(74)時の糸

 

 

「どうしよう!

『マックス』を知ってる人が登場しちゃったよ」

 

「落ち着いて、ユノ。

ここなら彼を知る者なんていないって、判断したのはセンターでしょ。

ユノの責任じゃないんだよ?」

 

Sはテーブルに伏せたユノの肩を叩いた。

 

「センターに報告しましょ。

そして、対策を練りましょ?」

 

「チャンミンをどこか遠くへやろう。

混乱してるみたいだし」

 

「慌てないで。

今の段階なら、人格がバラバラになってしまうようなことにはならないから」

 

「でもさ、段階的に早いじゃん。

雰囲気的に『マックス』と恋愛関係にあった風だったんだよ」

 

「ユノが心配してるのは、そのYKとか言う人とチャンミンがどうかなるかもしれないことじゃないの」

 

「......」

 

図星だったユノは黙り込む。

 

「ユノ。

チャンミンがYKを思い出すことなんて、100%あり得ないんだから」

 

「でもさ、記憶ってのは染みついてるものでしょ?

何かの拍子にさ、YKさんの側にいるうちに、匂いとかさ。

ぽろっと思い出すかもしれないじゃない?」

 

「うーん...あり得なくはないけど。

万が一、思い出したとしても、今のチャンミンは今のチャンミンなんだから。

『今が』確かなのよ。

かつてのチャンミンの『時』は、チャンミンには存在しないのよ」

 

「Sの旦那さんはどんな感じ?」

 

「そうねぇ...。

夫のMは、私と積み上げてきた『時』だけが、確かなもののようよ。

とは言っても、Mは事情を全部知ってるっていうのもあるけど」

 

「でしょ?

...チャンミンに打ち明けた方がいいのかなぁ」

 

「駄目!

ユノの判断で動いちゃ駄目。

指示を待ちましょう、ね?」

 

「う...」

 

「『マックス』だとか、元彼女にオロオロしてる前に、チャンミンとの確固たる関係を結びなさいよ。

...だって、好きなんでしょ?」

 

「うん...」

 

「元彼女の登場とか、真相を知った瞬間とか、そういうものに直面しても揺らがない関係を作りなさいよ」

 

「俺の任務が終わったら...俺、どっかに飛ばされるのかなぁ?」

 

「遠距離になるわね。

そうならないかもしれないし」

 

「でもさ、また新しい人の側に張り付くことになるんだよ。

チャンミン...絶対に嫌がるよ」

 

「尚更、今のうちに関係を深めなさいよ。

あなたを見るチャンミンの顔ときたら...。

気付いてなかったでしょ?

熱々の目をしてたのよ」

 

「ホントに?」と、ユノはここでようやく顔を上げた。

 

「本当よ。

今のチャンミンは、あなたが頼りなんだから、ね?」

 

 


 

 

「出ない...」

 

チャンミン宅のチャイムを鳴らしても、応答がない。

 

電話をかけても出ない。

 

(ったく、いつもいつもチャンミンは!

どうせ風呂にでも入ってるんだろう。

タイミングの悪い男だなぁ。

...今夜も裸を拝ませてもらうかな)

 

ニヤリとしたユノは、

 

「仕方がないなぁ...。

こいつの出番だ」

 

トートバッグから手の平サイズの端末を取り出す。

 

得意の小細工プログラムで、生体認識キーを軽く突破した。

 

「おーい、チャンミン!

来たぞ!」

 

部屋の中は暗く、洗面所から漏れる灯りだけだった。

 

(やっぱり、風呂か)

 

チャンミンを驚かそうと、洗面所まで抜き足差し足で近づいた。

 

ひょいっと頭だけを突っ込んで、大きな声を出そうとしたところ...。

 

「あり?」

 

真っ白で清潔な洗面所は、無人だった。

 

ただ、シャワーを使ったばかりで湯気が立ち込めている。

 

(...ってことは。

チャンミンのやつ...)

 

くっくっくと笑いが込みあげてきた。

 

(俺を驚かそうと、どっかに隠れているんだな。

可愛らしいことをしおって。

チャンミンのくせに100年早いのだ)

 

自分の姿が見られないよう洗面所の照明を落とす。

 

チャンミンの部屋の家具の配置は、だいたい頭に入っている。

 

(ダイニングテーブルはこの辺り...ソファをこう避けて...)

 

チャンミンが隠れているのは寝室だな、と当たりをつけて足音をたてずに...。

 

「どあっ!!!」

 

ユノは大きくつんのめる。

 

正面からどすんと、床にたたきつけられる、と覚悟したら、柔らかいものの上に着地した。

 

踏み出したつま先に何かを引っかけてしまったのだ。

 

「!!」

 

身体の下のぐにゃりとしたもの...まさぐると...。

 

「チャンミン!?」

 

ユノは、床に横たわっていたチャンミンにつまずいたのだった。

 

(どうしよどうしよ!)

 

即行飛び起きて、壁の照明スイッチを点ける。

 

チリひとつない白い床に、チャンミンがくの字になって横たわっていた。

 

「チャンミン!」

 

チャンミンを膝の上に抱き起こす。

 

固くまぶたを落としたチャンミンの頬を、叩く。

 

「こら!

起きろ!」

 

肩をぐらぐらと揺すった。

 

「起きろ!!」

 

シャワーを浴びたばかりなのか、濡れた髪から雫がしたたり落ちていた。

 

「チャンミン!」

 

(やっぱりYKさんの登場はショックが強かったか!?)

 

 

(つづく)

 

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」