【短編】夜明けの空気

 

 

「次の休みには、会いにいくから」

「うん。

その次の休みには私がそっちに行くから」

「待ってる」

「そろそろ行った方がいいよ」

「ああ...時間だね」

「じゃあ...また、ね」

「いつでも会えるから」

「いつでも会えるよね」

繋いだ手をぎりぎりまで離せずにいた。

そして、保安検査場の手前で、僕らは別れた。

列が一歩ずつ前に進むたび、彼女の存在を確かめた。

振り向くたび、彼女は胸のあたりで小さく手を振った。

10回目に振り向いた時見えたのは、大股で歩き去る彼女の背中だった。

そういえば、彼女は泣いていなかった。


 

搭乗口前のベンチに腰かけて、別れ際に、互いのおでこと鼻先をくっつけた感触を思い出していた。

この場所は、僕はこっちへ彼女はあちらへと何度も分けてきたが、今回は意味合いが違う。

これからは、僕はずっとこちらへ行ったままだ。

僕は2つの選択の間で迷っていた。

僕が国に帰らなくてはならないと告げた時、

彼女は、30秒くらい考え込んだ末、

「わかった。

いつでも会えるんだから、私たちは大丈夫よ」

と言った。

落胆した顔を彼女に気づかれないよう、僕は必死に笑顔を取り繕った。

チクタクと、普段の2倍のスピードで僕の出国日は迫っていった。

この間、僕は

「行かないで」や

「チャンミンに付いていく」と、

2つの台詞のどちらかを彼女が口にしてくれるのを期待していた。

そのどちらも、彼女が言いそうにないセリフであることは、3年間彼女と一緒にいた僕がよく分かっていた。

僕の本音は、身勝手で女々しい。

彼女には、僕についてきて欲しかった。

彼女には、住まいも仕事もあちらに置いて、僕と一緒にこちらに来て欲しかった。

だから今日、小さなバッグひとつの彼女を見て、がっかりした自分がいた。

「やっぱり一緒に行くことにしたの」と、スーツケースを転がす彼女を期待していたからだ。

一方で、

僕は、彼女の国で彼女とずっと一緒にいたかった。

けれども、自分のチャンスを、みすみす恋人のためにふいにしてしまうような、女々しい奴だと思われたくなかった。

どちらも選べなかった僕は、一人で国に戻ることにしたんだ。

 


 

チャンミンが、国に帰ってしまう日までの間、わたしは迷っていた。

チャンミンは、「一緒に来てくれ」とも「ここに残るよ」とも、どちらの言葉も口にしなかった。

わたしと離れたくないからと、母国に帰らずここにずっといて欲しかった。

でも、彼のチャンスを潰すような、身勝手な女になりたくなかった。

​一方で、

彼についていきたかった。

 

でも、恋人のために自分のチャンスを、みすみす逃す野心のない女だと思われたくなかった。

どちらも選べないうちに今日、チャンミンの出国日を迎え、

検査を待つ行列に並ぶ、

頭一つ分背の高いチャンミンの後ろ姿を、こうして見送っているのだ。

春休みに入った初日とあって、列はじりじりとしか進まない。

彼の姿が見えなくなる前に、私は踵を返した。

私には時間がない、待てなかった。

宅配便カウンターで、前日のうちに発送しておいたスーツケースを受け取る。

バッグからパスポートを引っ張り出して、チェックインを済ませた。

「行く?」「行かない?」

 

心はすでに決まっていた。

私はチャンミンと一緒にいたい。

 

それ以外のことは、後から考えればいい。

彼の乗った航空機に2時間遅れて、私は彼を追いかける。

チャンミンへのサプライズ。

私はチャンミンの側に居続ける選択をした。

わたしってば、馬鹿な女でしょう。

でも、いいの。

私はこんなにもチャンミンに夢中な、馬鹿な女だから。

 


彼女はとっくに帰宅しているだろう。

通話可能になったのを確かめて、彼女へ電話をかける。

『おかけになった電話は現在、電源が切られているか…』のアナウンスが流れた。

すぐにでも彼女の声を聞きたかったから、少しだけ落胆した。

僕は再び、搭乗口前のベンチに腰かけていた。

彼女の驚く顔を早く見たかった。

母国で待っている新しいチャンスなんか、ちっぽけなことに思えてきた。

仕事のチャンスなんて、また作ればいい。

心はすでに決まっていた。

僕は彼女と一緒にいることを選択した。

これまで常識や見栄を意識して、本心に正直じゃなかった。

彼女の決断を待つばかりの僕だった。

仕事よりも恋人を優先させた僕は、腑抜けた野郎だろう。

言いたい奴には言わせておく。

これは僕が決めた道なんだ。

 


