「抱いて」とねだった罪(5)

 

あの日。

 

ユノはいつもの僕の無邪気なお願いだと受け取ってくれて、誠心誠意を込めて僕を扱ってくれた。

 

本当は責めたくて仕方がなかったんだと思う。

 

でも次にあった時の僕はボロボロで、責めるに責められなかったんだ。

 

暗く冷たく、固いユノの眼にひるみそうになるけど、ここで怖気づいたら駄目だ。

 

「言い方が悪かったです。

S君とのことを忘れるために抱いてくれ、と言っているんじゃないんです。

あのことは、僕の問題です。

僕がなんとかします。

僕に責任がありますから」

 

無表情のユノに気は急いて、まくしたてたくなるのを堪えて、表現に気を遣いながら続きを話す。

 

「僕は...ユノを傷つけるために会いに来たんじゃないんです。

お願いです。

最後まで話を聞いてください」

 

ここで大きく深呼吸をした。

 

「ユノに抱いてもらいたいのは...」

 

僕の緊張が伝わってきたのか、ユノの喉仏がこくりと上下した。

 

「上書きして欲しいんです。

ユノにバージンをもらって欲しいって頼みましたよね。

あの時のことを上書きして欲しいのです」

 

「俺とした時のことを、忘れたいってことか?」

 

「いいえ。

忘れたくないです。

とてもいい思い出です」

 

ユノが僕の初めてのために、優しく扱ってくれた事実が、宝物だった。

 

「......」

 

「立ったままじゃなんですから...座ってください」

 

僕はユノの手を引き、両肩を押してベッドに座らせた。

 

「ユノとはもっと、いい感じの『初めて』にしたいんです。

だから...やり直し、というか...。

もっとバージョンアップさせたもので、上書きして欲しいのです」

 

「なぜ?」

 

やつれたユノの顔。

 

小さな顔が、もっと小さくなっていた。

 

僕はユノを苦しめてきた。

 

S君との仲介役を果たしたユノ、傷だらけの僕を見てショックを受けたユノ。

 

ユノは僕のことが好きなのに、S君が好きな僕のおねだりに応えて、僕を抱いてくれようとした。

 

そして未だにユノの告白に応えていない僕。

 

ベッドに腰掛けたユノの足元に、膝を折って座った。

 

僕はユノを見上げ、彼の両手で包むように握った。

 

バイト先の力仕事のせいなのか、ざらついた手だった。

 

ユノはその手を引っ込めようとしたけど、僕はきつく握りしめてそれを許さなかった。

 

「僕のことが好き、と言ってくれましたよね?」

 

「...ああ」

 

「気付かなかっただろ?って言いましたね」

 

「ああ」

 

「気付いていませんでした」

 

「...だろうな。

そうだろうと、思ってたよ」

 

呻くようにつぶやいて、ユノはがっくりと頭を落としてしまった。

 

焦っちゃだめだ。

 

僕はユノを傷つけるために、ここに来たわけじゃないんだ。

 

僕はユノのつむじを見ながら、話を続ける。

 

「気付いていなかったのは、僕の気持ちでした」

 

「?」

 

勢いよく頭を起こしたユノと、真正面から目が合った。

 

「返事はまだしなくていい、ってユノは言っていました。

今、返事をします」

 

ユノの手の平がじわっと湿ってきた。

 

ユノは緊張しているし、僕の心臓もバクバクとうるさいくらい胸を叩いている。

 

 

「好き、じゃないんです」

 

「...そっか。

...だよな」

 

引き抜こうとしたユノの手を、そうはさせまいぞ、と握りしめた。

 

「すみません!

