【短編】Chocolate Night

 

「シヅクは、チョコレートは好き?」

「はあ?」

マグカップから唇を離して、シヅクは信じられないといった表情になる。

「今、私はココアを飲んでんだよ?すっとぼけてんじゃないよ、チャンミン」

「いや...一応、確認しようとしただけ」

湯気立つマグカップの中身を、美味しそうに飲むシヅク。

その姿を優しいまなざしで、見つめるチャンミンであった。

 ・・・・・・

「何だよ、これ?」

「いいから、シヅクはこれを付けて」

二人がいるのは、チャンミンの部屋の玄関先。

シヅクはチャンミンに誘われて、彼の部屋を訪ねていた。

​「あんた...正気?」

シヅクは、チャンミンに手渡されたものを凝視した。

手の中のものは、黒いアイマスク。

「チャンミン...」

(チャンミンのやつ...目隠しプレイでもする気か⁉)

「早く付けてよ、シヅク!」

​(これから私は裸にされるんかな?

チャンミンの知られざる性癖を垣間見たような気がする...)

「あ!こら!強引だな!」

待ちきれないチャンミンは、シヅクの目をアイマスクで覆う。

(わかったよ、チャンミン、お手並み拝見だ)

チャンミンは、ぶつぶつ文句を言うシヅクの手を引いて、リビングへ連れて行く。

「椅子はここ、座ってシヅク」

シヅクは、チャンミンに肩を押されて椅子に座り、

彼が立ち働く物音や、テーブルの上でカチャカチャいう食器を音を、視界を遮られた状態で聞いていた。

​(チャンミンの奴...何か計画があるらしいな)

少しづつ、シヅクの心も期待感が満ちてきた。

「お待たせ、です」

するりとアイマスクを外され、まぶしさでまばたきを繰り返していたシヅクも、次第に目が慣れてきた。

​「わぁぁぁ!」

​テーブルはキャンドルの黄色い灯り、ワインレッドのテーブルクロスに、ダークブルーのナプキン。

​正面に置かれているのは、繊細なカットがきらめくガラスのお皿にのせられた、チョコレート・ムース・ケーキ。

​「チャンミン...これ、あんたが作ったの?」

「そうだよ。

ほら、今日は、バレンタインでしょう?」

「男のあんたが、ケーキ焼いてどうすんだよ、逆だぞ、普通?」

「恋人への贈り物なんだから、関係ないだろう?」

「確かにな...美味しそう!ほんと、あんたって器用だね」

「僕は、何でもできるようになる男だから」

​「ちょっとは謙遜しろよ、こら」

「このケーキには、シャンパンが合うから」

「お!奮発したねぇ」

​「どうぞ、召し上がれ」

​チリンとグラスを合わせ、シヅクはスプーンをとった。

ふわっと柔らかい生地に、濃厚なチョコレート、ブランデーの香り。

「うまいなー、いいよチャンミン、最高だ!」

シヅクのスプーンの手は止まらない。

​「うまい」を連呼しながら食べるシヅクを、チャンミンは頬杖をついてニコニコと眺めていた。

「チャンミンは?食べないの?」

「食べるよー、シヅクが食べ終わったら」

​「ふうん」

​シヅクのケーキは、早くも半分。

チャンミンの表情が真顔になってきた。

「あ、シヅク?」

「うぐっ」

「わっ!」

のどを詰まらせて、シヅクは胸を叩いた。

「シヅク!もっとゆっくり!味わって!」

「わかったわかった」

「お願いですから、ゆっくり食べてよ」

シヅクは、チャンミンにグラスの水を手渡され、飲み干した。

「あんた、早く食べなよ。せっかくなんだから、一緒にさ?」

「う、うん」

「変な奴」

「どう?」

​「美味しいよ」

スプーンを手に取ったが、チャンミンはシヅクの様子を見つめるばかり。

「見られてると、食べにくいなぁ」

​「......」

チャンミンの顔が固い表情に変わってきた。

「シヅク...!」

「ごちそうさま」

シヅクのスプーンが、チリンとガラス皿に置かれた時、

​チャンミンの顔は、信じられないといった表情になっていた。

「シヅク...」

「チャンミン、美味しかったよ、ありがとな...?​」

「シヅク...」

シヅクが最後まで言う前に、チャンミンがシヅクに飛びついてきた。

「おいっ、チャン...」

(いきなり、押し倒すんか⁉)

