麗しの下宿人

僕の家では下宿屋を営んでいる。
最後の下宿人はユノという大学生だ。
僕は彼のことをユノちゃんと呼び、彼は僕のことをチャミと呼んでいた。
12歳の夏、僕の身体に異変が起きた。
変化についてゆけず、落ち込む僕をユノは支えてくれた。

※当作品は特殊性癖(オメガバース)を扱っています。

1.ユノちゃん
2.汚した下着
3.お風呂も一緒
4.茹でトウモロコシ
5.家庭訪問
6.新しい下宿人~9歳~
7.「僕」から「俺」へ~9歳~
8.甘い缶コーヒー
9.上履きと歯ブラシ
10.カッコいい大人
11.僕、臭い?
12.真昼の風呂場
13.3つ目の性
14.なぜ分かったの?
15.公園にて
16.蚊取り線香
17.ごめん
18.オオカミとヒツジの物語
19.捕らえられた二の腕
20.広い背中
21.オメガはエロい
22.落とし物
23.カミングアウト
24.疑問に思うこと
25.キス
26.モーニングルーティン
27.母からの手紙
28.電車の中で
29.側についていて
30.手を噛んでいた
31.マル印の意味
32.赤ちゃんのイラスト
33.気づいてしまったこと
34.安心して
35.ユノの正体
36.フェロモン
37.ギブアップ
38.ごめんの応酬
39.アルファかオメガか
40.準備中
BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」