【BL短編】彼のTシャツ

 

~ユノ~

 

 

身体を丸めて眠るチャンミンを起こさないよう、

 

マットレスを揺らさないよう、

 

そっとベッドから降りた。

 

すやすやと眠るチャンミンの寝顔があどけない。

 

夢を見ているのだろう、細かに震えるまぶたにそっと唇を押し当てた。

 

昨夜、俺たちが脱ぎ捨てていった衣服を、順番に拾い上げていく。

 

胸に沁みる甘い余韻。

 

ちょっとしたイタズラを思いついた俺。

 

きっと驚くだろうな。

 

そして、ちょっとだけ怒るだろうな。

 

でも、お前のことだから、最後には笑顔になってくれるはず。

 

 


 

~チャンミン~

 

目覚めたら隣にはユノはいなくて、半身を起こしてぼんやりした頭で昨夜のことを思い出す。

 

長期出張から戻ったばかりのユノに、性急に求められるまま身を預けた。

 

僕たちが抱き合うのは1か月ぶりだったから、それはもう...。

 

重だるい身体も、甘い余韻だ。

 

コーヒーのいい香りが漂ってくる。

 

床に散らばっているはずの下着を探したけれど、見当たらない。

 

困ったな。

 

「起きた?」

 

ユノが寝室に僕を呼びに来た。

 

「朝ごはんが出来たよ。

キッチンまでおいで」

 

慌てて僕は布団にもぐりこみ、顔だけ出した。

 

抱き合う時は、いくらだって裸の姿をさらけ出せるのに、一夜明けて、朝日の下では恥ずかしい。

 

「僕の服は?

とってくれる?」

 

とお願いしたら、

 

ユノったら、

 

「残念なことに...ないんだ」

 

って、困った顔で言うんだ。

 

「ない?」

 

意味が分からなくて、首をかしげていたら、

 

「全部、洗濯機に放り込んじまった。

俺のものも、お前のものも」

 

「ふふん」とユノは笑う。

 

「えぇぇ!?」

 

「俺のTシャツを貸してやるよ。

さあ、とっとと起きた起きた。

腹ぺこだ。

飯にしよう」

 

手渡されたTシャツに袖を通すと、ユの匂いに包まれて、甘やかな気持ちになる。

 

 

 

 

「いい眺めだ。

色っぽいなぁ」

 

お腹から下がすうすうする。

 

僕が身につけているものといえば、ユノのオーバーサイズの白いTシャツだけ。

 

「恥ずかし過ぎる!」

 

「チャンミン、その手を離して欲しいなぁ」

 

「やだよ」

 

「ちょっとだけ」

 

手を合わせてウィンクなんかしちゃって、ずるいよユノ。

 

渋々、ユノのお願いに応えてあげる。

 

「いいねぇ。

見えそうで見えない...ってことないか、もう見えてるな。

下からちょろっとはみ出してるとこが、そそる」

 

「タイムアップ!」

 

「ケチ」

 

「昨夜いっぱい見せてあげたでしょ?」

 

「もっと見たいのになぁ...」

 

ユノが引いてくれた椅子に、Tシャツの裾をぎゅっと引っ張りながらそろそろと腰かけた。

 

お尻がひやっとする。

 

「はい、コーヒー」

 

「ありがとう」

 

ユノが淹れてくれたコーヒーは、熱くて濃くて、インスタントなのにとても美味しい。

 

ベージュのニットを着たユノの広い背中を見つめる。

 

僕のために、美味しいものを作ってくれるユノの背中。

 

ぎこちない手の動き。

 

思わず手を出したくなったけど、ここは我慢。

 

ここで立ち上がったら、えっちなユノを喜ばせてしまって、朝ご飯どころじゃなくなるよね。

 

散らかったキッチンカウンター。

 

鼻歌を口ずさみながら、フライパンを揺する背中。

 

焦げてしまったパンの香り。

 

オーブンミトンをはめた手。

 

ちろりと舌を出して僕の方を振り返って、肩をすくめたユノ。

 

Tシャツの裾を握る僕のこぶしと、裸の太もも。

 

こういった、日常のちょっとした景色の1カットを、

 

ユノと過ごすひとときを、大切にしたいと思った。

 

 


 

~ユノ~

 

 

「乾燥機が壊れちゃったんだよなぁ。

乾くまでに...丸一日はかかるよ、きっと」

 

と、ほとほと困り切った表情をして見せたら、

 

「帰れないじゃないか!」

 

って当然ながら、チャンミンは怒った。

 

「困ったなぁ

どこにも出掛けられないなぁ」

 

そう言ったら、チャンミンは俺の作戦に気付いて、

 

「仕方がないなぁ」って苦笑した。

 

俺はチャンミンの、不貞腐れて頬をふくらませた顔が大好きなんだ。

 

眉毛なんて目いっぱい下がって、すげえ可愛い。

 

ブラインドを閉きった窓ガラスの向こうに、初冬の薄青い空が広がっている。

 

今日も寒くなりそうだけど、

 

ストーブをたいた暖かい部屋で、俺たちは一日二人きり。

 

さあ、何をして過ごそうか?

 

何をするって?

 

それはもう...決まってるでしょ?

 

(おしまい)

 

 

BL的短編集

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」