【12】ハグを邪魔されてーバンビは嬉ちいー

 

 

<以下、音声のみでお届けします>

 

「......」

 

(ミミさん!

 

どうして黙ってるんですか!?

 

...ま、まさか!

 

僕のがあまりにも小さくてショックを受けてるとか...!

 

『チャンミンったら、背は大きいのに、肝心なところは小さいのね』って。

 

そうですよね、ミミさんはいくつも目にしてきたんだから。

 

人並みだと思ってたんだけどな...。

 

自信なくしそうです。

 

僕のをそんなに見つめないでください。

 

恥ずかしいです)

 

「......」

 

(ええい!押し倒しちゃえ!)

 

「きゃっ」

 

(ミミさん...すべすべです。

お尻も柔らかいです...)

 

「綺麗です」

 

(きゃー!

ドジっこチャンミンが『男の眼』をしてる!

ドキドキする!)

 

 

(ここは気持ちいいですか?)

 

 

「はぁぁ」

 

 

(おー!

気持ちいいんですね。

じゃあ、この辺は?

サイズで満足させられないのなら、テクニックで!

セクシム発動です)

 

「ふぅん」

 

(ごめんね、チャンミン。

感じてるふり、しちゃった。

触り方がぎこちなくて...でも一生懸命で。

そんなチャンミンが愛おしいんだけどね。

 

あれぇ?

チャンミンは、乳首が弱いのかな?

これはどうかな?)

 

 

「あん」

(※チャンミン)

 

(変な声が出ちゃったじゃないですか!

それも女の子みたいな声が出ちゃったじゃないですか!)

 

(チャンミン、可愛い!)

 

(ひゃっ!

乳首ばっかり攻めないでください。

どうやら僕は、乳首が弱いみたいです!)

 

(あらら。

触られているうち、気持ちよくなってきたかも。

ゾクッとしてきたかも。

私の反応を見ながら、「学習」してるみたい。

チャンミンが可愛いよお)

 

 

(ミミさん...大好きです...)

 

 

(すごい!

腹筋がすごいんですけど!

ジムにでも通ってるのかしら?

こんなにカッコいい子が、『チェリー』だったとは、驚きだわ!

今までの彼女とは、どうしてたのかしら?)

 

 

「ひゃっ」

(※チャンミン)

 

 

(ミミさん!

おへそを触らないでください!)

 

 

「くすぐったいです」

 

 

(あらら。

おへそに毛が生えてるのね。

可愛い顔してるのに、意外だわ。

お風呂で倒れた時は、ちゃんと見ていなかったから。

チャンミンったら、バンビみたいな顔して...ギャランドゥなんだ...。

 

チャンミンだから『チャランドゥ』!

プッ。

可愛いんだから!

 

この毛の道を下に辿っていくと...

あらら、けっこう毛深いんだ)

 

(ミミさんがエロいです。

ぞくぞくします...。

もうちょっと、下です。

もうちょっと下をキスしてくれたら、僕は嬉しいです)

 

「ひっ」

(※チャンミン)

 

(また変な声出しちゃいましたよ。

ん?

焦らしてるんですか?

もうちょっと、横です。

そうそう...あれ?

違います!

もうちょっと上です。

やっぱり焦らしてますね。

ミミさんったら、僕の反応を楽しんでますね)

 

(いちいち反応しちゃって、可愛いんだから!

ここはどう?)

 

「ふぅん」

(※チャンミン)

 

(また変な声が出ちゃいました。

声を抑えられません!)

 

 

(チャンミンたら、もしかして感じやすいのかな?

可愛い!

可愛いんだから!)

 

「はぁぁ」

 

 

(ちょっと待ってくださいよ。

どうして僕だけ「裸んぼ」なんですか!?

ええい!

ミミさんのパンツを脱がしちゃえ)

 

「きゃっ」

 

(恥ずかしよー。

ふん!

お腹を引っ込めよう)

 

(おー!

ミミさん...感動します...)

 

「...濡れてますね」

 

「!」

 

(馬鹿馬鹿馬鹿!

いちいち言葉にしないでよ!)

 

(感動です。

ちゃんと感じてくれてたんですね。

では、

ミミさんの「秘部」を...!

おー!

ヌルヌルしてます。

女の人の「あそこ」を触るのは初めてです!

ぐふふふ。

えっちです)

 

(...んー。

そこじゃないの。

違う、そこじゃないの!

そこはお尻!)

 

 

(複雑な造りをしてますね...。

AVではモザイクのせいで、よく分からないからな。

(注:チャンミンのメイクラブの教科書はAVが全てである)

無修正のを先輩から借りればよかった!

ミミさん!

僕の指を「正しい場所」に導いてください。

お!

ここですね、わかりました。

おー!

僕の指を締め付けてきました!

ミミさん、エロいです。

ここですか?)

 

 

「気持ちいい、ですか?」

 

「あん」

 

 

(ごめん、チャンミン。

また感じてるふりしちゃった。

そんなに乱暴にしないで!

そうそう、もっと優しくね。

ん?

...ちょっと、痛いかも...)

 

 

「痛っ」

 

「ごめん!」

 

(しまった!

