【1】1/3のハグー初めての旅行ー

 

どうりで様子がおかしいと思った。

特急列車の中でも、現地までの唯一の交通手段である路線バスを待つ間も、ただでさえ口数が少ない彼が話しかけても、力なく微笑むだけだった。

2泊3日の旅の荷物としては大きすぎる、一週間分は入るだろうスーツケースを引っ張るのも、やっとのようだった。

案内と接待を済ませた仲居さんが退室するやいなや、チャンミンは畳の上にうつぶせに寝転がってしまった。

「ごめんなさい。

ギブアップです」

畳に頬をくっつけたまま、チャンミンはミミを見上げる。

「やっぱり!」

ミミはチャンミンの額に触れる。

「どうしてもっと早く言ってくれないの?」

燃えるような熱さを確認したミミは、チャンミンの頭を折った座布団の上に乗せた。

「途中で引き返したのに」

ミミは、押入れから布団を出し、寝そべるチャンミンの横に延べた。

「...中止したくなかった...から」

「そんなに体調が悪いのに、我慢してたの?

ほら、移動できる?」

真っ赤な顔をしたチャンミンは、重だるい身体をようやく起こすと、糊のきいたシーツの上に寝転がった。

「いつから、具合が悪かったの?」

「......」

背が高いチャンミンだったから、敷布団から足がはみ出しそうだ。

ミミの質問に答えず、

「ずっと楽しみにしていたんですよ。

這ってでも行きたかったんです」

お互いがスケジュールをすり合わせて、ようやく実現した旅行だった。

「僕はこの日のために生きてきたから」

「大げさね、遠足の小学生みたいね」

「......」

仏頂面になってしまうチャンミン。

“子供みたい”と言われることを、チャンミンが嫌がることを知っていたが、今回ばかりは遠慮しなかった。

 

熱があるのに旅行を強行したチャンミンの子供じみた意地に、ミミは苦笑していた。

 

「怒ってますか?」

チャンミンは、布団の隙間から伸ばした手を、枕もとに正座するミミの膝にのせた。

「怒ってないよ。

どうすれば、チャンミンを楽にしてあげるかな、って考えてるの」

(近くに診療所があるか、あとで仲居さんに聞いてみよう。

氷や常備薬がもらえないか、聞いてみよう)

遠くには頂きが白い山脈、間近まで迫った山、見渡す限り緑の世界。

 

あたりは薄暗くなっていて、窓の向こうにほんのわずかな人家の灯り。

 

白く濁った鉱泉が湧き出る、山深い温泉地に二人はやってきていたのだ。

実現したこの旅行の提案も、手配も支払いもすべてチャンミンが済ませた。

 

ここ一か月の間、二人の話題は旅行のことに尽きた。

 

アウトドア専門店で、トレッキングシューズを選び、標高の高い土地に行くからと日焼け止めクリームも買った。

最初はチャンミンの勢いに押され、苦笑しながら付き合っていたミミだったが、ワクワクを隠し切れないチャンミンの笑顔を見続けているうちに、気づけば指折り待ち望んでいた。

ミミは、若さ弾けるチャンミンに対して、自分が年上過ぎることに引け目を感じていた。

 

一方、チャンミンは、初めて出来た年上の恋人を前にすると、たちまち経験不足が露呈してしまうことが恥ずかしかった。

熱のせいで潤んだ目ですがるように、ミミを見上げるチャンミン。

「苦しいね」

額にかかった髪をかき上げてやると、チャンミンは目を細め、にーっと口角を上げる。

(無理して笑わなくていいのよ)

「夕食はそんなに入らないでしょ?

メニューを変えてもらうね」

「はい」

(確か、マスクがあったはず)

ミミはリュックサックの中をかきまわして、ポーチをいくつも取り出す。

「どこに入れたっけ?」

ポーチの中のポーチの中のポーチの中に...。

フェイスパック、使い捨てカイロ、のど飴、除菌ティッシュ、湿布薬、ティーパック、入浴剤。

「ミミさんのバッグには何でも入ってますね。

整理整頓し過ぎて、欲しいものが見つからない人ですね」

「風邪っぴきは黙ってるの!」

熱で朦朧としているくせに、毒舌だけは健在だ。

かきまわした弾みでぽろりとはみ出したものに気付いて、ミミは素早くバッグに戻す。

チャンミンには背を向けていたから、大丈夫、見られていない。

(危なかった)

