【4】Six in the morning

 

 

~チャンミン~

 

 

僕らは一生、別れがたい運命の仲だと信じていた。

 

高校生の時に出逢って以来、約10年近くうまくやってきた。

 

この間、小さな浮気もしたし(興味本位で女性を抱いた)、絶交する勢いの激しい喧嘩もした。

 

そして5年前、僕たちは関係を絶った。

 

僕たちは将来のある関係に憧れていて、僕たちが一緒にいる限り決して得られないことを手にしたかった。

 

ユノの潔癖さを、僕はよく知っている。

 

僕も同様だということを、ユノはよく知っている。

 

せーので、僕らは繋いだ手を放した。

 

同時に見えて、実は僕の方が先に手放したんだ。

 

彼女との婚約を伝えたのは、僕が先だったから。

 

さよならは言わなかったけれど、「じゃあな」と片手を挙げて、僕たちはあっちとこっちへ歩み出した。

 

ところが...。

 

ある晩、ユノを呼び出した。

 

その日はユノは現れなかった。

 

僕はもう一度呼び出した。

 

ユノがドアをノックするまで、しつこく何度も彼を呼んだ。

 

18日目、ユノがドアの向こうから現れ、僕はむしゃぶりついて、懐かしい香りを吸い込んだ。

 

 

・・・

 

 

僕らの逢瀬は今夜が最後。

 

このベッドで、どちらのものか分からない体液まみれになるのも最後だ。

 

頭の芯まで痺れる、究極の快楽。

 

開いてるはずの僕の目には何も映っておらず、真白に光はじける波間に背中から墜落した。

 

「チャンミン?」

 

ユノに頬を優しく叩かれ、僕は意識を取り戻す。

 

呼吸を忘れていた肺いっぱいに、精の香りを吸い込んで、僕は跳ね起きた。

 

ユノの全身を...濡れそぼるユノのアソコも、脇も足の指も全部、ぺろぺろと舐めた。

 

くすぐたがって身をよじらせるユノを押さえつけ、膝に肩にと歯をあてた。

 

「今生の別れじゃないんだから...」

 

ユノは呆れ顔でそう言うけれど、ユノのことを信じているけれど...。

 

「チャンミン、俺を奪いにくるか?」

 

「ユノこそ...僕を奪いにくる?」

 

僕たちの視線が一直線にぶつかった。

 

ユノの瑞々しく濡れた瞳が、真剣で優しかった。

 

僕も真心を込めて、見返した。

 

身支度をした僕たちは、同時に立ち上がった。

 

「さよなら、チャンミン」

 

「さよなら、ユノ」

 

窓のない狭い部屋。

 

午前6時きっかり。

 

朝日が昇っているかは確認できない、ベッドがあるだけの部屋。

 

僕らは同時に、この部屋を出た。

 

こうして僕らの逢瀬は終わった。

 

 


 

 

~ユノ~

 

 

俺たちが別離を選んだ訳は、単純な話だ。

 

俺にフラれた女をチャンミンが慰め、チャンミンにフラれた女を俺が慰めた。

 

当時、俺たちは深く愛し合っていたはずなのに、ぐらりと女によろめいた。

 

俺もチャンミンも、女に欲情できる質だったから、始末が悪い。

 

共に30を越え、常識とか世間とかを気にし出した。

 

俺はチャンミンから離れ、チャンミンは俺から離れた。

 

そして、俺たちはそれぞれ、誰かのものになった。

 

チャンミンの手を先に離したのは、俺の方だ。

 

浮かれたチャンミンの言動と、罪悪感交じりの俺への視線に直ぐに気付いた。

 

輝かしく見えた未来を、先に掴みかけていた俺。

 

チャンミンの告白を待っていた。

 

「ごめん」と謝り俯くチャンミンの肩を叩いた俺は、「おめでとう」と言った。

 

それから、「実は...」と俺の告白タイム。

 

つくづく狡い男だった。

 

 

 

 

あれから半年後、チャンミンが俺を呼びだした。

 

俺は耳を塞ぎ、目をつむって無視ができたのも、最初の数回で、その次の数回はドアの前までいって、ノックをすべきかどうしようか、思い迷った。

 

このドアを開けたら最後、引き返せなくなることが分かっていたからだ。

 

さらに数回後、我慢の限界点を越えた俺はドアノブをひねった。

 

抱きつくチャンミンの勢いで、俺の背中でドアが鈍い音を立てて閉まった。

 

あれ以来、俺たちはあの小部屋に閉じ込められている。

 

現在の俺たちの全てを占めているのは、「今度こそ一緒になりたい」だけ。

 

