15.水も滴るいい男-TIME第1章-

 

~シヅク~

 

(どうにかなりそう!)

 

火が出そうに顔が熱い。

 

私の心臓はバクバク、喉から飛び出しそうだった。

チャンミンのマンションを出た途端、どっと疲れが出た。

涼しい顔を保つのも、ここまでが限界。

あまりに恥ずかしくって、恥ずかしがってるとこを見られたくなくて、平静を装ってみたけど、まぢでキツかった。

私の馬鹿!

​あんな醜態をさらすなんて!

​自宅への道を、大股で歩いた。

いくら死ぬほど心配だからって、不法侵入した上に、だ、抱きついてしまうなんて!

おまけに、泣くなんて!

いい年した大人が何やってんだ。

しゃがんだ膝に顔を伏せた。

「落ち着け~」

いつの間にか、息が荒くなってた。

興奮してんじゃねーぞー。

自分に正直になろう。

チャンミンの裸をバッチリ見ちゃった。

バッチリ記憶に焼き付いているんだから。

ぐふふふふ。

顔がニヤついてしまう。

でもなぁ、

全裸の男が、魅力的な女性に抱き付かれたりなんかしたらさ、

欲望にボッと火がつき、彼女を押し倒す...

​ってのが、普通だろが!

全くそんな気配の、けの字もなかったし...。

って、私は何考えてんだ!

妄想が激しすぎるぞ!

エロい雰囲気になるのを、ぶち壊してたのは私だったし、大泣きしちゃってたからなぁ。

バスルームの床に伸びてるチャンミンを予想してたから、洗面台の前に立っている彼を見てまずビックリ。

さらに、全裸でビックリ。

驚愕過ぎて、一瞬頭の中が真っ白になっているにも関わらず、彼の全身を舐めるように観察してしまったし。

サンキュー、チャンミン。

いやぁ、いいモン見させてもらった。

ひょろっと縦に長いから、薄っぺらくて、なよっとしてるかと思ってたけど、いい意味で予想を裏切ってくれたぞ、チャンミン。

めちゃくちゃ鍛えてるじゃないの。

静的で大人しいのに、ジムに通い詰めてんのかな?

ギャップ萌え。

抱きついたとき、チャンミンの胸、背中、お腹の堅い筋肉具合といったら。

ごちそうさまです、存分に堪能させてもらいました。

欲求不満たっぷりの三十路女の妄想。

おいおい、私は変態か!

ここで、一応言い訳。

チャンミンが無事と分かって、腰が抜けるくらいホッとしたし、

膨らませに膨らませた悪い予想が裏切られて、ケロッとしているチャンミンを見て、彼に対しても、自分に対しても腹が立ったし。

目をまん丸にして、あの驚いた顔があまりにも可愛らしくて。

そんないろんな感情がぐちゃぐちゃに混ざって、チャンミンに突進してしまった。

昨夜、チャンミンがずぶ濡れの子犬みたいに弱ってて、私に抵抗できずに結局言いなりになってて。

可愛いんだもの。

日頃のむっつりした彼を見ているから、ギャップ萌えだな、やっぱり。

きっと頭のネジはゆるんで、どこか彼方、宇宙まで飛んでいってしまったに違いない。

私は知らぬ間に、彼にやられてしまったらしい。

私は、チャンミンに「男」を感じてしまった。

まずいなぁ。

今回のハプニングで、うっかり油断してたら、こうなるんだもの。

チャンミンは、単なる...単なる...?

好きなったりしたら、面倒なことになるのに!

 

​リストバンドが、メッセージ着信を震えて知らせる。

送信元は確認しなくても、分かってる。

 

私は大きく舌打ちをしてつぶやいた。

「このタイミングに、これだもの」

​私は、タクシーを呼ぶと、自宅への道をUターンして大通りへ出た。

 

TIME第1章