腐男子です①

 

 

私はBLをこよなく愛する腐男子で、尾絵留男子高等学校の教師をしている。

 

右を見ても男子、振り返っても男子、教室は男子臭でむせかえり、教壇で男子たちの視線を一斉に浴びる。

 

つまり、最高の環境に身を置いている私の腐脳がどうなっているかは、ご想像の通り。

 

ここでは私は単なる語り手に過ぎない。

 

繰り広げられた事柄は私の想像なのか現実に起こったことなのか...どちらなのかの判断はお任せする。

 

 

4月、新学期。

 

今期はどんな獲物が揃っているのか、胸を高まらせ教室のドアをガラリと開ける。

 

ざわつきがぴたり、と止んだ。

 

心の中で、「よかよか。初々しくてよろしい」とほくそ笑んだ。

 

なぜなら、教師に対して礼儀を見せていられるのも今のうちで、夏までにはぐずぐずになるのだ。

 

...そして、この中で何組のカップルができるのやら(もちろん、私の想像の中で)

 

教壇に立ち、教室内をぐるりと見回した。

 

ざっと見た感じぼちぼち、とても主役を張れそうにない問題外も何人か...。

 

「私は〇〇。

生物を教えている」と自己紹介をした。

 

まずは名前と顔を一致させようか。

 

(ターゲットになりそうな奴の目星をつけようではないか。

妄想には名前が必要だ)

 

「一人ずつ自己紹介をしてくれるか?」

 

人前で名乗る気恥ずかしさ、自己アピし甲斐のある女子はひとりもいない。

 

安心しろ、諸君。

 

男子ばかりのこの世界でも恋愛は完結することを、早いうちに知るだろう(※ただし、私の妄想の中で)

 

新学期でもあり、あからさまに不満の表情を見せる者はいない...1名を除いて。

 

「...ちっ」

 

舌打ちの出所は、廊下側、後ろから1列前の席にいた生徒だった。

 

髪を後ろに撫でつけ(中途半端な容姿の者がしたらいけないヘアスタイルだ)、ブレザーは羽織っただけ、第二ボタンまで開いたシャツ、ネクタイもぞんざいに絞められている。

 

後ろに引いた椅子に浅く腰掛け、だるくて仕方がないと訴えたいのか、背もたれにぐたりともたれかかっている。

 

椅子の高さと膝下との差から、推定身長180センチ以上、色白、古典絵巻風顔立ち、切れ長eyes。

 

ターゲットNO.1、捕獲。

 

紺のブレザー、グレーのスラックスの集団の中で、彼の周囲だけにキラキラ星が瞬いていた。

 

私は名簿に目を落とし、席順に並ぶ生徒名の中から彼の名を探し出した。

 

「君は...ユノ君?」

 

こくん、と頷くユノ氏。

 

かったるそうに見せて、素直なところがあるじゃないか、可愛い可愛い。

 

大学生じゃとうが立っている、やはり高校生じゃないと!(エロ心を実践に移し始める頃だから)

 

「ユノ君は自己紹介しなくてよろしい。

今のやりとりが自己紹介になっているから」

 

私の言葉に、ユノ氏の頬はさっと赤くなり、それを悟られまいと顔を背けた。

 

所詮君は子供だ、教壇に立って10年の私を舐めるでないぞ。

 

ユノ氏はおそらく、授業中に居眠りをし、ゲームをし、提出物は紛失するタイプだ。

 

となると、ユノ氏の前、もしくは隣の席の生徒はとばっちりを受ける羽目になるだろうな、と目を向けると。

 

ターゲットNO.2捕獲!

 

ブレザー、ネクタイにシワ・ゆがみ無し、遊び心のないヘアスタイル、背筋はしゃんと伸びている。

 

机の上には筆記具とノート(何をメモるんだ?)

 

これで眼鏡をかけていれば完璧だったのに...惜しい。

 

この生真面目君には、華麗なる生徒会長、学級委員長タイプのような華やかさはない。

 

クラスの真ん中あたりに位置する、大人しめ、そこそこの成績、校則を破るなんてもってのほか、辞書や体操着は授業がある度持ち帰るタイプだ。

 

生徒たちの自己紹介は順調に進んでゆき、生真面目君のところまで回ってきた。

 

「...チャンミンと言います。

よろしくお願いします」

 

ターゲットに値する条件はただひとつ、イケメンであること。

 

イケメン×イケメンは王道で、イケメン×イケてないも有り。

 

(厳しいようだが、イケてない×イケてないVersionは、滅多に取り扱わない)

 

チャンミン氏は合格だ。

 

隣席のユノ氏は、ぺこりと頭を下げるチャンミン氏を横目で見上げていた。

 

その目は先ほどの気だるさは無くなって、瞳色濃くハッとしたものに変化していた。

 

自己紹介を終えたチャンミン氏は、安堵の感情を共有したくてなのか隣を振り向き、肩をすくめて舌をちろりと出した。

 

今、二人の間で恋が生まれたぞ!

 

絶対にそうだ!

 

ちょい悪男子と生真面目男子...いい!

 

すごくいい!

 

 

 

 

「おい」

 

チャンミン氏の行く手は、壁に付いた片腕で阻まれた。

 

「!」

 

休み時間、生物化学室へ移動する途中のことで、腕の持ち主はユノ氏だった。

 

いわゆる壁ドンだった。

 

「ぼ、僕に構わないでください!」

 

ユノ氏の腕から逃れようとチャンミン氏は脇にずれたが、ユノ氏もその動きについてくる。

 

反対側にずれても同様。

 

「いい加減にしてください!」

 

「構うさ。

お前、俺のことずっと無視してるだろ?」

 

「だって...あんなことっ、あんなことされて、普通でいられないでしょう?」

 

新学期から一週間後、ユノ氏とした『あんなこと』を思い出し、チャンミン氏の身体は熱く火照った。

 

ユノ氏はくくくっと笑った。

 

そして、チャンミン氏の耳元で囁いた。

 

「授業...サボろうぜ?」

 

ほんのりと付けたコロンの香りがチャンミン氏の鼻を、ミントの香りの吐息が耳をくすぐった。

 

「んんっ!」

 

チャンミン氏の首筋に鳥肌だったのを、ユノ氏は見逃さなかった。

 

「サボるなんてっ...ダメです。

二人揃って姿を消していたら、変に思われます」

 

生物の教科書を胸に抱き、チャンミン氏は首をいやいやするように振った。

 

「変に思うって...?

うちの担任は俺らのサボりを歓迎してると思うけど?」

 

ユノ氏はチャンミン氏の手を取ると、トイレへと引っ張っていった。

 

「どういう...意味ですか?」

 

「さあね」

 

拒絶の言葉を繰り返しながらも、完全に拒否できないチャンミン氏だった。

 

この後に待つ、スリルと隣り合わせの快感を思うと下半身が震えるのだった。

 

 

 

ユノ氏にバレてるようだな...おかしいな。

 

新学期1週間で深い仲になってしまうのは、早過ぎだったかもしれない。

 

どっちがそっちにするか、そろそろ決めないと。

 

王道をゆくなら、イケイケな方がウケになる設定になり、チャンミン氏が攻めだ。

 

しかし私は、彼らの雰囲気を優先したい。

 

イケやんちゃなユノ氏が攻めに決定だ。

 

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」