腐男子です④

 

 

私の受け持ちのクラスで、非常に美味しそうな男子2名を新学期早々、ロックオンした。

 

すかしたちょいワル男子がユノ氏、真面目が取り柄のむっつりスケベ(と、私はみた)男子のチャンミン氏。

 

二人のルックスはすこぶるよくて、絵になるのだ。

 

 

次の授業に使う教材を取りに、生物準備室のドアを開けた。

 

BLな彼らのために、鍵をかけずに解放していた。

 

人目を忍んでセッセするための環境を用意しているのだ。

 

これは私からのサービスだ。

 

もちろん、カメラなど仕込んでいない。

 

腐男子歴15年の私だが、犯罪者にはなりたくない。

 

顕微鏡を仕舞っているロッカーのカギを、鍵束からより分けた。

 

私は思うのだ。

 

鍵と鍵穴。

 

いやらしい。

 

なんといやらしい。

 

鍵の挿入を待つ、鍵穴。

 

鍵の先端が鍵穴に触れ...鍵はスムーズに挿入されてゆく。

 

シリンダーは挿入された鍵の凸凹にぴったり合っている。

 

「お前のここ。

俺の形をすっかり覚えたんだな」

 

「毎日抱かれていたら、そうなったって仕方ないよ」

 

一か所、引っかかる箇所がある。

 

鍵を抜き刺しする、小刻みにひねってみる。

 

潤滑油を足してやる。

 

壊れるかもしれないと心配になるほど、ガタガタとドアを揺する勢いでシリンダーに無理をさせる。

 

ついにカチリ、と小気味いい音を立てて、ドアが開く。

 

そして、魅惑の扉が開き、彼らは大人の世界を知るのだ...。

 

素晴らしい...!

 

(ちなみに男子高校生の鍵と鍵穴、シリンダーは真新しい)

 

いかんいかん。

 

私の頭はより腐りかけている!

 

 

鍵を刺そうとした時、私の耳は物音をキャッチした。

 

何か聞こえたような気がする...。

 

「!!!」

 

STOP!

 

開けたらいけない!

 

目の前のこのロッカー。

 

 

 

 

 

中にユノ氏とチャンミン氏がいる!

 

息を殺して、私がここを立ち去るのを待っている。

 

ロッカーの中は狭い。

 

唇まであと5センチ。

 

熱い吐息、腰に回された互いの腕。

 

二人の『あそこ』はぴったり合わさっている。

 

意識すればするほど、あそこは怒張してくる。

 

「んっ」

 

すりすりと敏感な箇所が擦れあう。

 

知らず知らず、二人の腰は揺れてしまう。

 

「はあはあはあ...」

 

呼吸が荒くなる。

 

なかなか立ち去らない人物(つまり、私)

 

ユノ氏の手はするすると下りてゆき、チャンミン氏の美桃へ到達すると、ぎゅうっと掴んだ。

 

「あんっ...」

 

調子づいたユノ氏の指は、チャンミン氏の桃の割れ目の中へ差し込まれ...。

 

 

邪魔をするわけにはいかない!

 

彼らの恋の邪魔をしてはいけない!

 

授業まであと10分しかない。

 

フィニッシュまで10分...ギリギリか。

 

「職員室に用事があったんだ。

行かねば行かねば」

 

と、大きな声で言い部屋を出ると、ぴしゃっとドアを荒々しく閉めた。

 

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」