31.召し上がれ-TIME第1章-

~シヅク~

 

「えーっとですね」

​ダイニングテーブルについたチャンミンは、あらたまった様子で言う。

「今日は、シヅクへのお礼として用意しました」

チャンミンは、グラスにビールを注いでくれる。

「ありがとう」

磨き込まれたグラスに、チャンミンの性格がうかがえた。

「さぁ、食べよう」

「そうだね」

乾杯のつもりで、クラスをチャンミンのものと合わせようとしたが、チャンミンは既に、グラスを空けていた。

(もしか、乾杯を知らんのか?)

「食べてよ、シヅク」

「う、うん、ありがとう」

私も一気に飲み干して、テーブルに並べられた料理を見渡した。

(なんというか...圧巻というか...)

10種類はあるだろう、チーズの盛り合わせ、

巨大なガラスボウルの山盛りのサラダ、

直径30センチはあるレアチーズケーキ、

積み上げられた、テニスボールサイズのおにぎり。

そして、冷たい食べ物ばかりの中、湯気を立てるグラタン。

​(一生懸命、準備したんだろうなぁ)

「...おかしかった?」

チャンミンは、眉を下げて不安そうな表情だ。

(我が子の成長を見守る親の気分だよ、全く)

「全然!いっただきまーす」

サーバースプーンで、チーズがとろけるグラタンをすくって、取り皿に盛った。

「火傷するから、気を付けて...ほらっ、言ったそばから!」

「シヅクは大食らいだろうから、沢山用意したんだ」

「あのなー」

「野菜も食べて。シヅクの年こそ、ビタミンを摂らないと」

「なんだと!」

「おにぎりも。初めて炊いたから、やわらかいかもしれない」

「中身は?......え...これ全部、塩むすびなの?」

「ワインを開けようか?」

「いいねー」

私も相当、飲み食いしたが、チャンミンもよく食べ、よく飲んでいる。

見ていて気持ちがいい食べっぷりだ。

「そろそろデザートはどう?

このケーキはレビューがよかったから注文してみたんだ」

「ごめん...チャンミン...限界...腹がはち切れそう」

「意外にシヅクは、小食なんだ」

「んなわけないだろ。どう見ても、5人前以上はあったぞ」

「じゃあ、後で食べよう」

チャンミンは、ケーキのお皿にラップをかけると、冷蔵庫にしまった。

(ニコニコしてて、楽しそう)

​楽しそうなチャンミンを見ていると、私も勿論、楽しい。

 

TIME第1章