好きじゃないっていう意味じゃなくて...。

あーもー!」

 

手を離して、汗でべたべたになった手の平を太ももで拭った。

 

「うまく言えなくてすみません。

緊張しているせいですね」

 

告白なんて慣れてるくせに。

 

断られると知ってても、「好き」を伝えたい一心でぶつかっていけたくせに。

 

「好きです」を気安く、大量生産してきた自分だったのに。

 

ユノが相手だと、とても...とても緊張する。

 

言いたいことがぐちゃぐちゃになってしまう。

 

ユノの両手をとって、僕の唇に押し当てた。

 

 

 

 

 

「...愛しています」

 

ユノのぽかんとした顔。

 

「愛してます」

 

沈黙と、エアコンの風の音、窓の外を走り去る原付バイクの音。

 

「ユノを...愛しています。

好き、じゃないの意味は、こうなんです。

『好き』だけじゃ足りないんです」

 

ふぅっと、息を吐いた。

 

顔が熱い。

 

きっと僕の顔も耳も、真っ赤になっているだろう。

 

ユノの瞳がつやつやと、みずみずしくて、言葉を紡ぎながら「綺麗だなぁ」と見惚れていた。

 

青ざめていたユノの頬に、生気が戻ってきていた。

 

「ユノ。

僕は、いっぱい考えました。

僕はユノのことをどう思っているんだろう、って。

いっぱい考えました」

 

「僕の気持ちが伝わりますように」と祈りを込めて、ユノの手の甲に唇を押し当てた。

 

「ユノは、友達でした。

今の僕から見たユノはもう、友達じゃないんです。

ユノは友達じゃないんです...」

 

「......」

 

「ずーっと前からユノは、僕にとって『恋人』みたいなものだったんです。

...やっとわかったことです。

隣に恋人みたいなユノがいてくれたのに、僕は全然気づいていませんでした。

恋愛ってドキドキと、遠くからときめくものだと思い込んでいました」

 

乾いた唇を舐めて湿らせて、もう一回深呼吸した。

 

僕は今、とても大事なことを話している。

 

「僕は男の人が好きです。

男の人を見るとエッチな気持ちになります。

ユノは男の人です。

友達のユノにエッチな気持ちを持ったらいけない、とずっと思っていました」

 

「...チャンミン」

 

「ああっ!

エッチなことばかりじゃないですよ!

そこのところ、勘違いしないで下さいね」

 

ここまで話す間、涙は卑怯だからと、泣いてしまわないようぎりぎり堪えていた。

 

僕は男のくせに大体において泣き虫な質だから、大変だった。

 

「僕の話、ぐちゃぐちゃでしたね。

...すみません」

 

あれ...ユノの眉間にしわができてる。

 

顎もしわしわになっていて、ユノの方こそ涙をこらえているみたいだ。

 

「...そういうわけです。

つまり...ユノが...大好きだから、抱きあいたいのです」

 

さっきは口にできた『愛してます』が、今は恥ずかし過ぎて『大好き』が精いっぱい。

 

「ユノでいっぱいにして欲しい。

僕の中を。

上書きしてください。

へへっ」

 

最後に照れ笑いした時には、ユノの切れ上がった目尻が糸みたいに細くなっていた。

 

小さな鼻の頭も、赤くなっていた。

 

「...上書き、か...」

 

「はい。

僕のバージンを...あ!...もうバージンじゃありませんね...。

やり直しというか...上書きというか...。

そういうわけで...もう一回抱いて欲しいのです」

 

「はあぁぁ」

 

ユノの首が、再びがくっと折れてしまった。

 

「チャンミン...お前なぁ...。

何を言い出すと思ったら...」

 

「え...?」

 

「話の順番が滅茶苦茶だから、勘違いするじゃないか?」

 

ユノはふんと息をつぐと、床に座った僕の手を引っ張って立ち上がらせた。

 

「わっ!」

立ち上がった途端ぐいっと引き寄せられて、ユノの太ももの上にまたがっていた。

 

「『好き、じゃない』なんて言うからさ、グサッときたじゃないか!

紛らわしい言い方をするんじゃないよ」

 

「ごめん...」

 

「いきなり『抱いてくれ』だなんてなぁ...。

Whyが抜けてるんだよ。

はあぁぁ」

 

「...ごめん」

 

僕とユノは、額と額をくっ付け合った。

 

鼻のてっぺん同士もくっ付け合った。

 

3センチ先に、ユノのすっきりしたラインのまぶたと、澄んだ真っ黒い瞳。

 

僕は頬をわずかに傾けて、ユノの唇に僕のものをそっと押し当てる。

 

どうしよう...ドキドキする。

 

 

(つづく)

 

抱けなかった罪(BL)

Honeymoon(BL)

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」