チャンミンは、シヅクを抱きしめた。

「チャンミン...興奮すんな...!」

​「シヅク!」

​チャンミンはシヅクを抱いていた腕を伸ばして、シヅクの顔を覗き込んだ。

「なんだよ!びっくりするじゃんか!​」

「大変だ!シヅク!」

チャンミンはシヅクの肩を揺さぶった。

​「大変だ!」

「こらこら、チャンミン!」

「シヅク!病院へ行こう!」

​「はぁ?」

「病院へ行かないと!」

「なんでだよ!」

「早く!」

チャンミンは、てきぱきとコートを羽織り、バッグを取ると、椅子に座ったままのシヅクの手を引っ張った。

「ほら、立って!」

チャンミンは、ぽかんとするシヅクにもコートを羽織らせ、マフラーを巻いてやり、シヅクのバッグを抱えた。

「行きますよ!」

​チャンミンはひどく慌てて、玄関に向かいながら、

「シヅクったら、あなたって人は!」

「だから何だよ!」

​「全く、あなたって人は!」

半ば泣きそうな顔でチャンミンは振り向いた。

「シヅクは食いしん坊なんだよ!」

「そうだよ、悪いか?」

​「あれほどゆっくり食べて、って言ったじゃないか!」

「美味しかったから、ペロリと」

唇の端にチョコレートがついたままのシヅクを、じっと見ていたチャンミンの顔色がみるみる蒼くなってきた。

シヅクを玄関に置いたまま、チャンミンはリビングに戻った。

「おーい、チャンミンったら!」

​チャンミンはテーブルにつくと、やおら自分のケーキを食べ始めた。

(おいおいおいおい)

​チョコレートケーキが、チャンミンの大きな口にどんどんと消えていく。

(チャンミンこそ、病院へ行ったほうがいいんじゃないか?)

​「!」

残り半分、となったとき、チャンミンは突然、口を押えた。

「大丈夫⁉」

今度はシヅクが青くなって、チャンミンに駆け寄った。

​「チャンミン!毒か?毒が入ってたか?」

チャンミンはまだ、口を覆っている。

「......」

「まてまて、洗面器持ってくるから、我慢してろよ」

チャンミンは、口元から手を外すと、その手を握り締めた。

「シヅク!」

​呼び止められてシヅクは、チャンミンを振り向いた。

肩を震わせ、うつむいていたチャンミンは、きっと顔を上げた。

​「僕は、馬鹿だ」

「チャンミン?」

「僕は大馬鹿だ!」

チャンミンは立ち上がって、ぐしゃぐしゃと髪をかきむしった。

​(チャンミンがおかしくなっちゃった!)

涙目になったチャンミンは、シヅクの手を握った。

「チャンミン?」

​シヅクは、自分の手指を広げた。

「?」

手のひらには、小さな指輪。

シヅクはそれをつまんで、目の上にかざした。

チョコレートにまみれていたが、チカリと小さな石が光る、華奢で繊細なアクセサリーだ。

「チャンミン...あんた...?」

「そうだよ!」

​ボサボサ頭になったチャンミンは、真っ赤な目をして叫んだ。

「ケーキを間違えた。

計画では、シヅクのケーキの中にあるはずだったんだ。

いつまでたっても、出てこないから、

シヅクは、バクバク食べてたから、

僕は、てっきり...

​シヅクがそれを飲み込んじゃったんかと思って...」

「チャンミン...」

「あなたはいつも、犬みたいに食べるから」

「おい!」

「丸呑みしたんだと思ったんだ。

でも、僕のケーキの中にあって...って、うわっ!」

シヅクはチャンミンに抱きついていた。

​「チャンミーン...可愛いやっちゃな!」

シヅクは、チャンミンの頭をくしゃくしゃにする。

​「あんた、私を驚かそうとしてたんやな?」

チャンミンの髪はシヅクによって、ますます乱された。

「シヅク!...僕は犬じゃない!」

シヅクは満面の笑顔だった。

​「あんた、私にプレゼントしようとしたんやな?」

「そ、そうだよ」

​「嬉しい!」

「つけてみせてよ、シヅク」

「すっとぼけたこと言ってるんじゃないよ、男のあんたがはめるんだよ!」

チャンミンはシヅクの手を取り、シヅクの右手薬指にそれをはめようとした。

「...あれ?」

​「シヅク...指太いんだね」

「チャンミン、あんた、天然か?本気か?」

「こんな時にふざけるわけないだろ!」

シヅクは、うろたえるチャンミンの頬をするりとなでた。

​「これはな、ピンキーリングなんだよ」

「ピンキー?」

「小指につける指輪のこと」

​「ええー!」

シヅクはチャンミンが握り締めるリングを取ると、自分の小指にはめた。

「ありがとうな、チャンミン」

​シヅクは、チャンミンの背中から腕をまわした。

​「ケーキも何もかも...最高のバレンタインだよ」

​シヅクの手に、チャンミンは自分の手を重ねた。

​「僕は、シヅクが大好きなんですよ」

短編集    大人な短編集     TOP