充電ケーブルを入れたポーチの中に、目当てのものを見つけてチャンミンの枕元に戻った。

「ほら、マスクをして」

短く刈ったもみあげからピンと立つ耳に、ゴムを掛けてあげた。

1枚だけあった冷却シートも、額に貼る。

「肝心の風邪薬はなかったの、胃薬はあったんだけど」

「ミミさんらしいです」

「お口は達者なのね。

水分を摂った方がいいよ。

何が入ってるかな?」

広縁に置かれた冷蔵庫の前でしゃがむミミに、うっとりとした視線を注ぐチャンミン。


ミミさんは、やっぱり綺麗だ。

僕には甘くて優しくて、世間を知っている大人で、美人で。

間抜けな顔をして、寝ているだけの僕が悔しい。

見た目がふんわりと、頼りなげなこの人の横顔が、ハンドルを握った途端、凛としたものに変わる。

在校中は、教官と教習生が個人的に連絡をとることが禁止されていた。

周囲の男どもが皆、ミミさんの担当教習生になりたがっていた。

卒業してすぐ、思いきってミミさんに告白してよかった。

晴れてミミさんの彼氏になれて、僕は幸せ者です。

僕はまだまだです。

努力しますね。

ミミさんにふさわしい、大人の男になりますから。

大好きなミミさんのために。


 

「ミミさん、温泉入ってきてください」

座椅子にもたれて、TV番組表のコピー用紙を見るともなく眺めながら、茶菓子の最中をかじっていたミミの背中に、チャンミンは声をかけた。

「いいの?」

「はい。

僕の分まで、温まってきてください」

ミミは、布団から頭だけ出したチャンミンを愛おしげに見つめる。

企画・立案したイベントの主催者が伏せってしまっては、さぞかし彼は悔しいだろうに。

無理に見せる笑顔がふにゃふにゃだし、毒舌や皮肉に少々キレがない。

無言になった隙にそうっと様子をみると、鼻先まで布団をかぶって、眉をよせてギュッと目をつむっていた。

(可哀そうに)

ミミは浴衣と一緒に下着と化粧ポーチを、布バッグにつめた。

「お利口さんにしててね」

チャンミンの熱い額に軽くキスをした。

チャンミンは一瞬目を丸くした後、半月型にさせてにっこりと笑った。

「口にして欲しいけど、ミミさんに伝染しちゃうから、我慢します」

「12時間も一緒にいたんだからとっくに伝染っているわよ」

交際を始めてまだ3か月の二人は、まだ軽いキスを数回交わしただけ。

交際に至るまで一年を要した。

亀の歩みのようなペースで距離を縮めていく二人だったから、額のキスだけでもチャンミンの心は弾んだ。

マスクで男性的な鼻もあごも隠れているせいで、余計に目の印象が強まった。

ミミがかき上げたせいでむき出しになった額の下の、

直線的な眉も、まつ毛に縁どられた優しいカーブのまぶたも、

熱のせいで赤く色づいた下まぶたも、

男性にしてはふっくらとした涙袋も、

全部が可愛らしくミミの眼に映る。


 

​彼の瞳は、高性能のレーダーだ。

ごったがえす雑踏の中から秒速で私の姿をキャッチする。

透明でまっすぐな眼差しが、こんな自分に注がれているなんて。

いいのだろうか。

「大好きです」と繰り返す彼の言葉を、

真に受けていいのだろうか。

彼の視線を注がれた私は、ピカピカの新品に生まれ変われる。

甘えん坊の可愛い、可愛い恋人だ。


川魚と山菜が中心の 質素ながらも品数多く並ぶテーブル。

無理を言って用意してもらった、とろとろに炊いたお粥はチャンミン用だ。

チャンミンの額にのった温泉タオルが白くまぶしい。

 

アイスペールには、たっぷりと氷を入れてもらった。

「あーんしてください」

布団に寝そべったまま、チャンミンは大きく口を開ける。

「はいはい、あーん」

「熱いです。

ちゃんとふうふうして下さい」

「子供みたい」

チャンミンが機嫌を損ねる言葉だけど、時と場合によっては、子供扱いを素直に楽しむこともあって、なかなか扱いが難しい。

「メロンのシャーベット、食べる?」

「シャーベットはデザートです、最後です。

湯葉の刺身がいいです」

「はいはい」

「僕もお酒が飲みたいです」

手酌で日本酒を飲むミミの浴衣の袖を、チャンミンは引っ張った。

「駄目って分かってて言ってるでしょう?

