甘い甘い生活

 

脚をひきずるようにして帰宅したある夜、部屋に彼がいた。

 

「おかえりなさい」

 

ソファの上で膝を抱えて座っていた彼は、立ち上がると私のバッグを取り上げ、ジャケットを脱がせた。

 

「くたくたでしょう」

 

私は、あっけにとられていて彼にされるがままで、気づけばお風呂上がりでポカポカで、冷たい缶ビールを手にしていた。

 

独身女のひとり暮らしの部屋に、いきなり男がいたりしたら、それはもう事件だし、犯罪行為だ。

 

けれど、私はあまりにも疲れ果てていたし、彼の邪気のない笑顔を見ると、露ほども恐怖は感じなかったのだ。

職場での理不尽な扱い、数年来交際していた彼氏の裏切り、家族の死。

負の出来事が、この一か月の間立て続けに起こり、身体的にも精神的にもどん底で、毎日が精いっぱいだった。

いきなりの彼の登場に全く驚かないほど、思考力が落ちていた。

「僕の名前はチャンミンと言います」

彼が用意した料理をつまみに、2本目のビールを開けた時、彼は自己紹介を始めた。

「今夜から僕がミカさんのお世話をしてあげます」

彼が私の名前を口にしたことも、彫刻のように整った顔も、何もかもが非現実的過ぎた。

私はあまりにも疲弊していたから、彼の容貌を目にしても、全く惹かれなかった。

「これ以上はダメです」

3本目に手を伸ばす私より早く、チャンミンはビールを取り上げた。

「明日に響きます。

顔がむくんでブスになります。

僕が代わりに飲みます」

「お酒はベストコンディションな時に、美味しく飲まないと」

チャンミンは、恨めしそうに見つめる私に構わず、あっという間に飲み干してしまった。

「さあさあ、ミカさん、もう寝る時間です!

電気毛布を入れておいたから、あったかい布団で眠れますよ」

ほろ酔い状態で、砂が詰まったかのような頭で、彼の言葉を聞いていた。

「明日は僕が起こしてあげますから、ぐっすり眠ってください」

部屋の照明が消され、明るいリビングからの逆光に、チャンミンのシルエットが浮かび上がっていた。

このようにして、私とチャンミンとの生活が始まった。


チャンミンは優秀なハウスキーパーだった。

私は毎朝、チャンミンに起こされ、彼が用意した朝食を食べ、弁当を持たされ出社する。

「ミカさんは、こっちの色の方が似合います」

いつの間にかお洒落に無頓着になっていた私。

存在をすっかり忘れていたダスティ・ブルーのカーディガンを、クローゼットから引っ張り出してチャンミンは私に羽織らせた。

上司の言葉に傷ついて半泣きで帰宅すると、

「おかえりなさい」

チャンミンが玄関に小走りに出てきて、私の手からバッグを取り上げる。

「ミカさん、お疲れ様。

今夜は鍋にしました。

野菜も肉もたくさん入れたから、だしが出て美味しいですよ」

浴室から出ると、洗濯されきちんと畳まれたパジャマと下着が用意されていた。

「ミカさん、もっと色気のある下着にした方がいいですよ」

細やかな気遣いにじんと感動し、丁寧なもの言いの間に挟まれる毒舌にムッとしつつも苦笑し、

彼に大切に扱われているうちに、自分がかけがえのない大切な存在だと思えてきた。

朝は彼が見送ってくれる。

家に帰ると、彼が待っている。

何もかもやってくれて。

「今夜から僕がミカさんのお世話をしてあげます」

チャンミンがやってきた夜、彼が宣言した通りだった。

私の本棚からぬきとった一冊の本を読みふける彼を見つめた。

ソファにもたれて、長い脚を床に投げ出すようして座るチャンミン。

私からの視線に気づくと、

「なんですか?」

目を半月型にさせて、にっこりと笑った。

「夜遅いですから、お菓子はダメです、太ります」

チャンミンの笑顔に胸をつかれた。

「カロリーの低いお粥を作ってあげますから、それで我慢してください」

いそいそとキッチンに立つチャンミンを目で追っていた。

彼がこんなに優しい目元をしているなんて、今さら気づいた。


別れた彼氏が新しい恋人を連れた姿を目撃してしまった日のこと。

​ベッドに横になった私の隣に、チャンミンがスルリとすべりこんできた。

「僕が添い寝をしてあげますから」

ぎょっとしてチャンミンを見上げると、

「安心してください、襲ったりはしません」

チャンミンの言葉が可笑しくて、思わず吹き出した。

「襲って欲しいんですか?」

チャンミンはおどけた笑いを浮かべると、私の頭を胸に引き寄せた。

「ダメです。

今はダメなんです」

チャンミンの胸から、規則正しい鼓動が聞こえた。

「その時がきたら、ちゃんと襲ってあげますから」

チャンミンは、私の背中を優しくポンポンと叩いた。

「僕が胸を貸してあげますから、泣いていいですよ」

チャンミンが言い終えないうちに、せきを切ったかのように目から涙があふれ、声を出して泣いていた。

最後に泣いたのはいつだっただろう?