チャンミンの母国に到着したわたしは、彼の新しいアドレスをメモした紙をバッグから取り出した。

几帳面な彼だから、荷ほどきを済ませている頃だろう。

待ちきれなくて、電話をかけることにした。

彼の驚く顔を想像すると、笑みがこぼれてしまう。


彼女とようやく連絡がついた。

『着いたよ』

「ええ、私も着いたところ」

『ずいぶんゆっくりしてたんだね』

「うふふ、いろいろとね」

僕は、わくわくとした気持ちを抑えきれなかった。

「あのさ、僕は今どこにいると思う?」

『新しい家でしょ?』

「不正解」

『飲み屋さん?』

「不正解」

『えー、分かんない』

「びっくりするよ、絶対に」

『びっくりすること?』

「ああ」

『もったいぶらないで、早く言ってよ』

「1時間後には会えるよ」

「え?」

「すぐに会えるから、ちょっと待ってて」

『え?』

「僕はね、今、空港にいるんだ」

『まだ空港にいたの?』

「僕はね...君の国にいるんだ」

『え?』

「あっちに帰ることはやめたんだ」

『え?』

「離れ離れは嫌だ。

だから、こっちにいることにしたんだ」

『......』

「怒った?」

彼女が黙り込んでしまったから、僕は少し不安になる。

『ねえ、チャンミン』

「ん?」

『私は今、どこにいると思う?』

「どこって、家だろ?こんな時間なんだし」

『違うの』

「違う?」

『私ね、あなたの国にいるのよ』

「え...!」

『私…、やっぱりチャンミンについていこうと決めたの』

「ついていく?」

『離れて暮らすのは、嫌なの。

だから、あなたを追いかけたの。

あなたの国で、一緒に暮らそうと決めたの』

「......」

『馬鹿な女だって…あきれてるでしょ?』

「まさか」

『ほんとに?』

「ああ。

僕こそ馬鹿な男だ」

​「私があなたの国にいて、あなたは私の国にいるってことでしょ」

『国を越えたすれ違いだね』

可笑しいのと嬉しい気持ちがない混ぜになって、泣きたいのか笑いたいのか、もう僕にはわからない。

「僕らは…とんだバカップルだね」

『何それ。いつの間にそんな言葉覚えたの?』

​ひとしきり二人で笑った。

全く、僕らときたら...二人そろって...。

「これから、どうしようっか?」

『朝一番の便で、チャンミンはこちらへ戻ってきて』

「駄目だよ、君こそこっちに戻っておいで」

『チャンミンが来るの』

「駄目だ、君がこっちに来るんだ」

押し問答しているうち、僕はいいアイデアを思い付いた。

「そうだ!

どこか暖かい国へ行こう!」

『え?』

「二人にとって、新しいところへ行くんだよ!」

『なんで行き先が、暖かい国になるわけ?』

「うーん、なんとなく」

『何よそれ!』

「僕の国とも、君の国とも、かけ離れた所がいいんじゃないかと思うんだ」

『どちらかの国だと、どちらかが犠牲を払ったみたいに思えるから、ってこと?』

「それもあるけど。

ほら、お互い無職になるんだし、新しい場所で再出発しよう」

『無計画過ぎない?』

​そういいながらも、彼女の声は高く澄んでいる。

「それは、そこへ行ってから一緒に考えよう」

『どこの国にする?』

「インドネシアはどうかな?」

『インドネシア!?』

「ああ」

『思いきったわね』

「なんとなく決めてみたんだ」

『あははは』

「現地集合にしよう!

パスポートの有効期限は大丈夫?」

『大丈夫』

「チケット買うお金はある?」

『ある』

「よし、向こうで再会だ」

『面白くなってきた!』

 


 

僕はニヤけてきて仕方がない。

僕は搭乗ゲート前のベンチに座っている。

​24時間の間で、3度目だ。

ここに到着した時は深夜だったから、数時間ベンチで仮眠をとった。

去年、彼女と旅行したバリ島を思い出していた。

 

蒸し暑い空気と汗ばんだ肌。

​エアコンが効きすぎた部屋からバルコニーへ出ると、湿気交じりの暖かい空気に包まれ、ほんのしばらくホッとした。

開けた窓から、室内の冷気がこちらへ流れてきた。

部屋の中央に据えられた巨大なベッドに、彼女がうつぶせに眠っていた。

真っ白なシーツから、彼女の小さなかかとがのぞいていた。

僕はあの時、こう思ったのではなかったか。

彼女の手を離さないと。

 

紙コップのコーヒーを飲みながら、全面ガラスの向こうを見渡した。

延々と延びる、白くかすんだ滑走路の先のすそが、曙色に染まっている。

夜明けの空の下、3月のひんやりと乾いた空気を吸う様を、想像する。

太陽が間もなく姿を現すだろう。

彼女と繋いだ手は二度と離さない。

僕は彼女と生きていく。

新しい僕らの一日が始まろうとしている。

 

短編集    大人な短編集     TOP