9.ドアチャイム-TIME第1章-

 

~シヅク~

 

私は艶消しアルミのドアの前に立っていた。

 

廊下は薄暗く照明されていて、同じデザインのドアが左右に同じ間隔をとって並んでいる。

ここは、高層マンションの35階。

 

ドアチャイムのボタンを押す。

仕事終わりに、チャンミンのお見舞いに行くことを思いついたのだった。

 

この言い方は、正確じゃないな。

 

本当は、今朝彼と別れた時点から、行く気まんまんだった。

 

​早く仕事が終わらないかなぁ、とチャンミンのお見舞いを楽しみにしていたのだ。

自宅まで訪ねていったら、おかしいかな?

 

ギリギリまで迷っていたけど、ぼんやりしてる彼のことだ。

 

​いちいち頓着せんだろう。

​ドキドキ...。

なんか、緊張するな...。

 

おいおい、何緊張してるんだ?

 

どうしちゃったんだ、私?

 

ビニル袋が手に食い込んで痛い。

くそ~、重い!

 

手がちぎれる。

 

ちょっと買いすぎたな、こりゃ。

 

「ん?」

あれ?

ドアは開かない。

 

トイレにでも行ってるんかな。

ドア右のディスプレイには、「在宅中」のサインが点灯しているから、留守ではないのは確実。

もう一回、チャイムのボタンを押す。

気密性が高いから、中でチャイムが鳴っているかどうかまでは分からない。

「......」

長いトイレだ。

風邪だったし、腹でも壊してんのかな。

「......」

電話をかけようか...?

リストバンドを操作しかけて、私ははたと気づく。

「あっ!!」

くそ~。

チャンミンの電話番号、知らんかった。

「ったく」

5回連続でボタンを押す。

「......」

まだ、ドアは開かない。

「......」

 

 


 

「シズク!」

 

ドアの向こうから、驚いた顔のチャンミンが顔を出す。

 

「大丈夫かなぁ、と思って、お見舞いにきたの」

 

買い物袋を持ち上げてみせて、にっこり。

 

「わざわざ、いいのに...中入って」

「おじゃましまーす」

 

チャンミンの部屋に入れてもらう私。

 

独身男性の一人暮らしの部屋だなんて、なんだか緊張するぞ。

ニヤニヤするのを我慢する。

「口に合うかわからないけど」

「ありがとう。一緒に食べる?」

「いいの?」

「一人で食べても寂しいし」

「さすがチャンミン君。きれいにしてるね、部屋」

「まあね。座ってよ。お茶を淹れるから」

チャンミンはお湯を沸かしに、キッチンへ。

私は、リビングのソファに座って...。

とか、とか!

 

​あれこれ予行演習してたのに!

 

予定が狂ったじゃないか!


 

回れ右して帰る訳にはいかない。

 

大量に買ってきたこいつらを、チャンミンに直接渡せないまま、帰るなんて絶対にヤダ。

もう一回、チャイムを鳴らす。

しーん。

...ちょっと待て...よ?

まさか!

 

まさかのまさかだけど!

チャンミン..倒れてるんじゃ...ないよね...?

私の脳裏に、床にごろりとうつぶせで倒れているチャンミンの姿が浮かぶ。

「えぇ~!」

「どうしよ、どうしよ!」

「チャンミーン!」

大声で叫んで、ドアを叩いたが、無駄だと気づいた。

​「馬鹿か、私は!」

​中に聞こえる訳ないじゃん。

どうしよ、どうしよ!

悶死しないでくれ、チャンミン!

私のたくましい想像力は、喉をかきむしって、もがき苦しむチャンミンを見せる。

​しばし考えた末、

​「非常手段をとるしかないな...!」​​

 

 

TIME第1章        TOP