4.私/ひとつになろう【後編】

 

 

ふざけたチャンミンに、ベッドの上に放り投げられるかと思った。

 

ぽーいって。

 

 

「ひどい!」と憤慨した私に、「びっくりしました?」ってチャンミンは、おどけた笑いをしてみせそうで。

 

 

だってチャンミンは、たまーに不意打ちに、悪戯心を発揮して私を驚かす人だから。

 

 

(あれ?)

 

ところが、真っ白なシーツの上に、お尻、脚、背中、頭と順にそっと、ゆーっくり下ろされて。

 

 

その時、私の心にずんと、チャンミンの愛情が響いた。

 

ずっと我慢してきたんだろうな。

 

時間がかかってごめんね。

 

 

チャンミンと関係を深めることに罪悪感を抱え、自分が決めたのではない良識に縛られて、チャンミンが差し出した手を素直に握れなかった。

 

チャンミンと初めて会ったあの時も、心も体もガチガチに強張らせていた。

 

そして、今もそうだったの。

 

チャンミンの穏やかだけと、芯の熱い愛情にほぐれていったの。

 

 

私を包んでいたバスタオルがそろりとはがされた。

 

 

チャンミンは仰向けになった私の上に身を伏せた。

 

両膝で体重を逃しながら、ぴたりと肌と肌とを密着させた。

 

チャンミンの斜めに傾けた顔が真上に迫る。

 

 


 

 

全身のすべての窪みに、チャンミンの細くて長い指が滑り込み、手の平で撫でられると、じんとした痺れが走る。

 

私の反応を確かめながらの愛撫は、決して急がない。

 

全身くまなく、ついばむように吸われると、うずいて思わず声が出る。

 

「可愛い声ですね」

 

小さく笑うと、チャンミンの手が私の肌をさわさわとかすめながら、触れるか触れないかのタッチで下りていく。

 

反射的に両膝を閉じた。

 

「駄目です」

 

チャンミンの手によって、膝を左右に開かされる。

 

チャンミンの繊細な指のうごめきに合わせて、震えた腰が浮き上がった。

 

私の中を探りながら、内ももに口づける。

 

指と唇だけの愛撫だけじゃ物足りなくなってきたとき、私の耳元に唇を寄せて「いい?」と、彼は囁いた。

 

 

許可なんていらないのに。

 

私はもう、彼とひとつになりたくて仕方がないのに。

 

じれったくなるほどゆっくりと、チャンミンの熱くて硬いものが入ってきた。

 

私の中まで奥深くまで届くと、その圧迫感に悲鳴のような喘ぎがこぼれる。

 

チャンミンの首に力いっぱいしがみついた。

 

腰の動きは最初はゆったりと、次第に速度を増す。

 

ゆるゆると動かしていたのが、深く突き立てられた時、私の目の前は真っ白になった。

 

 

チャンミンの背中に私の爪がくいこむ。

 

 

チャンミンも気持ちよさそうで、私の心は幸福で満たされた。

 

 

彼の熱くて湿った吐息が喉元にかかる。

 

 

大きく動くたび、彼の喉からかすれた呻きが漏れた。

 

 

背中にまわした手が、彼の汗で滑る。

 

 

チャンミンの腕にぐいっと引っ張られ、あぐらをかいた彼の上にまたがるように乗せられた。

 

 

チャンミンと向き合う格好になり、今度は真下から突き上げられる。

 

 

汗で濡れた互いの肌が、ぬるぬると滑り、吸い付くように密着した。

 

 

チャンミンの念入りな愛撫と、緩急つけて揺さぶられて、息ができない。

 

 

今度は、私の背後にチャンミンが覆いかぶさった。

 

 

私の中がチャンミンで満たされる。

 

 

ああ、酸素が足りない。

 

 

この人が好きだ、と心の奥底から思った。

 

 

私はもう、とろとろです。

 

 

私の背中に覆いかぶさっていた彼のしなやかな腰がぶるりと痙攣したのち、

 

汗まみれの熱々な横顔が、私の肩に降ってきた。

 

 


 

 

「ミカさん...タフですねぇ」

 

私の隣で胸を大きく上下させたチャンミンが、乱れた呼吸の合間に

 

「僕は...2回が...限界です...」

 

と途切れ途切れ言った。

 

 

「『恥ずかしい恥ずかしい』って連呼してたくせに...ギャップが凄いです」

 

 

「......」

 

 

恥ずかしくなった私はを鼻の上までシーツに埋もれる。

 

 

「今までの僕は、いろいろと遠慮してましたからね。

忘れてませんか?

