【BL短編】君は僕の宝物~Six in the morning~

 

 

ユンホさん...早く帰ってこないかなぁ。

 

僕は毛布を頭からかぶって、カーテンの隙間から道路を見下ろしていた。

 

12月の夜明けは遅いから、外は当然真っ暗。

 

しんしんと雪が降り積もっていて、窓ガラスに押しつけた鼻先が結露で濡れた。

 

電気料金がはね上がっては困るから、極力ストーブはつけないようにしている。

 

でも...もうすぐユンホさんが帰ってくるから、部屋を暖めておこう。

 

 

 

 

僕らは貧しかった。

 

ユンホさんのお給金も多くはない。

 

加えて僕は、身体が虚弱でフルタイムで働くことができない。

 

それならばと、始めたスーパーマーケットのアルバイトも、品出し中に倒れてしまって務まらなかった。

 

僕の薬代が家計を圧迫して、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

 

ユンホさんの役に立ちたい。

 

無力な自分が情けなくて泣いていたら、

 

「チャンミンは家で俺を待っていればいい。

図書館で好きなだけ本を読んでいてもいい」

 

と、読書好きな僕のために気遣いの言葉をくれるのだ。

 

「でも...。

ユンホさんだけ働いていて、僕だけ遊んでいて...そんなの駄目です」

 

そう言ったらユンホさんは、

 

「チャンミンが好きなことをして楽しそうにしてくれるだけで、俺は幸せだ」

 

なんて言ってくれるから、僕の涙は止まらない。

 

「チャンミンは泣き虫だなぁ」と、僕の頭を撫ぜてくれる。

 

 

ユンホさんはジャム工場で働いている。

 

少しでもお給金が多い方がいいからと、夜勤シフトで一生懸命働いている。

 

僕は毎晩、布団の中でひとりユンホさんを待っている。

 

僕は夜、ユンホさんは昼に眠るから、布団はひと組で足りるのだ。

 

ユンホさんが帰宅する1時間前には起床して、ユンホさんのためにご飯を作る。

 

朝の5時きっかりに、ユンホさんは玄関ドアをこんこんとノックする。

 

僕は喜び勇んでドアを開け、イチゴジャムの香りを漂わせたユンホさんに抱きつく。

 

ドアをノックして、僕が出迎えるのを待ってるくせに、

「ちゃんと寝ていないと駄目だろう?」って、毎朝ユンホさんに怒られるんだ。

 

ユンホさんに小言を言われて嬉しいだなんて、僕は相当ユンホさんに参っている。

 

 

ユンホさんと暮らすうち、やりくりもうまくなってきて、節約料理のレパートリーも増えた。

 

今日はクリスマス。

 

ユンホさんを喜ばせたくて、特別なことをしてあげたい。

 

プレゼントを買ってあげることは出来ないけどね。

 

だからこの日の為に、僕はコツコツと準備をしてきたのだ。

 

 

 

僕らは駆け落ちした身。

 

誰にも頼れない。

 

でも、ユンホさんがいてくれれば、僕は幸せだ。

 

ぐうぐう眠るユンホさんの寝顔を見ながら、本を読む時間は僕にとっての至福の時。

 

 

 

5:10

ユンホさんが帰ってこない。

 

5:15。

まだ帰ってこない。

 

5:20。

ドアは静かなままだ。

 

5:25。

残業しているのかな。

 

この部屋には電話がないから、連絡のしようがない。

 

おかしい。

 

こんな時間までユンホさんが帰ってこないなんて、おかしい!

 

事故にあったとか!?

 

5:30

 

じっとしていられなくて、オーバーを羽織り、スニーカーをつっかけて外に飛び出した。

 

ぼた雪が頬に落ち、すぐさま解けて僕の顔を冷やしていく。

 

キャンバス地のスニーカーも、べた雪がすぐさま沁みて足先がかじかんだ。

 

「あ...!」

 

坂の向こう。

 

あのシルエットは...。

 

「ユンホさん!」

 

「チャンミン!」

 

ユンホさんに向かって走り出す。

 

足がもつれてつんのめり、転倒する直前にユンホさんに抱きとめられた。

 

「馬鹿野郎!

外に出てくるなんて!」

 

「だって...だって。

なかなか帰ってこないし。

心配で...心配で」

 

 

僕はユンホさんの二の腕に取りすがる。

 

「ごめんな。

忘れ物をしちゃって、引き返したんだ」

 

「そんなの置いていけばいいじゃないか!

