【後編の前編】禁断の行為

 

「ヒリヒリする?

ズキズキする?」

 

チャンミンは、兄弟どころか双子のように育ってきたユノのことが心配でならなかったのだ。

 

「痛くはないけれど...じんじんする。

ウズウズする感じかな」

 

件の箇所だけじゃなく、両脚の付け根のあたり一帯がなんとも形容しがたい感覚なのだ。

 

(なんだろこの感覚。

悲しいでもない、寂しいでもない)

 

この感覚をふさわしい言葉で言い表すと...身体が切なくうずく...。

 

性的に興奮する経験無しに生きてきたユノが、これをうまく言い表せなくて当然だ。

 

膨張したそこは、一向におさまる気配がない。

 

(俺は村一番、あそこがデカい男の人生を送るのだろうか?

牛追いの仕事に支障がありそうだ。

揺れて走りにくい)

 

ユノはその場で跳躍してみた。

 

ビョンビョンとそこは揺れた。

 

「腸詰のソーセージみたいだね」

 

この村では年に一度、丸々と肥えた豚を1頭しめる。

 

村民総出で解体し、血肉の全てを保存食にと加工する。

 

冷静なユノは、巨大になったこれと共存する生活を想像していた。

 

(それから、木の伐採や薪割りの邪魔になりそうだ)

 

ユノはここで、もっと重大なことに思いいたった。

 

(用を足すときだ!

手で押さえつけていないと...もろにかぶってしまうじゃないか)

 

用足しの場面を想像し、ユノの手はそろそろと怒張したそこへと下ろされた...。

 

そこはより敏感になっていた。

 

「はうっ!」

 

ユノの悲鳴にチャンミンはとび上がる。

 

「葉っぱで包もうか?

すり潰したものを塗ろうか?

僕が採りに行ってくるから、ユノは休んでいて」

 

チャンミンは落ち着かなげに、ユノの周りをウロウロしていたのだ。

 

森の奥には鎮静効果のある薬草が生えており、村人たちはそれを煎じたり練ったりして、万能薬として頼りにしていた。

 

「安静にしていてね」

 

チャンミンはユノの肩を押して強引に座らせると、森の奥に駆けていった...けれど、戻ってきた。

 

「僕が行っている間、泉の中に浸かっていたら?

冷やした方がいいよ。

火傷した時や蜂に刺された時はよく冷やせ、と言われたでしょ?」

 

「俺のこいつは蜂に刺されてもいないし、火傷もしていない」

 

「パンパンじゃないか。

見ていて痛々しいんだよ」

 

チャンミンはユノの足元にしゃがむと、腫れたそれにふうふう息を吹きかけた。

 

「ぅんん...ん♥」

 

「!!!」

 

生まれて初めて聞くユノの声に、チャンミンは驚いた。

 

(ユノが変な声を出している!)

 

ユノの敏感な箇所に顔を近づけた時、チャンミンはユノのそこが漂わせる匂いと弾力をたたえた形状に、説明がつかない欲求に襲われていた。

 

無意識にごくり、と唾を飲みこんでいた。

 

頬ずりしたくなったのだ。

 

(ユノの腫れたそこが愛おしくなってきた。

可愛がってあげたくなった。

ヨシヨシなぜなぜして...チューしたくなってきた)

 

ユノの先を舐めたくて、チャンミンはちろりと舌を出した。

 

(ちょっとだけ、ペロッとひと舐めしたら...だめかなぁ?)

 

「う、うん」

 

(ユノのおしっこが出るところをぺろぺろしたくなるなんて!

僕はユノが大好きだから、お尻の穴でも全~然平気なんだけどね。

お尻から汁が出るだけじゃなく、頭も変になったのかな?

これまで、ふざけてユノの首筋や肩をがぶがぶしたことあるし、怪我したユノの指を舐めたことはあるけれど...。

あ、そっか!)

 

「ねえ、ユノ。

ユノの腫れてるそこ...ぺろぺろしてあげようか?」

 

「ここを?」

 

「うん。

怪我した時とかさ、舐めてあげたでしょ?

でさ、次の日には治ってたじゃない?

少しはマシになるかもよ?」

 

熱っぽいウズウズ感のやり場に困っていたユノは、「頼む」と言って、バネのように弾むそれをチャンミンに差し出した。

 

チャンミンはユノの前で膝をつき、両手を合わせた。

 

「では...いただきます」

 

「い、いただきます?」

 

「あ~~!

ごめんごめん。

さっきのソーセージが頭に残ってて。

不謹慎だったね」

 

(心配なのは当然として、舐めたい欲求の方が強かったことは、ユノに内緒だ)

 

「ソーセージみたいに、ガブっと齧られるかと思ったよ」

 

「ユノに痛い思いはさせたくないからさ。

笑わせようと思ったんだ」

 

「チャンミンといると俺は万年愉快だ。

よし、やってくれ」

 

ユノはぐいと腰を突き出した。

 

(最初はちょっとだけ...)

 

チャンミンは舌先で、暴れているユノの先をつん、とした。

 

ユノの股間に稲妻が落ち、自然に逆らって頭頂部へと電流が流れた。

 

「はうっ!!」

 

チャンミンはユノを見上げて「大丈夫?」と訊く。

 

「いや...驚いただけだ」

 

ユノの鼓動は狂ったように早い。

 

チャンミンが身動きすると、ぷんとバターの実の匂いも動く。

 

(それから、動物的な匂いも。

発酵の進んだチーズのような、数日水浴びをしていない項のような...。

祈祷小屋のお香のような、盛りの過ぎた花のような。

癖は強いが頭の芯がくらりと揺れてしまう匂い。

チャンミンから匂ってくる!)

 

「...んっ」

 

ユノのそこは、1.1倍拡大していた。

 

(まずい...。

刺激を与えるとより腫れるんだ!?

これ以上、膨張してもらったら困る!

3本目の脚は要らない!)

 

「じゃあ、しゃぶるね?」

 

「いや...いい」

 

ユノは、股間に近づくチャンミンの口を塞いだ。

 

正直な気持ちは、「もっと舐めて欲しい、しゃぶって欲しい」だ。

 

目もくらむほどの快感を、ユノは生まれて初めて経験した。

 

(引き換えにここが膨張してもらったら困る。

限界まで膨れた結果、破裂してしまったら...!

ぶるぶるぶるぶる)

 

チャンミンは立ち上がり、身を震わせるユノを覗き込んだ。

 

(あ~あ。

舐めたかったのになぁ)

 

チャンミンは、ユノの先端から浮いた粘液を舐めとっていた。

 

(不思議な味。

ユノの味。

もっと味わいたかったなぁ...)

 

 

「無駄かもしれんが、証拠隠滅だけはしておこう」

 

バターの実の種を拾い集めるチャンミン。

 

身をかがめたチャンミンの引き締まった尻が、手を伸ばせば届く位置にある。

 

ユノのそこがますます腫れてきた。

 

(この感じ...一体何なんだ!

チャンミンの尻を見ていると、胃のあたりがきゅうっとなる。

股ぐらにきゅうっと力が入る)

 

ユノの視線を自身の尻にびんびん感じていたチャンミン。

 

(ユノが...僕を見ている。

 

僕のお尻を見ている。

 

お尻...お尻...お尻。

 

お尻はとろとろでぬるぬるなんだ。

 

穴の中が痺れてる痒い、熱を持ってる。

 

何かで栓をして欲しい!

 

栓をして、痺れて痒いところをゴシゴシして欲しい!)

 

チャンミンは後ろのユノを振り向いた。

 

(栓をするのにぴったりな棒があそこにあるではないか!)

 

 

 

(つづく)