きすぎて胸元のボタンが外せず、イラついた僕は、ワンピースの裾をまくし上げようとした。

 

すると、彼女は僕の手首をつかんで、僕の動きを制した。

 

なんて力だ。

 

ふりほどこうとしても、彼女の力の方が勝っていた。

 

「どうなっても知らないよ」

 

「あっ!」

 

やすやすと僕は仰向けにされてしまった。

 

彼女は僕の腹の上に、膝立ちでまたがる。

 

僕の顎は再び捉われて、斜めに頬を傾けた彼女の口で塞がれた。

 

あまりに強い指の力に屈して、口を開けるとその隙間から彼女の舌が侵入してきた。

 

今度は唇を甘噛みされた。

 

ぴりっとした痛みの後、僕の口内を出入りする彼女の舌を通して、血の味が口いっぱいに広がる。

 

僕の唇が、舌でなぞられた。

 

僕の唾液と血でてらてらと光った彼女の唇に、強烈な色気を感じてごくりと僕の喉がなった。

 

たまらず彼女の胸に手を伸ばそうとした瞬間、僕の手はぴしゃりとはねのけられた。

 

「私に触るんじゃない」

 

ひるんだ僕は、大人しく腕をマットレスの上に落とす。

 

彼女は僕を見すえたまま、僕の胸の先端をもてあそび始めた。

 

触れるか触れないかのタッチで、乳首の上を行ったり来たりする。

 

じんじんと疼く。

 

彼女の人差し指と親指でつままれた瞬間、

 

「あっ...」

 

と声が出てしまった。

 

自分の口から洩れた、かすれた甘い声音に僕は驚く。

 

僕の反応に、彼女はふり返って僕の下半身を確認すると、満足そうな微笑みを見せた。

 

そして、顔を伏せると、僕の乳首を口に含んだ。

 

ゆるゆると舌先で転がし始める。

 

「んっ」

 

彼女の長い髪がさらさらと、僕の胸や腹をかする感触さえ、僕を怒張させる刺激になった。

 

彼女の舌が往復するたび、じんじんと下半身が疼く。

 

先ほどの冷たかった彼女の唇が、熱くなっていた。

 

ちろちろとくすぐったかと思うと、時折強く吸った。

 

「うっ...!」

 

その度、僕の呼吸が荒くなる。

 

(たった...これだけで...頭が真っ白になる!)

 

僕のを舐めながらも、彼女は僕から目をそらさない。

 

「...はっ...!」

 

きゅっと少し強めにつままれる度に、声がもれ出る。

 

(ヤバい...気持ちがいい)

 

「やっ...!」

 

軽く歯をあてられる度に、短い悲鳴が出てしまう。

 

「声出しちゃって...気持ちいいの?」

 

首を縦にふる。

 

敏感になった乳首が、強弱をつけて執拗にいじめられた。

 

僕の全神経が胸の一点に集中してしまっている。

 

「こんなに乳首を立たせて。

チャンミンは敏感なのね。

可愛い」

 

そう言うと、僕の乳首をぴんとはじいた。

 

「あっ...」

 

 

今、自分が置かれている、奇妙で理解不能な状況のことなんか、吹っ飛んでしまった。

 

僕の思考は、めくるめく陶酔の泥の底。

 

両手足の動きを封じられてもいないにも関わらず、僕は仰向けのまま‘でくの坊’になって、快感の吐息を漏らすだけだった。

 

胸しか触られていないのに、僕の下腹部のうずきは最高潮だった。

 

いじられているのは、左胸の片方だけ。

 

彼女に指一本触れていないのに、どうしてこんなに興奮してしまうんだ?

 

彼女の神秘的な容貌と、全身から放たれる香気に酔った僕は、みだらな世界にずぶずぶと溺れてしまった。

 

山道で襲われ、

 

廃工場に連れてこられ、

 

脱がされ、

 

得体のしれない女に、馬乗りになられて、

 

欲情の吐息を漏らす僕。

 

もっともっと、触って欲しい。

 

もっともっと、僕を舐めて欲しい。

 

 


 

 

彼女の手が背後に伸び、そっと僕のものを握った。

 

「あっ...!」

 

僕の体がはねる。

 

「素直な反応だこと」

 

僕を見下ろしながら、くすくすと笑った。

 

「可愛い」

 

じくじくと乳首だけを攻められている間に、僕のものははち切れそうになっていた。

 

彼女の指先が羽のように、下着の上から僕の形をなぞった。

 

「はぁ...っ!」

 

目がくらむような快感が、僕の頭のてっぺんまで突き抜けた。

 

「触って欲しかったんでしょう?」

 

僕は頷く。

 

根元から先端までつつーっと爪先を滑らす。

 

「うっ...」

 

手のひらをくぼませて、僕の先端をくるくると撫で回す。

 

「やっ...」

 

呼吸もままならないほど、あえいでしまう。

 

手だけなのに。

 

手で触れられているだけなのに。

 

彼女の指が、僕の形に沿って、強弱をつけて撫で上げたり、撫でおろしたりするだけで、身体が震えた。

 

彼女の念入りな愛撫に、僕のいやらしい粘液があふれ出る。

 

「こんなに濡らしちゃって」

 

羽のような感触だけでは物足らなくて、知らぬ間に僕は腰を揺らしていた。

 

「チャンミンったら、自分から動かしちゃって」

 

彼女の手の平に股間をこすり付けていた。

 

布越しの感触だけじゃ、物足りない。

 

「もっと触って欲しい?」

 

こくこくと頷いた。

 

「挿れたいの?」

 

こくこくと頷いた。

 

ふふっと笑った彼女は、僕をうつ伏せにすると腰を高く持ち上げた。

 

(え?)