激しすぎました)

 

(チャンミンったら一生懸命なんだもの。

いろいろと残念だけど...。

初めてだから仕方ないよね)

 

 

(出し入れするだけじゃダメなんですね。

おかしいなぁ。

AVでは、かなり激しくしてたのになぁ。

(注:何度も言うが、チャンミンのメイクラブ指南書はAVが全てである)

それじゃあ、これは?)

 

 

「あぁん」

 

(チャンミン、いいよ、そんな感じ)

 

(おー!

指をちょっと曲げるといいんですね。

こんな風に、かき回すようにして...。

おー!

ミミさん、声がえっちです。

興奮してきました)

 

 

「はぁん」

(※チャンミン)

 

(ミミミミミさん!

変な声が出ちゃったじゃないですか!

僕のをそんなに触らないでください!

暴発しちゃいますから!!)

 

 

(やだ...。

ますます大きくなってきた。

...入るかしら...?)

 

 

「大きい...」

 

 

「!!!!」

 

 

(ちょっと聞きました?

僕のが「大きい」ですって!

俄然、ヤル気が満ちてきましたよ!)

 

(チャンミン!

手が留守になってる!

動かしてったら!)

 

(これくらい濡れてきたら、いい感じですかね?

 

ミミさんの中に挿れたいんです!

 

僕は早く挿れたくて仕方ないんですよ。

 

挿れたいです!

 

挿れて動かしたいんです!)

 

 

(チャンミン...鼻息が荒い。

興奮してるのね)

 

 

(待て待て。

ガツガツしちゃダメです。

落ち着け―、シム・チャンミン!

 

さて、

そろそろアレを「装着」をせねば...。

 

しまった!

箱から出していなかった!

えっと、どこに置いたかな...)

 

 

「ズボンのポケットの中!」

 

(そうでした!)

 

ごそごそ。

 

(おー!

ありました!

ん?

ん?)

 

ごそごそ。

 

(フィルムが剥がせません。

暗くて見えないです)

 

ごそごそ。

 

「電気つけていいですか?」

 

「駄目よ!

私に貸して」

 

(どうして準備しておかないのよ。

肝心なところで抜けてるんだから。

そんなチャンミンが大好きなんだけどね)

 

 

(いざ、「装着」!

...と言いつつ、困ったな。

どっちが表なんだ?

暗くて手元が見えないです。

手が震えます)

 

ごそごそ。

 

 

「よいしょっと。

いでっ!

いてててて!

食い込んで...。

こんな小さいものに、果たして入るんですか?

もう一個...やり直し。

いででっ!

あーもー、もう一個で再チャレンジだ!)

 

「ミミさん!(助けてください!)」

 

(いよいよ私の出番ね、任せて!

よいしょ。

やだ...このサイズじゃ入らないのかな...)

 

(き、きついです。

「生」でヤリたいところですが、ミミさんの為に「装着」しないと...!

よしっ!

いざ「挿入」しますよ!

僕らのめくるめく愛の営みが、これから始まりますよ)

 

(久しぶりだから、入るかな...?)

 

「挿れますね?」

 

「う、うん」

 

 


 

「!!」

「!!」

 

床を踏みしめる軋み音に、チャンミンとミミは一時停止する。

 

ふわぁぁとあくびの声。

 

「お父さん!」

 

「しー!」

「トイレが近いのよ」

 

ミミの部屋の前を通り過ぎてゆく足音に続いて、ブッとおならの音に、二人は吹き出すのをこらえる。

 

(マズイ...いい雰囲気だったのが...)

 

チャンミンはミミの両膝を肩に担いだ状態で、固まってしまった。

 

「......」

「......」

 

 

(わー!

こらっ、こらっ!

僕のモンスターの戦力が消失しかけてます!)

 

(大変!

この子、意外にナイーブだから、ここで自信喪失されたらいけない)

 

「一回、(ゴムを)外そうか?」

 

「...はい...(しゅん)」

 

 


 

 

チャンミンとミミは、互いに腕を絡め合うと、ねっとりとしたキスを始めた。

 

「どう?」

 

「まだ...みたいです」

 

チャンミンはミミの胸に手を這わせ、ミミはチャンミンの股間に手を伸ばす。

 

(お!

いい感じです!

...元気が出てきました!)

 

 

(そろそろ...かな?

やだ...!

さっきより、大きいんですけど...)

 

 


 

そんなこんなで、仕切り直しがスタート。

 

チャンミンとミミは熱い視線を交わす。

 

「挿れますね」

 

「はい!」

 

(きゃー、緊張する!)

 

「やっと、この時が来ましたね」

 

「そうね」

 

(いざ『挿入』!)

 

チャンミンは、片手を添えてあてがうと、ゆっくりと...。

 

「んん...」

 

 

(ヤベー!!!

 

スゲー気持ちがいいんですけど!!!)

 

 

(え!

えっ!

ちょっ、ちょっと待って

チャンミン、ストップ!)

 

チャンミンが奥まで突入する前に...

 

「え!?

痛いですか?」

 

ミミの腰がびくりとしたのと、ミミの手によってチャンミンの腰を押し戻されたことに、チャンミンは不安になる。

 

「違うの...」

 

(また何か間違えた...のかな?)

 

「痛い?」

 

ミミは首を振ると、チャンミンの耳元でささやいた。

 

「チャンミンの...大き過ぎて...苦しい...の」

 

「!!!!」

 

 

HUG     TOP