「抱いて」とねだった罪(4)

 

あの日を境に、ユノは変わってしまった。

 

ユノの手や腕が何かのはずみで僕の身体に当っただけで、ユノは「ごめん」と謝って身を引いてしまう。

 

僕に告白してくれた日、真正面から僕を抱きしめてくれたのに。

 

弱った僕を案じて泊まってくれたユノの背中に、僕は寄り添って眠ったのに。

 

それ以降、肌の接触はなくなってしまった。

 

僕の髪をぐしゃぐしゃすることも、「ばーか」と言って腕を突くこともなくなった。

 

それがたまらなく寂しい。

 

腫れものに触るがごときで、次第にユノの言動に苛立つようになった。

 

ごめんね、ユノ。

 

ユノは悪くない。

 

ユノをぎこちなくさせてしまったのは、僕に原因があるから。

 

身体の傷も癒えた。

 

心の傷も多分...忘れた。

 

トラウマが残りそうな出来事だったのに、僕の心は別の恐怖に囚われていたのだ。

 

ユノが僕から離れていってしまう。

 

「チャンミンのことが好きだ」と言いながら、ユノが遠くなった。

 

僕を見る目は相変わらず優しいのに、その瞳の中に後悔の色を見つけてしまって、胸がすうすうと寒くなる。

 

ユノの後悔...僕には分かっていた。

 

ユノの告白を境に、これまでの僕らでいられなくなってしまったこと。

 

今まで通りの僕らの仲でいたくても、何かが変わってしまったこと。

 

ユノはきっと、僕に気持ちを打ち明けたことを、後悔しているんだと思う。

 

このままじゃ、僕らは終わってしまう。

 

急がないと。

 

既にユノは、行動に移した。

 

ボロボロになった僕を同情して、つい口走ってしまったものであったとしても、ユノは動いた。

 

次は僕の番だ。

 

 


 

 

以前なら気軽に訪ねていけたユノの部屋にも、足が遠のいていた。

 

「ふぅ...」

 

緊張を鎮めるため、僕は深く息を吐いた。

 

午前6時、携帯電話で時間を確認した。

 

初春であっても早朝は冷え込み、吐いた息が白かった。

 

ユノは隙間時間を恐れるかのように、まるで僕と会いたくないみたいに、2つの掛け持ちバイトに精を出している。

 

S君と同じバイト先を辞め、終夜営業のホームセンターで働いていた。

 

ユノの部屋のドアに背を預け、床に直接座り込んでユノを待っていた。

 

もうすぐ帰ってくるはずだ。

 

ユノと会ってからの言葉を予習する。

 

ユノのことを想うと、ぽっと明かりが胸に灯る。

 

4年間そうだったじゃないか。

 

あんなにもずっと一緒にいたのに飽きは訪れず、会う度嬉しくてワクワクしていたじゃないか。

 

その事実の意味を探っていた...ユノの告白の日からずっと。

 

膝に乗せた手の平を裏に表にとひっくり返して、僕の手を包み込んだ節の太いユノの手を想った。

 

どれだけホッとしたことか。

 

「チャンミン!」

 

膝の間に埋めていた頭を起こした先に、素晴らしく均整のとれた美しい青年が立っていた。

 

褪せたブルーのデニムにグレーのパーカー、カーキ色のMA-1を羽織っていた。

 

なんてことないコーデでもユノが着るとカッコよいんだ。

 

「ユノ...」

 

懐かしく感じてしまうのは、あの日以来ユノとの間に距離が出来てしまっていた証拠だ。

 

ユノの顔を見た直後、心臓がぎゅっと縮こまり、緊張している自分を自覚した。

 

「待ってたのか?」

 

差し出されたユノの手をつかんで、僕は立ちあがる。

 

「冷たい手だなぁ。

風邪ひくだろう?」

 

僕の二の腕を温めようと、ごしごしとさすってくれることがとても嬉しかった。

 

以前は当たり前の行為が、今じゃとても貴重で特別なものに思われる。

 

「ごめん...ユノ...ごめん」

 

「ごめん、って何だよ。

チャンミン...お前、前から変だぞ。

寒いだろ?

入れよ」

 

開けたドアを押さえて僕を先に通すのも、これまでと変わらない仕草なのに懐かしいのは、あの日を境に僕らの関係が変わってしまった証拠なのだ。

 

大丈夫。

 

僕とユノの間に流れる変な空気を...元通りにとは言わない...変えるために僕はユノに会いに来たのだ。

 

 


 

 

「何かあったかいものでも飲むか?」

 

部屋に入ってからのユノは、電気ポットに水を注いでスイッチを入れ、マグカップを出したりと落ち着きがない。

 

「インスタントコーヒーと...ココアと...どっちにする?」

 

ユノの部屋は、バージンをもらってくれとねだった日以来だった。

 

「徹夜で眠くって...コーヒーでいいよな?」

 

あれから一か月が経っていた。

 

「ユノ...」

 

「んー?」

 

ユノが勢いよくカーテンを開けると、朝日のましろい光が射し込んできた。

 

まぶしげに細めたユノの目と、そげた白い頬...ユノは少し、痩せたみたいだった。

 

僕はぎゅっと手を握って、腹の底に力を込めた。

 

「僕をっ...」

 

「?」

 

 

 

 

「僕を...抱いてください」

 

 

「は?」

 

 

上着を脱ぎかけていたユノの手が止まった。

 

 

「僕を抱いてください」

 

「......」

 

 

「抱いて...ください」

 

「...チャンミン...」

 

 

掠れた声だった。

 

 

「..どういうつもりだ?」

 

僕を真っ直ぐ見つめるユノの目が...怒っていた。

 

 

「どういうつもりって...」

 

「俺を何だと思ってるんだ?」

 

 

「ユノはっ...僕の大事な友達で...」

 

「ふぅん。

友達とセックスかよ?」

 

 

「だから、それはっ...」

 

ここに来る前に、頭の中で沢山シミュレーションした。

 

ユノとは4年も一緒にいたから、彼のことはよく分かっていたつもりだった。

 

だから、僕の言葉を受けてユノがどう反応するかも想像ついていたけど、実際のユノの反応は違っていた。

 

 

「チャンミン。

...俺は...道具じゃないんだ」

 

 

「ちがっ...!」

 

 

「確かに俺は、ヤリチンだった。

だからってなぁ...」

 

 

ユノは片手で目を覆ってしまい、絞り出すように言った。

 

 

「だからってなぁ...。

俺にも心がある。

前みたいなことは、御免なんだ」

 

 

「!」

 

 

「なぁ、チャンミン?」

 

覆っていた手を除けたユノの目は、真っ赤に充血していた。

 

 

「俺はチャンミンが好きだ。

好きだよ...好きだけど。

...そりゃないよ...」

 

 

ユノの目は怒っているんじゃなくて、哀しみでいっぱいなんだ。

 

 

そうだ。

 

僕はあの日、ユノを道具みたいに扱った。

 

ユノを悲しませただけじゃなく、ユノの人格を踏みにじる行為だった。

 

4年間のユノとの信頼関係を、一発でぶち壊してしまう罪。

 

無邪気にねだった「抱いて」のひと言は、凶器そのものだったのだ。

 

 

これが僕が犯した、最大の罪。

 

(つづく)

 

 

抱けなかった罪(BL)

19歳(BL)

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」