こんなに泣いたのは、うんと久しぶりだった。

いつの間にか私は、涙すら出せなくなっていた。

いつの間にか、歯を食いしばって、こぶしを握って、心を閉じた毎日を送っていた。

泣いてはじめて、そんな自分に気づいた。

 

翌朝、とっくに起きだして朝食を用意していたチャンミンは、私の顔を見るなり大笑いした。

「ミカさん...恐ろしいほどブスな顔してます」

​むくれる私に、チャンミンはいつものように弁当箱を手渡した。

「お弁当にサプライズがありますから、楽しみにしていてください」

忙しさでずれこんだ昼休憩の時間、

そそけだった心のまま弁当箱の蓋を開けた瞬間、慌てて蓋を閉めてしまった。

「もったいなくて、食べられないよ」

たっぷりと敷きつめられた炒り卵の上に、カットされた海苔で書かれた私の名前。

大きな手で海苔を切るチャンミンの姿を想像すると、微笑ましくてたまらなかった。

「なんて可愛いことしてくれるのよ、チャンミン」


 

昼間、チャンミンは部屋で何をしていたのだろう。

夕日が差し込む狭い1LDKの部屋で、彼は洗濯物をたたみながら何を考えていたのだろう。

夕飯のメニューを考えながら、私の帰宅を待っていたのだろうか。

うっすらとホコリをかぶっていた部屋はさっぱりと清潔に、

曇った浴室の鏡も磨き上げられ、

 

冷蔵庫にはおかずが詰まった保存容器が並んだ。

食卓に置いたグラスに活けられた2輪のダリアを目にしたある日、私は泣きそうになった。


春の気配感じられる3月のある夜、

出迎えたチャンミンの表情が曇っていることに気づいた。

言葉少ない夕食を終えると、チャンミンが切り出した。

「ミカさんに話があります」

チャンミンに促され、カーペット敷きの床に正座した彼の正面に、私も正座した。

 

「僕の話すことをよく聞いてください」

「どうしたの、チャンミン?」

「時間がないから、端折って言いますよ。

ミカさんのこれからの人生、いろんなことが起こると思います。

大変なときもあります。

でも、ミカさんなら大丈夫です。

誰かと結婚して、子供が生まれて...。

想像するだけで、僕は嫉妬で苦しんですけど...」

チャンミンは、顔をしかめる。

「出会いがあれば、別れもあります。

悲しい別れの後、ミカさんは苦しむと思います。

この先どうしようと、途方にくれる時もあるかもしれません」

「なんだか予言みたいで怖いよ」

「僕は...

あんなにボロボロになったミカさんを見ていられなかった。

だから、お世話しにきました。

僕のおかげですね。

ミカさん、綺麗になりましたよ。

その髪型も似合っています」

「そう?」

仕事帰りに、美容院に寄ったのだ、3か月ぶりに。

「話を戻しますよ。

ミカさんが絶望を感じて、不安でいっぱいになった時、

僕は、

僕は、ミカさんもミカさんの大事なものも全部、

全部丸ごと僕が面倒みますから、

ミカさんは安心してください」

チャンミンが何を言おうとしているのか、さっぱり理解できなかったが、

まっすぐに私を見る濡れたように光る瞳から、彼は真剣なんだということだけは伝わってきた。

「僕は、ミカさんを幸せにしたくて来たんです」

「なんだかお別れみたいじゃない」

チャンミンは手を伸ばして、固く握りしめた私の手をポンポンと叩いた。

うんと泣いた夜、私の背中を眠りにつくまで、ポンポンと優しく叩いてくれた彼の手を思い出していた。

「ミカさん、もう忘れちゃったんですか?」

チャンミンは、眉尻を下げて困ったような、呆れたような顔をした。

「あの夜言ったでしょう?

