42.落ち葉踏む足音-TIME第2章-

 

 

発信音が数回鳴ったのち、

『どうした、チャンミン?』

​「...別に」

『困ったことでもあるのか?』

「別に...」

『電話くれるなんて、どうした?』

「...電話しちゃ悪いのか!」

思わず苛立った言葉を発してしまった直後に、自分を恥じる。

(何、イライラしてるんだ)

『そういう意味じゃないよ、チャンミン、怒るなって』

「怒ってないよ!」

電話の向こうで、シヅクのため息が聞こえる。

​『腹減ってるのか?』

「子供扱いするな!」

『ごめん』

 

「謝るなよ」

『どうしてた?』

​「いつも通りだよ」

『どうした?』

「どうもしてないよ」

『ふうん』

「......」

沈黙。

 

『ごめん、チャンミン。

今、出先なんだ』

 

「ごめん」

 

『チャンミン、謝るなって

月曜日に、またな』

​僕はシヅクに尋ねたいことが、沢山あった。

昨夜の電話の相手は誰だったんだ?

どうして、僕の部屋にいることを内緒にしたんだ?

カイ君と会ってたんだろ?

カイ君と仲がよいのか?

​僕の言動が、随分と子供っぽいことを認識するようになっていた。

どうして、今夜は僕の部屋に来るって言ってくれないんだ?

シヅクがからかうように、

僕は29歳で、大人なのに。

どうしてこんなささいなことで、いちいち動揺するんだろう。

どうしてこんなに苦しいんだろう。

元の自分に戻りたい。

何も感じなかった僕に戻りたい。

​ひざを丸めて、僕は顔を伏せて、ギュッと唇をかんだ。

シヅクは、僕のことをどう思っているの?

楽しかった昨夜のことが、うんと遠い出来事のようだった。


目覚めた時、

​暗闇で光る数字が、夜明け前だと知らせる。

頭が痛かった。

びっしょりとかいた汗で、Tシャツが身体にはりついている。

「はぁ」

ベッドから身を起こして、トクトクと鼓動する胸を押さえた。

​(なんだよ!)

僕は、夢をみていたらしい。

(思い出せ)

あっという間に、遠ざかってしまう曖昧な夢のイメージを逃さないように、

ひとつひとつ、すくい上げる努力をする。

えーっと、僕は歩いていた。

僕の靴は、落ち葉を踏んでいた。

僕は隣を歩く誰かと、会話をしていた。

女の人だった。

(誰だ?)

目を閉じた僕は、濃霧の中の人影を探すように、

ぼやけた映像から少しでも多くの情報を得ようと努力する。

僕の隣を歩いていた、女性の顔は分からない。

見覚えのない人物が登場する夢を見ることは、これまでなかった。

僕を見上げる女性の顔は、フィルターをかけたかのように、ぼやけている。

​​

目をこらせばこらすほど、彼女の顔は白く塗りつぶされていき、

しまいには周囲の景色も消えてしまった。

最後に残ったのは、

見渡す限り黄色い落ち葉が、一面敷きつめられた空間を、

ゆっくりとした足取りで歩く僕の、落ち葉を踏む音だけだった。

 


 

吐き気をもよおす頭痛をなんとかしようと、キッチンカウンターに置いた薬のボトルから、1錠だして飲んだ。

カラカラと立てる音から、残りわずかなのが分かる。

(病院へ行かなくちゃいけないんだった)

カウンターについた手の甲を見、

ひっくり返した手の平を見、

その手で脈打つこめかみに触れた。

ズキズキと痛む僕の頭が、うっとうしかった。

街中で見かけたシヅクの姿と

電話越しに苛立つ気持ちをぶつけてしまった僕、

 

夢で見た知らない女の人,

そのどれもが、不愉快だった

シヅクの声が聞きたい。

「頭が痛いのか、僕ちゃんは?」

子供にするみたいに頭をなぜて、

痛みに顔をしかめる僕の顔をのぞきこんで欲しかった。