 

抵抗もせず、彼女になされるがまま従ってしまう僕。

 

四つん這いにされて戸惑った。

 

僕の下着を膝まで引き下ろすと、僕の背後から手を伸ばして僕のを握り、ゆるゆるとその手を動かす。

 

「うぅ...」

 

直接触れた彼女の手の平が、あまりに気持ちよくて、涙が滲んできた。

 

僕の先端から次々と、あふれ出るものでぬるつかせながら、上下にしごきだした。

 

僕の腰が勝手に前後に動きだす。

 

「いやらしい子ね」

 

彼女の言葉に、僕は煽られる。

 

「チャンミンは...いやらしい子」

 

耳元でささやかれる言葉に興奮した。

 

僕の動きに合わせて彼女の指が、前後にしごく。

 

「ふっ...」

 

彼女の指は強弱をつけて握ったり、ぬるついた先端だけを小刻みに動かした。

 

「っあ...」

 

彼女の手の中で、僕のものはさらに大きく張り詰める。

 

僕の顔を横から覗き込み、彼女はどう猛な笑みを浮かべた。

 

僕は彼女の獲物だ。

 

もう片方の手を、僕の背筋を滑らせる。

 

「は...あぁ...」

 

その感触だけで、鳥肌がたつ。

 

あえぐたび、彼女は僕の首筋に唇をあて、耳たぶまで舌を這わせる。

 

「チャンミン...可愛いよ」

 

耳元でささやかれたのに反応して、熱く硬くなる。

 

彼女を押し倒すこともせず、僕は四つん這いのまま熱い吐息をこぼすだけだ。

 

金縛りにあったかのように、僕の両手、両膝は動かせない。

 

「はあはあ」

 

快感のあまり、がくりと肩を落としてしまった。

 

(気持ちよすぎる...)

 

マットレスに片頬を押し付けて、だらしなく口を開けて。

 

腰を突き上げた格好という、恥ずかしい姿勢で。

 

その背の上に彼女は身体をもたせかけ、前にまわした片手で僕の胸を攻め始める。

 

下半身も胸も、同時進行で与えられる刺激に目がくらんで、僕はギュッと目をつむった。

 

(もう...限界だ)

 

彼女は僕の尻をつかむと、前後に揺らし始めた。

 

「もっと腰を動かしなさい」

 

耳元でささやくと、ぴしゃりと僕の尻を叩いた。

 

お尻はカッと熱くなるし、

 

腰を動かすたび目がくらむほどの快感が全身を走るし、

 

乳首をさんざんいたぶられて、

 

もう自分が何をされているのか、分からなくなっていた。

 

頭がくらくらしてきた。

 

つむったまぶたの奥で、光がチカチカ瞬く。

 

僕のあごをつかむと、唇を重ねてきた。

 

彼女の舌を追いかける。

 

彼女に触れられる唯一の入口だ。

 

下腹部が重ったるくしびれてきた。

 

「あ...」

 

(駄目だ...もう)

 

唇を離して、快楽に集中する。

 

「いくっ」

 

彼女の手の動きが、激しくなってきた。

 

「いっ...っく...!」

 

下腹部が弓なりに、けいれんした。

 

「いっ...いくっ...!」

 

僕は激しく射精した。

 

「あっ...」

 

2度3度と続いたけいれんに合わせて、僕の精液が吐き出される。

 

 

「はあはあはあはあ」

 

 

僕は突っ伏した。

 

僕は彼女の手の動きだけで、達してしまったのだった。

 

 


 

 

快感の余韻と虚脱感で力が入らない僕の腰を、彼女は引き上げた。

 

再び僕は四つん這いにされた。

 

肩を落として、荒い息を繰り返す僕をそのままに、彼女は僕の尻の割れ目に指をあてると、すーっと前から後ろへ撫でる。

 

「あっ」

 

指先で、敏感な箇所をつついた。

 

経験したことのない痺れが、下腹部を襲う。

 

「開発のしがいがあるわね」

 

彼女はくすくす笑った。

 

 

 


 

 

くったりとマットレスの上で、クの字になって横になっていた。

 

さんざんいたぶられた胸の先端が、熱を帯びていた。

 

全裸の僕と、ワンピースを着た彼女。

 

僕の脇に座った彼女は、僕の髪を何度もかきあげていた。

 

彼女の指の間に、髪がすかれる感じが気持ちがいい。

 

膝まで下げられたショーツが、引き上げられた。

 

さっき僕が濡らした箇所が、冷やりと張り付いた。

 

「風邪をひいちゃうわね」

 

マットレスの足元で丸まっていた僕のTシャツを、背中にかけてくれた。

 

「自己紹介が遅れたわね、

私はキキ」

 

僕の前に片手が差し出され、その手を握った。

 

「よろしくね」

 

群青色に澄み、凪いだ湖のように穏やかな彼女の瞳に、僕は魅入られていた。