カモミールティーを淹れてあげるから」

「ミミさんのバッグは、何でも入っているんですねぇ」

「世話が焼けるチャンミンのために、荷物が多いのよ」

(ここまで見事に、浴衣が似合わないとは)

浴衣から骨ばった長いすねが突き出していて、可笑しかった。

同時に、浴衣の袖から伸びる筋張った腕に、ドキリとしてしまうミミだった。

「ミミさんの場合、必要なものを絞り込めないだけでしょう?」

「こら!」

山盛りのシャーベットを、チャンミンの口に押し込んだ。

冷たさでこめかみを抑えるチャンミンを見て笑うミミだった。


枕元灯のオレンジ色の灯りに照らされるミミの顔を、チャンミンはうっとりと見上げていた。

(化粧を落とした顔は、初めてです。

ミミさんはやっぱり綺麗だ)

ミミが動くたび、長く黒い影が畳や壁をなめる。

隣の布団で、うつぶせになって雑誌をめくるミミを溶かすかのように、、チャンミンは文字通り熱い視線を送る。

化粧水でピカピカ光る頬や、ラフに2つに結んだ髪や、ブレスレットを外した手首も。

(すっぴんのミミさんを見られる男は、世界中で僕一人だけになりたい)

 

チャンミンは、枕の下からスマホを取り出すと、アプリを立ち上げた。

シャッター音に気付いたミミは、目をむいた。

「盗み撮りしたわね!

ノーメイクなんだから!もう!」

「ぐふふふ」

恥ずかしくなったミミは、枕に顔を伏せてしまった。

(素顔が可愛い年齢なんて、とっくに過ぎた顔なのに...!)

「ミミさん、ごめんなさい」

「?」

枕から顔を上げて横を向くと、隣の布団のチャンミンが、両手で顔を覆っていた。

「ごめんなさい」

「ブスに写っていたら、データを消してね」

写真を撮ったことを謝っているのだと思った。

「あの...ミミさん」

「なあに?」

「今夜の僕は...

無理です。

ミミさんを抱けません。

力が出ません」

「チャンミン!」

 

「ミミさん、楽しみにしていたでしょう?

僕はちゃ~んと、知っているんですよ。

可愛い下着も用意してくれてたのに」

チャンミンは、ぐふふと笑う。

ミミの頬がカッと熱くなった。

バッグからはみ出してしまったアレを、高性能レーダーの目で漏らさずキャッチしていたに違いない。

「今夜は僕とミミさんの初めての夜になるはずだったのに...僕は悔しいです」

覆った指の間から、三日月形になったチャンミンの眼が覗いていた。

「ぐふふふ」

「そんな照れることを、よく言えるわね」

「鈍感なミミさんがいけないんですよ。

僕が分かりやすく言わないと、理解できないミミさんのせいです」

そう言うと、チャンミンは布団から這い出して、ミミの布団の中に滑り込んできた。

「チャンミン!」

 

「ぎゅー」

 

にゅうっと腕が伸びてきて、ミミの頭を力任せに胸に抱え込んだ。

 

「ぎゅー」

「痛い痛い!」

「僕は若くて健康な男なので、やっぱり我慢できません」

ふざけた風を装っているが、実はチャンミンの心臓はバクバクだった。

緊張しているのをごまかすように、チャンミンは鼻面をすりつける子犬のようにふるまった。

ぴったりと押しつけたミミの頬を通して、ドクドクいうチャンミンの胸の高まりが伝わってくる。

「今は健康じゃないでしょ」

「ふむ...確かにそうですね」

力を抜いた隙に、ミミはチャンミンの腕から抜け出す。

「ミミさん!」

ミミは敷布団の端を持つと、ずりずりと部屋の端まで引きずった。

「風邪が伝染るし、病人の貴方が落ち着いて眠れないでしょう?」

「そんなぁ...」

「ほら!

さっさと寝る!」

「あうぅ...遠いです」

恨めしく三白眼でじーっとミミを睨んでいたチャンミンだったが、諦めたのかミミに背を向けて横になる。

なんだかんだ言っても、やはり身体が辛いのだ。

強めにうねる髪の後頭部が可愛らしい。

先ほどまでチャンミンが寝ていた布団は、ホカホカと温かかった。

(ときめいちゃったじゃないの!

チャンミンの行動は、予想がつかないんだから!)

この日のために、わざわざ下着を用意した自分の気合の入れようが恥ずかしかった。

同時に無邪気な自分を微笑ましく思ったミミだった。

 

 

短編集   大人な短編集

 

TOP