僕らは『婚約中』なんですよ」

 

 

天井を仰いでいたチャンミンは、ごろりと肘枕をして横向きになった。

 

「...そう言えば...!」

 

 

正直に言って、「プロポーズ」イコール「結婚」とまで結び付けていなかった。

 

 

私の過去もあーちゃんも、全部ひっくるめて受け止める覚悟を、プロポーズという形で見せてくれた。

 

 

その心意気が後ろ向きな私の心に喝を入れ、カサカサな心に深い愛情が注ぎこまれたおかげで、この恋に向かう姿勢を前向きにした。

 

今はまだ、実感がないだけ。

 

 

「ひどいなぁ」

 

チャンミンの指が伸びて、私の鼻をつまんだ。

 

「イヤ。

ブスな顔になるからやめて」

 

「嫌々ばっかり言っていないで。

イチャイチャしてるんですよ、ホントは楽しいんでしょ?

もっと...素直になりましょう」

 

今度は、両ほほをにゅうっと左右に引っ張られて、私の顔はきっともっとブスになってる。

 

 

「今どきこんなカップルは滅多にいませんってば。

僕らときたら、全くもって...奥ゆかしいですよね」

 

 

チャンミンは私の頬から手を離して、クスクスと笑った。

 

「あーちゃんがいるから、こんな風にゆっくりイチャイチャできませんからね。

あ、誤解しないでくださいよ。

あーちゃんが邪魔って意味じゃないですから!」

 

 

「わかってる」

 

 

「たまにしかできないから、こういう時間は貴重です。

ま、今夜が初めてなんですけどね」

 

 

チャンミンは身体を起こすと両脚を床に降ろし、ベッドに横たわったままの私を振り向いた。

 

 

「全くもって...貴重です」

 

しみじみとした言い方が可笑しかった。

 

 

私の目前にさらされたチャンミンの背中に、見つけてしまった。

 

私が爪立ててしまった、夜の気配漂うひっかき傷。

 

内緒にしておこう。

 

シャワーが沁みてヒリヒリしたら、どれだけ私が満足していたのかを知ってニヤニヤしてね。

 

 

「喉が渇きましたね。

貴女も喉がカラカラでしょ?。

いっぱい声を出しましたからね」

 

「ちょっと!」

 

ははっと笑ったチャンミンは立ち上がると、床に落ちたバスタオルを腰に巻いた。

 

首から肩までのなだらかなラインや、ぎゅっと引き締まった細い腰に私は熱い視線を注ぐ。

 

そっか、この人はこんなにも美しい人だったんだ。

 

その後ろ姿にあらためて、惚れた。

 

 

「...どうやら僕はコーヒーを淹れるのが、下手みたいです。

ミカさんが淹れてくれたコーヒーが、毎朝飲みたいです」

 

ベッドに滑り込んできたチャンミンは、私のお腹に腕をまわし脇腹に鼻を押しつけた。

 

「代わりに、僕がお弁当を作ってあげますから」

 

私の脇腹に唇を押しつけたまま喋るから、くすぐったくてしかたがない。

 

「気が向いたら、海苔で名前を書いてあげますよ、あの時みたいに。

あーちゃんは嫌がるでしょうね、絶対に」

 

鼻にしわを寄せて、目を三日月形に細めた笑顔で私を見上げた。

 

綺麗な歯並びと一緒に、少しだけ歯茎ものぞいた、とってもかわいい笑顔なの。

 

「泣きたい時があったら、また僕の胸を貸してあげますね」

 

チャンミンは、こぶしでとんと胸を叩いた。

 

「ただし。

あの時の僕とは違うから、襲いますけどね」

 

膨れ上がった涙で、チャンミンの顔がゆらゆら揺れる。

 

「あーもー。

言ったそばから、もう泣いてるじゃないですか」

 

 

私の首の下にチャンミンの腕が滑りこんで、ちょっと強引に口づけられた。

 

 

「もう一回、襲わせて...」

 

こじあけられた隙間からチャンミンの舌が侵入し、私は再び息ができなくなる。

 

力強い腕でウエストを掴まれて、ひっくり返された私は仰向けになったチャンミンの上に乗った。

 

 

「僕は幸せです」

 

 

チャンミンの目が潤んでいた。

 

私はこの人が大好き。

 

 

チャンミンの火照った頬を、宝物を扱うかのように優しく包みこんだ。

 

甘い甘いキスを、ありったけの愛情を込めてキスをした。

 

 

 

未来からのチャンミンのメッセージを受け取らなければ、彼からのプロポーズに「NO」と答えていた。

 

どんなからくりを使って、私の耳元に囁きにこられたのか。

 

不思議なことは、不思議なままにしておこう。

 

 

私も幸せ。

 

 

私とあーちゃん、

 

そして大好きなチャンミンとの甘い甘い生活が、

 

これから始まるの。

 

 

(おしまい)

 

 

大人な短編集   短編集

TOP  アメブロへ