時が来たら、ミカさんを襲ってあげるって、

もう忘れちゃったんですか?」

​「忘れるわけないわよ」

「ミカさんは、本心に逆らう人です。

周りの人との調和を考えて行動する人です。

目の前に分かれ道があった時、

常識的な進路を選ぶ人です」

「チャンミン、何を言ってるのか、全然わかんないよ」

「要するに!」

チャンミンは、ぐっと身をのりだした。

「『YES』を選んでください、ってことです。

ミカさんの本心に素直に従って、

うーん、ミカさんの場合、本能かなぁ...、

『YES』を選ぶんですよ!」

「イエス?」

「そうです」

「絶対に忘れないでくださいよ」

チャンミンは私の頭を人差し指で、つんと突いた。

「時間です。僕は出かけます」

チャンミンが立ち上がって、玄関ドアの向こうへ消えるまではあっという間だった。

私は初めてチャンミンを見送った。

こうして、チャンミンとの生活は終わった。


私は迷っていた。

別れた夫との間にできた子供と、二人で生きていけるか不安な時期だった。

夫と別れて数か月も経たないうちに、今の彼と出会った。

 

「あなたに子供がいようがいまいが、僕には関係ありませんよ」

自分には子供がいると打ち明けた時、

彼は「それのどこが問題ですか?」と不思議そうな顔をしていた。

「安心してください。

ミカさんも、ミカさんのお嬢さんも

僕が丸ごと守ります」

 

きっぱり言い切る彼の言葉に、素直に従って寄りかかれない自分がいた。

離婚したばかりなのに。

子供が懐かないかもしれない。

そして何より、男の人を信用しきれない。

彼からプロポーズされたとき、私は即答できず、時間が欲しいと伝えた。

飛び上がるほど嬉しい言葉だったのに。

断る理由をいくつも挙げている自分がいた。

彼に返事をする約束の日は明日だ。

私は段ボール箱に本棚の本を詰める手を止めて、ため息をついた。

この部屋は、私と娘の二人で住むには広すぎた。

引っ越しを控えていて、荷造りも佳境だった。

読書が趣味の私だったから本が多く、「いる」「いらない」を選別しながらの作業だったから、時間がかかっていた。

(懐かしい)

 

20代のころ、夢中になって読み漁っていた作家の本が出てきた。

そのうちの一冊を手に取って、表紙を開くと二つ折りにした紙が挟まっていた。

「?」

メモ用紙に走り書きされた文字の筆跡は、自分のものではない

『本能にしたがってください ― C―』

「C...」

コンマ1秒で私は思い出した。

床に座って本を読んでいた彼。

彼は、私の本棚の本を片っ端から読んでいた。

読書をしながら、私の帰りを待っていたのだろう。

​ぼたぼたと、開いたページに涙が落ちた。


待ち合わせのカフェに着いた時、既に彼はテーブルについていた。

約束の時間より30分も早い。

「ごめんなさい、待ったでしょ?」

彼はまぶしそうに眼を細めた。

「僕が早く来てただけ」

私の顔をしげしげと見つめていた彼の目が丸くなった。

「ミカさん...やっと思い出しましたか?」

こくこくと私はうなづいた。

「遅すぎますよ。

ミカさんったら、全然気づかないんだから。

どれだけ僕がヤキモキしたか、分かりますか?」

私に弁当箱を手渡した時のチャンミンより、歳を重ねた大人の顔のチャンミン。

「僕の顔を思い出さなくても無理はないですよ。

あの時のミカさんは、死にそうなくらい心が疲れていましたから」

チャンミンは、立ったままの私の背中を押して、向かいの席に座らせた。

ささいな動作ひとつが、あの時のチャンミンのそれと同じだった。

「僕がプロポーズしたとき、

ミカさんが迷っている理由もよく分かっていました。

ミカさんが僕のことを好きな気持ちも分かっていました。

ミカさんが、悩みに悩んで、『NO』と言う可能性が高かった。

でも僕は、どうしても『YES』の答えが欲しかったんです」

私は、両手で口を覆ったまま、チャンミンの話を聞いていた。

「だから僕は、ミカさんの耳に

「『YES』って答えなさいよ」って囁きに行ったわけです」

言葉をきったチャンミンは、眉尻を下げて困ったような表情をした。

「ミカさん、ずるい僕で幻滅しましたか?」

私は、ぶるぶる首を振った。

 

「全然」

つんと鼻が痛くなってきた。

チャンミンは手を伸ばして、私の手を大きな両手でゆったりと包んだ。

「若い時の僕はかっこよかったでしょう?」

チャンミンの言葉が可笑しくて、吹き出してしまった。

「うん」

「若いミカさんも、綺麗でしたよ」

​チャンミンは、目を半月型にさせて笑った。

「本題に入りますよ」

チャンミンは咳払いをして、姿勢よく椅子に座りなおした。

「ミカさん、返事を聞かせてくれませんか?」

「そんなの...決まってるじゃない...」

「僕と結婚してください」

「YESよ」

 

HUG TOP