【BL短編】交わした契り、四月の雪(後編)

 

 

罪の意識が、俺を興奮させ猛々しくさせるのだろうか。

 

女のように尻を突き出すあなたを抱くことは罪なのか。

 

高級な身体に触れるのは、土で汚れひび割れて、硬い俺の手なのだ。

 

 


 

 

あなたの二度目の縁談が決まった夜、俺は荒々しくあなたを抱いた。

「安心しなさい」

あなたは俺をなだめた。

「あなたがいなくなってしまったら、自分はどうかなってしまいます」

最初の結婚の時は、淡い恋心だった。

契りを交わした今となっては、この離別は想像を絶する痛みを伴う。

 

遠い遠い彼の地へあなたは行ってしまう。

「わたくしは、必ず戻ってきますよ」

あなたはそう言うが、果たせない契りだ。

 

「...不可能です...」

「口にしてはいけません」

しーっと、あなたの細指が俺の唇に押し当てられた。

「わたくしは交わした約束を、必ず果たす人間です」

あなたが何を言おうとしているか察した。

「魂...となって?」

「そうですよ、魂なら千里を越えて会いに来られます」

 

寒気が走った。

「菊花の約(ちぎり)ですか?」

「覚えていましたか」

あなたは、くすくすと笑った。

「駄目です!

死んでしまったら意味がないでしょう?

俺が赦しません!」

俺はあなたの肩をつかんで揺すった。

「肉体が足かせとなることもありますでしょう?」

「あなたのために、俺が魂となります」

「それはいけません。

ゆのが死んでしまったら、意味がないでしょう」

 

俺の肩に顔を伏せ、あなたはそう言った。

俺はあなたのために、身も心も捧げたい。

 

​・

 

 

俺たちの恋は、成就することはない。

俺は諦めかけていた。

 

 


 

 

今朝降った、季節外れの雪は溶けてしまった。

擦り切れた畳の寝床を見るのも、これが最後だ。

名残惜しい気持ちはない。

俺の気持ちは固まっていた。

 

 

 

 

皆が寝静まった頃、ガラス戸をコツコツと叩く音がする。

黒い外套を羽織ったあなたが、忍び込んできた。

大きな風呂敷包みを抱えている。

俺はあなたを引き寄せ、唇を吸う。

俺たちの足元に、外套と風呂敷包みが落ちる。

性急にあなたの着物を引きはがす。

白足袋を履いたままのあなたのふくらはぎに、舌を這わせた。

この後、俺の決心を聞いたあなたの返事が怖かった。

不安を打ち消すように俺は、うなじに、肩に、腹部に俺は接吻の道筋をつけた。

 

最後に平らな...肉体労働など縁のない...白い胸に顔を埋めた。

 

そこだけ柔らかな、桜色の小さな膨らみを吸って、噛んだ。

あなたの腰を引き寄せて、指で愛撫する。

俺たちは立ったまま繋がった。

(これが最後です)

 

ガラス張りの空間は、俺の呻きとあなたの甘い悲鳴...湿った破裂音だけ。

あなたは俺のうなじを撫でたかと思うと、ぎゅうっと後ろ髪をつかんだ。

髪がひっぱられる痛みすら、快感だった。

 

のけぞるあなたの喉を吸った。

 

あなたは俺の肩を噛む。

昨夜もそうだったように、俺は涙を流していた。

(もし、あなたに断られたら、

常夏の、天国のようなこの場所で、あなたを抱くのは今夜が最後になります)

 

 

「ハサミを用意してくれましたか?」

ぎりぎりまで燈心を絞った洋燈の灯りに、あなたの真剣な顔が照らされていた。

「渡すことはできません」

あなたはそれで、喉を突くつもりだ。

「いいから渡しなさい!」

「それはできません!」

制止する俺を振り切って、あなたはハサミを手にする。

そして、鷲づかみにした髪を、じゃきじゃきと切り始めた。

一切のためらいもなかった。

切り落とされた黒髪が、束になって床に落ちる。

取り巻くしがらみを、ばっさりと切り捨てるかのように、潔い行動だった。

 

最初の婿入りの時さえハサミを入れなかった、長く美しい黒髪だ。

「出家なさるおつもりですか?」

「まさか!」

あなたは可笑しくてたまらないといった風に、ころころと笑う。

「わたくしは欲深い男です。

禁欲の世界なんぞ、ごめんです」

たまらなくなった俺は、あなたの名前を呼んだ。

「俺と...逃げてください」

「ゆの...」

「俺と、行きましょう。

​ここから出ましょう!」

決心の言葉を叫んだ。

俺の叫びをきくと、あなたは裸のまま立ち上がり、風呂敷包みの結びを解いた。

「ゆのも着替えなさい」

メリヤスの詰襟シャツを頭からかぶり、着物と袴を身に着けた。

白足袋を脱いで紺色のそれに履き替えた。

「兄のものを失敬してきました」

あなたに急かされ、俺も木綿の着物に袖を通す。

「女の格好は、今夜でお終いです」

そして、二人の書生姿が出来上がった。

「あの中に入れてしまいます」

ひと抱えもある陶器の鉢を指さした。

今日の昼間、俺が中身を掘り出したものだ。

あなたの贅沢な着物も、俺の粗末なそれも、あなたが切り落とした髪も全部、この中に放り込んだ。

最後に脇によけておいた土をかけ、植え付けられていた苗木も元に戻した。

「庭を掘り起こしたりしたら、目立ちますでしょう」

泥だらけになった手で、汗を拭ったから、あなたの白い顔が黒く汚れてしまった。

汗が浮かんだ俺の額も、愛しいあなたの手で拭われた。

「わたくしたちの想いは、同じでしたね。

​夜が明けたら、行きましょう」

「夜のうちに、出た方がよいのでは?」

「暗闇では、洋燈の灯りでかえって目立ちます。

​つまずいて怪我をします」

冷静なあなたの判断に、俺は吹き出してしまった。

ざんぎり頭のあなたが美しかった。

贅沢三昧だったあなたが、これからの生活に耐えられないのでは、という不安は一切なかった。

あなたならやり抜く。

「当分の間は、これでしのげるはずです」

あなたは袂に忍ばせていたものを、俺に見せる。

宝石がはめられた髪飾りと真珠の首飾り、そして金時計。

「ふふふ、父の物も失敬してきました」

「あなたときたら...大胆ですね。

あなたのものと比べたら、うんと少ないですが。

俺も貯めてきたんですよ」

あなたは、笑った。

「わたくしは生き抜きますよ。

魂になんてなるものですか」

 

「死んでしまったら意味がない...でしたよね」

 

「その通りです」

「あなたの魂も肉体も、両方必要です」

「わたくしと同じ想いですね」

あなたは俺に頬をよせた。

「居が決まってからも、わたくしは男です。

ゆの、いいですか?

間違っても『坊っちゃん』と呼ばないように。

分かりましたか?」

「では、なんとお呼びすれば?」

「そうですね。

昌珉...そのままで呼びなさい。

それから、ゆの。

敬語は止めなさいね」

 

「はい。

それにしても...あなたは...。

ずいぶんと、

美少年に仕上がりましたね。

もっと深く帽子を被った方がよろしいですよ」

「ゆの、貴方もよく似合っててよ」

「では、行きましょうか」

あなたの手を握ると、立ち上がった。

「男同士が手を繋いでいたら、おかしいですか?」

「まさしく、禁断の恋、そのものですね」

俺たちは顔を見合わせて笑った。

俺たちの恋は、悲劇の物語にはしない。

決して。

 

 

 

(おしまい)

 

BL的短編集

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」