どれだけ心配したかっ...!」

 

僕には、ユンホさんしかいないんだ。

 

ユンホさんは着ていたオーバーを脱ぐと、僕に羽織らせる。

 

ふわりとユンホさんの体温と香りに包まれて、凍えた身体が一瞬で温まった。

 

ユンホさんのオーバーコート、安物で着古して裾が擦り切れた、毛玉だらけの...。

 

今年の冬は寒さ厳しいから、「新しいものを買って」と何度もお願いしていたのに。

 

いつになっても古いこれを着続けていて。

 

「そういうわけには行かなくて、さ。

 

ちょっと早いけど...ま、いっか」

 

そう言って、ユンホさんは手にした紙袋をゴソゴソやっていたかと思うと、

 

「あ...」

 

最初は何なのか分からなかった。

 

ふかふかの柔らかなものにあご先まで埋もれて、この温かいものに両手を添えた。

 

「これ...?」

 

「俺からのクリスマスプレゼント」

 

貧乏人の僕でも、これがいいモノだって分かる。

 

「でも...」

 

「これはね、ストールなんだ。

今みたいに首にぐるぐる巻きにしても...」

 

首にかけただけのものを、ぐるりと二重巻きにしてくれた。

 

「うん、可愛い」

 

ユンホさんは身を引いて、僕の全身を見て満足そうに頷いた。

 

「大きいから膝かけにもできる。

本を読むときにいいんじゃないかな?

あの部屋は寒いからね」

 

ユンホさんがどうやって、これを手に入れたのか分かってしまったけど、僕は口に出さない。

 

「僕のものより、自分のオーバーを買ってよ!」だなんて、ユンホさんを責めるみたいなことは言いたくない。

 

満面の笑みを浮かべた「ありがとう」。

 

ユンホさんが欲しいのは、このひと言だって知ってるから。

 

「いいものを貰ってきたんだ。

さあ、早く家に帰ろう」

 

「いいものって?」

 

「帰ってからのお楽しみ」

 

僕らは手をつないで部屋に向かう。

 

 

 

 

ユンホさんがバッグから取り出したのは、大きなガラス瓶。

 

「ジャム...?」

 

「ジャム工場に勤めているのに、一度も持ち帰ったことなかっただろ?」

 

「もらってきて...大丈夫だったの?」

 

ユンホさんはキャップを外し、台所からとってきたカレースプーンを僕に差し出した。

 

「クリスマスだからな。

どうだチャンミン、スプーンですくって食べるか?」

 

「僕らは以心伝心だね」

 

「?」

 

僕も台所に立って、フライパンを持って食卓に置いた。

 

「何を作ったんだ?」

 

空腹のユンホさんの頬がゆるんでいる。

 

「ふふふ」

 

うやうやしく蓋を開けた。

 

「ケーキ?」

 

「うん。

オーブンがないからフライパンで焼いたんだ。

卵もいっぱい使ったから、美味しいはずだよ」

 

「うわぁぁ。

チャンミン、凄いよ!」

 

「クリームは買えなかったけどね。

ユンホさんのジャムがあるから、ちょうどよかった」

 

「ジャムケーキ?

初めて食べるよ」

 

黄金色の生地の上に、ルビー色のものをたっぷりとこぼす。

 

大きく切った一切れを、「あーん」と口を開けたユンホさんに食べさせる。

 

美味しい。

 

幸せだ。

 

ユンホさん...大好きです。

 

 

 

 

「ユンホさんに...プレゼントがあります」

 

僕は押し入れからそれを取り出して、背中に隠した。

 

ユンホさんがさっきしてくれたように、僕も同じことをした。

 

「マフラー?」

 

ユンホさんは首にひと巻きしたそれを、さっき僕がしたみたいに撫ぜた。

 

「うん」

 

「もしかして手編み?」

 

「うん」

 

僕のセーターをほどいて編んだもの。

 

ユンホさんの帰りを待ちながら、編みました。

 

「嬉しいなぁ」

 

ユンホさんの目が、猫みたいに細くなった。

 

「よかった...」

 

ユンホさんの笑顔は真夏の太陽みたいで、僕のハートをとろとろに溶かす。

 

 

12月の日の出は、もう少し後。

 

午前6時。

 

しっとりとした歯触りと濃厚な卵の風味。

 

甘くて酸っぱくて。

 

そして僕らは、イチゴジャム味のキスをした。

 

 

 

(おしまい)

 

BL的短編集

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」