麗しの下宿人

僕の家では下宿屋を営んでいる。
最後の下宿人はユノという大学生だ。
僕は彼のことをユノちゃんと呼び、彼は僕のことをチャミと呼んでいた。
12歳の夏、僕の身体に異変が起きた。
変化についてゆけず、落ち込む僕をユノは支えてくれた。

※当作品は特殊性癖(オメガバース)を扱っています。

1.ユノちゃん
2.汚した下着
3.お風呂も一緒
4.茹でトウモロコシ
5.家庭訪問
6.新しい下宿人~9歳~
7.「僕」から「俺」へ~9歳~
8.甘い缶コーヒー
9.上履きと歯ブラシ
10.カッコいい大人
11.準備中
BL小説TOP「僕らのHeaven’s Day」