これから、俺たちは酷い男たちになる。

 

これから、彼女たちを捨てる。

 

 

・・・

 

 

彼女が寝入ったのを確かめ、俺はベッドを抜け出した。

 

一度だけ眠る彼女を振り返り、1分見つめた。

 

ゆっくりと深呼吸をひとつだけして、俺は彼女に背を向けた。

 

暗闇の中手早く着替え、用意していた書類をダイニングテーブルに置く。

 

必要最小限のものだけを詰めたバッグを手に、家を出た。

 

この部屋に戻ることはもう、ない。

 

 


 

 

~チャンミン~

 

 

残業だとかで、彼女は未だ帰宅していなかった。

 

僕は書類と共に、便せん1枚にしたためた手紙を、食卓テーブルに置いた。

 

僕の私物は全て、昼間のうちに処分しておいた。

 

5年共に過ごした彼女を、僕は無情に捨て去る。

 

僕は残酷な男だ。

 

 


 

 

~ユノ~

 

真夜中の高速道路、急く気持ちを抑え、制限速度ぎりぎりを保って愛車を走らせていた。

 

眠気覚ましに買ったコーヒーに口をつけ、その熱さに舌を火傷してしまう。

 

「チャンミン...本気で噛みつくんだから」

 

あるはずのない傷が、ひりひりと痛みだした。

 

 


 

 

~チャンミン~

 

 

夜行バスに乗り込んだ。

 

デイパックを棚に放り込んだ僕は、シートに深々と腰を沈め、備え付けの毛布で身体を包み込んだ。

 

僕の胸に散っているであろう、想像の鬱血の花が、熱を帯びてちりちり疼く。

 

胸がドキドキする。

 

「ユノ...」

 

声に出さずに僕は、彼の名前をつぶやいた。

 

 


 

 

~ユノ~

 

 

夢の中で逢っていた。

 

5年間、夢の中で抱きあっていた。

 

互いを恋焦がれる思いが、俺たちに同じ夢を見せた。

 

場所はいつも同じで、ベッドがひとつあるきりの、窓のない小さな部屋だ。

 

俺たちは夢の中で、抱きあい愛し合い、会話を交わし合う。

 

午前6時まで、夢の中では俺たちは恋人同士。

 

恋焦がれている俺たちなのに、一度は互いを手放した。

 

なぜ?

 

分からない。

 

手放すに至った事情や、誤った選択をしたのはお互いさま。

 

それを責め合ったり悔やまないのは、俺たちの暗黙の了解だ。

 

今、俺たちは彼女たちを絶望の底に落とし、人生を狂わせた。

 

そのことに罪悪感をさほど感じないほどに、俺たちは狂っている。

 

午前6時に俺たちは、リアルな世界でそれぞれ目を覚ます。

 

ベッドの中で、しばらく甘やかな余韻に浸る。

 

今夜も会いにいくよ、と。

 

隣に眠る彼女の長い髪が視界に飛び込み、一瞬で現実に引き戻される。

 

この繰り返しだった。

 

月日が経つうちに、どちらの世界が現実なのか区別がつかなくなった。

 

夢で逢いましょう。

 

嫌だね。

 

かつてのように、現実世界で逢いましょう。

 

 


 

 

~チャンミン~

 

 

バスを降りた僕。

 

道中ずっと、眠っていた。

 

夢の中にユノは現れなかった。

 

僕も、あの小部屋に近づかなかった。

 

僕らはもう、あそこで逢うことはない。

 

きんと冷えた空気は透明で、清々しかった。

 

白々と明けてゆく空。

 

駅構内の掛け時計を見上げて、心臓がドキンと大きく打つ。

 

午前6時。

 

それは、僕らを昨日と今日に分ける時刻だった。

 

「また明日」と小部屋のユノと別れてから、僕の今日が始まっていたのだ。

 

「チャンミン!」

 

振り向いた先に、ユノ。

 

運転席から手を振るユノの背後、朝焼けのオレンジがまぶしかった。

 

「ユノ!」

 

5年ぶりのユノだった。

 

夢で見るよりずっと、ずっと逞しく精悍で、それから華やかで...最高だ。

 

僕はユノの元に駆け出した。

 

僕たちはなんて罪深い男たちだろう。

 

冷酷で非情な二人の男たち。

 

彼女たちの不幸を踏み台にして得た、僕らのこれから。

 

出逢ってから十数年経つのに、好きで好きでたまらない。

 

罪悪感の欠片もないくらい、僕たちは愛に狂っている。

 

 

(おしまい)

 

BL的短編集

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」