20.ランチタイム-TIME第1章-

 

~シヅク~

 

午前中は、全く仕事にならなかった。​

計測の手順を間違えてばかりで、機器のアラーム音を何度も鳴らしてしまった。

(たった2日の寝不足が、三十路にはこたえる...)

コーヒーのがぶ飲みで、トイレも近い。

少し前、作業着を泥だらけにしたカイを見かけたが、クリーンな今の時代、なかなか見られない姿だ。

やることの多くが手仕事、力仕事で、うちの職場の平均年齢が若い理由もうなずける。

催促されている報告書も仕上がっていない。

時刻を確認すると、あと15分でお昼休憩だ。

(ちょっと早いけど)

​私は、ランチが入ってるバッグを持って、ドームへ向かうことにした。

ドームの回廊ベンチで、ミーナは既にランチを終えたばかりのようだった。

(早っ!)

今日のミーナは、パステルピンクのワンピース姿で、ゆるく巻いた髪を複雑に編み込んだヘアスタイルにしてる。

(一種の職人技やな。

ミーナこそ、現場仕事が向いてるんじゃないかな)

​ミーナのヘアスタイルを見て、いつもそう思う。

「シヅク!お先~」

「受付カウンターを無人にしといていいの?」

ミーナの隣に、ドスンと腰を下ろして、私もお昼ご飯を取り出した。

「アポなしで来る人なんてほとんどいないから大丈夫」

私が男だったら悩殺もののミーナの笑顔。

「あんたの神経は図太いけど、ちんまりしか食べんのやな?」

「万年、ダイエッターですから」

「ミーナは痩せんでもよろし。

胸がでかいのは、羨ましいかぎりだって、カイ君なんか、あんたの胸にくぎ付けよ」

「やめてよシヅク。

彼、若いからね、24だっけ?

性欲バリバリの年ごろじゃない。

...私は年下には興味がないの。

やっぱり年上よね~...タキさんみたいな?」

ミーナは不敵な笑みを浮かべて私を見る。

「本日のタキさんは、どうだった?」

「まままままま、それはまぁ...いただきます!」

タキさんネタを今は振って欲しくない私だったから、大きな音をたててサンドイッチの封を開けた。

「あら!珍しい...ほらシヅク!」

「何?」

ピンクのマニュキュアのミーナの指さす方向を見る。

​ドームの中央辺りの小道を、チャンミンとカイ君が談笑しながら、歩いている。

そういえば、昨日のトラブルの復旧作業を、カイ君が手伝うとかなんとか、今朝タキさんが話していた。

あの時、チャンミンはものすごく不機嫌そうな顔したっけ。

感情をほとんど表に出さないから、珍しいと思ったんだっけ。

ミーナは二人の様子を眺めながら言う。

「チャンミンと会話が成立するのかな?」

「相手次第なんじゃない?」

「ねぇ、なかなかの光景じゃない?

二人とも、いい男なんだよねぇ」

「そうかもね」

(興味ないふりも難しい)

 

「カイ君はマメだから、モテるよね、絶対。

チャンミンは...むっつり君。

プライベートでは、違うかも~、こわ~い」

サンドイッチを齧りながら、私もミーナと一緒になって眺める。

チャンミンもカイ君も、頭が小さく、抜群にスタイルがいい。

 

二人ともきれいな顔立ちだけど、見た目は、

チャンミンの頬骨は高く、目鼻口のパーツが大きくて、鼻筋も太いのに対し、

カイ君は、奥一重の目尻が上がった涼し気な目と、女の子のような細くて高い鼻梁、

といった風にベクトルが違う。

(って、おい!

ちゃっかりしっかり観察してるんだ、自分ってば)

あれこれ考えこんでいたら、ミーナが私の背中を叩く。

「タキさんのこといい加減に諦めて、二人のうちどっちかにしなよ、シヅク~」

「うぐっ」

「年下も新鮮でいいかもよ~」

口いっぱいにサンドイッチを頬張っていたから、むせてしまう。

「シヅクはどっちが好み?」

ミーナはとても楽しそうだ。

 

「分かんないよ、そういう目で見たことないし...」

​「私だったら~、チャンミンかなぁ。

奥に秘めてる感がそそるじゃない、で、シヅクは?」

顔が熱くなっているのが分かる。

(おいおい、なにドキドキしてんだ!)

「わ、私は...カイ君かなぁ?」

 

「えーそうなんだー」とケラケラ笑うミーナをよそに、

(なぜそこで、逆を言っちゃうんかなぁ)

​赤面しているのがバレないよう、ゴクリと水を飲んだ。

 

 

TIME第1章