ホテル-結婚前夜-(後編)

 

「違うよ、ユノ」

 

「?」

 

「思い出させてごめん、の意味じゃないんだ。

そうじゃなくて...」

 

ユノの小さな鼻先に、ちゅっと音をたてて口づける。

 

「ヤキモチだよ。

ユノが他の女の人と抱き合ったり、キスしたりしてたことを想像したんだ。

そうしたら...」

 

こぶしでとん、と裸の胸を叩いてみせた。

 

「胸が苦しくって...。

ユノと関係した全女性に、僕は嫉妬する」

 

「チャンミン...」

 

ユノの曇った顔がみるみるうちに、ぴかぴかに光ったものに変化していった。

 

「嬉しいことを言ってくれるんだなぁ」

 

ユノは僕の頭を抱え込んで、玩具みたいに左右上下に振る。

 

「ユノ!」

 

「ヤキモチ妬いてるのか!?」

 

ユノの声が1トーン高い。

 

僕のちょっとしたヤキモチが、ここまでユノを喜ばせるなんて。

 

しつこく頭をシェイクされて、たまりかねた僕は、「抜いちゃうよ!」と叫んだ。

 

繋がったままの言葉のやり取り。

 

話題は何であれ、律動運動を再開すれば気まずい雰囲気くらい、すぐに吹き飛ばせる。

 

互いの気持ちを確認した後だったら、もっともっと、その動きは激しいものになる。

 

「それは困る」

 

ユノは僕の頭を挟んでいた手を離すと、その手をジグザグに落としていった。

 

到達したのは、僕の弱いところ。

 

ユノの手と口によって、さんざん開発されたところ。

 

5年の空白期間を経た現在も、身体は覚えているものだ。

 

ユノの4本の指が、僕の両乳首をきゅっと摘まんだ。

 

「あぅっ」

 

「どう?」

 

「...足りない」

 

「これくらいか?」

 

「ああぁっ...いいっ...もっと」

 

今度はきつくひねられて、両先端からちりちりと快感の電流が下腹に向かって流れる。

 

「っうん...それ、くらい...ああっ...いい」

 

どうしよう...滅茶苦茶気持ちがいい。

 

くっくと下から小刻みに揺らされて、僕は天を仰いで喉を反らした。

 

僕の両腕は後方にだらりと落とされ、腰の動きに合わせてユノの膝をさわさわとくすぐっている。

 

「いい...すごく...いいよっ...」

 

ユノは再び背中を柔らかいマットレスに横たえた。

 

「チャンミン。

お前の慰めはその程度か?

もっと腰を動かせよ」

 

ユノは頭の後ろで腕を組み、にやりと唇をゆがめた。

 

気品を感じさせる、小さな唇...ふっくらとした女性的な唇。

 

その唇で乱暴で淫猥な言葉を紡がれると、それだけで感じてしまって僕の尻の締まりがぐっと良くなるのだ。

 

ユノはそんな僕をよく知っている。

 

知ってて煽るのだ。

 

この柔らかく、広い贅沢な寝台は、聞き苦しい金属音をたてたりしない。

 

僕らの営みをどっしりと受け止めてくれる。

 

そう。

 

これは、営みだ。

 

5年間の空白期間を埋めるための営みだ。

 

 

ドアを開け、角を曲がってすぐに視界に飛び込んできたのが、天蓋付きの真っ白な寝台。

 

疲れ切っていたユノは、バッグを放り出し、靴を履いたままダイブした。

 

子供じみた行動に僕はクスクス笑いながら、ユノの真似をした。

 

目が詰まったさらさらの、糊のきいた厚手のシーツ。

 

「慰めてあげる」と、枕に顔を埋めたユノの耳元で囁いた僕。

 

気持ちよくさせてあげる。

 

心を今すぐ癒やしてやることは無理でも、肉体が感じた...頭の芯が痺れるほどの...快楽が、少しでも精神に影響してくれたらいいな、と思う。

 

この部屋なら。

 

未だ褒められたものじゃない僕らの関係が、真っ白で清いものだと錯覚できそうだった。

 

 

またがった僕が腰をくねらすのを、ユノは観察する目で見上げている。

 

僕は後ろ手にマットレスについて、反らした上半身を支える。

 

「いい眺めだ」

 

ユノの左手は僕のペニスを捕らえ、半勃ちだったそれをたちまち大きく固く育ててしまった。

 

「...駄目ぇ...!」

 

中からも外からも、両方から与えられる快感に、おかしくなりそうだった。

 

「チャンミン。

お前だけ気持ちよくなってどうする」

 

とがめの言葉に、ユノの手の中で僕のペニスが固さを増す。

 

ユノを慰めるはずの僕が、リードすべき僕が性に溺れていてどうする?

 

ユノの手首を押しやって、指の間から僕のペニスを抜き取った。

 

僕の顎は開きっぱなしになっていて、だらだらと唾液が首をつたっている。

 

もう駄目だ...おかしくなりそうだ。

 

「ガクガクじゃないか」

 

ユノが呆れたように笑った。

 

「ごめ...ごめ...っん...」

 

グラインドさせていたはずの腰が、ユノの上に全体重を預け、踏ん張ることすらできなくなっていた。

 

「痩せすぎなんだよ」

 

ユノは半身を起こすと、そのまま僕を仰向けに組み敷いた。

 

ユノの手は、僕のうなじを支えてくれる。

 

柔らかいマットレスの上なのだから、後ろ向きに倒れても痛くはないのにね。

 

真上に迫った切れ長の黒目がちの眼は、いつもは涼しげなのに今は、らんらんと輝いている。

 

柔らかな前髪がうつむいたせいで額を覆い、ユノの見た目を幼くさせていた。

 

残念なことに、今の僕にはユノを視線で愛でる余裕はない。

 

「それとも...快すぎるのか?」

 

そう囁くと、僕の耳たぶを食み、舌先で溝をちろちろと滑らせた。

 

「うん...うん...うん...」

 

かくかくと馬鹿みたいに頷いて、ユノの首にしがみつく。

 

とても...恥ずかしい恰好をしている。

 

僕の両膝はユノの肩に背負われて、何もかもが丸出しになっている。

 

「んあっ..!」

 

抜ける一歩手前まで腰をひき、一気に突き刺される。

 

冗談じゃなく、内臓がどうにかなってしまいそう。

 

突かれるごとに悲鳴じみた声があがり、それがユノを煽ることを僕は知っている。

 

「痛いか?」

 

「いいっ...いい...きもちぃっ...」

 

僕は首を横に振る。

 

のけぞる喉に、浮き出た青筋に、皮膚のやわらかな箇所を狙ってユノが吸い付く。

 

痛みすら快感だった。

 

僕らのセックスは奪い奪われるような、半ば暴力的なもの。

 

そうであっても、互いが垣間見せる優しさに感激し、その度に相手をより好きになる。

 

ユノのスライドの間隔が短くなり、叩きつける力が増してきた。

 

絶頂が近い。

 

この時にはもう、前がどんな具合になっているのか分からなくなってしまい、ただただ、腹底を叩く強烈な快感のとりこになっていた。

 

 


 

 

僕らはかれこれ2日間、この部屋を出ていない。

 

寝台で愛し合い、浴室で愛し合い、ソファで愛し合い、床を転がりまわって愛し合った。

 

ふかふかのカーペット敷きのここは、組み敷かれても背中が痛くない。

 

僕の肛門は悲鳴をあげていて、それならばと前ばかり攻められ、1滴残らず搾り取られた。

 

全身の骨という骨がギシギシと軋み、ぎくしゃくとした歩き方に、背後からユノの弾ける笑い声が降ってきた。

 

僕がついた小さな嘘も、すぐにバレてしまった。

 

「5年前ってのはサバ読みだな。

チャンミンは、無害そうな顔してて、精力だけは強いからなぁ。

で、ホントはいつが最後だ?」って。

 

ユノの眼に捕らえたら嘘がつけない。

 

白状する代わりに、僕はルームサービスのワゴンからそれをとって口に放り込む。

 

よく冷えたフルーツ。

 

甘く冷たい果汁をこぼさないようそのままに、ユノの可愛いくしぼんだペニスを頬張った。

 

ユノの喉から低い呻き声が漏れる。

 

「いいよ...それ...すげぇ、いい」

 

ユノは僕の髪を指ですく。

 

優しい手つきに、頭皮から首筋へと甘い痺れが走る。

 

僕は丹念に舐め上げる。

 

ユノの指がうなじへと差し込まれ仰向くと、僕の唇がすっぽりと覆われた。

 

赤い果汁を交換し合うキス。

 

僕らの身体はべたべたで、苺の甘い香りに包まれた。

 

「なあ、チャンミン。

俺たちが丸一日一緒に過ごすのは、初めてだよな」

 

「ホントだね」

 

全くもって...その通りだった。

 

 

 

確かに僕たちは、2、3時間の慌ただしい逢瀬が常だった。

 

誰にも言えな秘密の繋がり、それぞれの恋人を裏切る後ろめたさ。

 

罪悪感を抱きながらの逢瀬は、まっとうな生活のいいスパイスになってくれた。

 

性的な興奮を高めてもくれた。

 

しかし…いつからかうっすらと気付いていた。

 

この関係には、目的地がない、と。

 

幸せにはなれない類の関係だと。

 

 

 

 

「…最高だ」

 

ぽつりとつぶやいたユノの言葉に、僕も同感だ。

 

「なあ、チャンミン」

 

「ん?」

 

あらたまった風の言い方に、身構えた。

 

5年前の夜の、別れを告げられた時のことを思い出してしまったから。

 

「一緒に、住まないか?」

 

これっぽちも予想していなかった言葉に、僕の思考が止まった。

 

一緒に、住まないか。

 

僕の脳みそに言葉がしみわたるのを、ユノは待っていた。

 

無言で空を睨んだままの僕を、優しいまなざしで待ってくれる。

 

僕の様子に不安そうな素振りを、一切見せなかった。

 

自信があるのだ。

 

ユノは。

 

僕が頷くことを。

 

ユノのこういうところに、惹かれたんだった。

 

よかった。

 

この男を選んで、本当によかった。

 

「俺たちみたいな関係にはゴールインはない、って話したよな。

ゴールインに限りなく近いところ...同じ家に住むんだ。

どう思う?」

 

100回頷いても足りないくらいの大賛成だった。

 

「元気、でたか?」

 

「え…?」

 

「浮かない顔をしてただろ?

俺のことを心配し過ぎなんだよ」

 

そうかもしれない。

 

「よかった。

元気になったみたいで。

お前のことが心配だったんだ」

 

僕がユノに癒されててどうするんだよ。

 

「ユノを癒す」という使命感に燃えていた僕。

 

肩ひじ張った緊張感を、ユノの瞳は敏感にキャッチしていたのだろう。

 

ユノの前では、僕は心も体も丸裸にされてしまうのだ。

 

僕はこの男が好きだ。

 

この男に捕まえられて、僕は幸せだと思った。

 

 

(『ホテル』おしまい)

 

Honeymoon(BL)

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」

TOP