【短編】サラリーマン

 

~ユノ~

 

眼を覚ますと、俺は俺と目が合わせていた。

 

最初の十数秒は、それが自分自身だと認識できなくて放心していた。

 

手を持ち上げて頬を触ってみると、真上の男も同じ行動をする。

 

目覚めて1分後、感覚と意識と思考の3つがようやく縒り合された。

 

(...鏡...か?)

 

「!!」

 

勢いよく起き上がった。

 

直後、耳元で銅鑼が打ち鳴らされたかのように、頭がぐあぁんと痛んだ。

 

「...っく」

 

頭を押さえてうずくまった時、むき出しの手足に気が付いた。

 

「!!」

 

俺は全裸だった。

 

(なぜ!?)

 

周囲を見回した。

 

(その前に...ここは...どこだ!?)

 

俺はベッドにいる...天使が踊る柄の壁紙、正面に巨大テレビ、複雑な造りの椅子...天井と壁の境目をぐるりと取り囲んだネオン管の灯りのおかげで、室内のアイテムをカウントできたのだ。

 

そして、天井...ベッド上...は、鏡ばりになっている。

 

(ここは...いわゆる...?)

 

俺は今、その手のホテルの一室にいるらしい...でも、なぜ!?

 

俺は記憶を辿る。

 

(この頭の痛さは二日酔いだ...昨日は...忘年会で...そうか、そりゃあ二日酔いになるよな。

終電を逃して、タクシー使うより、近くのホテルで泊まることに...ん?

なぜ、ラブホテルに!?

...ラブホテルということは...!)

 

俺は今になって、デカいベッドの反対端に誰かが寝ていることに気づいたのだ。

 

短髪頭、シーツからガッチリした肩...広い背中...裸の背中...裸?

 

(お、お...男!?)

 

さ~っと、血の気が引く音が聞えたかもしれない。

 

ばばっと股間を確認する。

 

そろそろと萎れた俺自身に触れて確認してみる。

 

ぬるり、とした感触。

 

「!!!!」

 

(...使用済みだ)

 

向こうを向いて眠る人物ににじりより、覗き込む。

 

(チャ、チャ、チャンミン君!?)

 

驚きのあまり飛び退いてしまった。

 

チャンミン君。

 

赴任先の支店スタッフ。

 

年齢と立場は俺の方が少し上。

 

業務上の会話しかかわしたことがなく、忘年会の席で初めて、プライベートの話をぽつりぽつりとしたような...。

 

(チャンミン君と俺は今、ラブホテルにいる...!)

 

もうひとつ確認してみたいことがあった俺は、再度にじり寄る。

 

シーツをそぉっとめくってみる。

 

(は、裸の尻...!?)

 

以上のことから導き出される答えはただ一つ。

 

俺は男と...チャンミン君とヤッたかもしれない!

 

「う~ん」

 

俺は頭痛以外の理由で頭を抱えてしまった。

 

目をつむって唸っているうち、おぼろげながら思い出してきた。

 

俺はチャンミン君と...『した』

 

あの時の感触、覚えているぞ。

 

...すげぇ気持ちよかった...かも、しれない!

 

 

遡って数時間前。

 

忘年会の三次会は、参加者わずか3名。

 

そのうちの1人の年長者は酔いつぶれてテーブルに伏せっており、残りの若い2人は、上司を残して帰るに帰れない状況だった。

 

上司の妻が運転する車が到着した時、2人は顔を見合わせて心の底からの安堵のため息をついたのだ。

 

若い2人はユノとチャンミンと言い、ユノは先月赴任してきたばかりの30歳で、チャンミンは2歳年下の28歳だった。

 

ユノには気になることがあった。

 

アルコールが入っていたせいなのか、チャンミンの自分を見る目が『普通じゃない』と感じていた。

 

(こいつ...もしかして...?)

 

「この手」の視線を浴びるのは実は初めてではなかったのだ。

 

(あの絡みつく視線。

さりげなく...でも、それと分かるように、頻繁に触れてくる)

 

なぜ彼らの好奇をくすぐってしまうのか、ユノ自身は全く気付いていないようだった。

 

ひと言で言い切ると、ユノという男はいい男だった。

 

女性うけする「ハンサム」というより「美男子」...男の美の本質を求める者たちにうけそうな空気を漂わせていた。

 

完璧なルックスの持ち主なのに、どこか隙だらけ...そんな点も、彼らの欲をくすぐったのであった。

 

ユノはノンケ...彼女いない歴3年。

 

(まさかな...。

俺自身が欲求不満だからって、チャンミン君が俺を狙ってるなんて...思い込みがイタすぎるな)

 

チャンミンにしてみても、ユノと同レベルの、ユノとはタイプは違うが『いい男』だった。

 

ユノと違うのは、チャンミンの恋愛対象は男だ...つまり、ゲイ。

 

ユノは割り勘分を支払おうとするチャンミンを制し、「じゃあな」と手を上げその場を立ち去ろうとした。

 

「あれ、どこに行くんですか?」

 

駅とは反対方向へ歩き出すユノを、チャンミンは追いかけた。

 

チャンミンはユノと離れがたかったのだ。

 

チャンミンはユノの存在が気になっていて、3次会まで粘ったのもユノと一緒にいたかったからだ。

 

一目惚れだった。

 

支店に赴任してきたユノと関わり合いを持ちたくて、今夜の忘年会は待ちに待った機会だったのだ。

 

(ユンホさんと仲良くなりたい)

 

チャンミンという男、温厚な大型犬のような眼をしているのに、気性は猪突猛進タイプだった。

 

距離を少しずつ縮めていく王道の方法など、生温くじれったかった。

 

(アルコールを言い訳に使わせてもらいます)

 

酒の強いチャンミン。

 

赤い顔をしている見た目ほど、酔っぱらっていない。

 

「酔い覚ましに歩いて帰るよ。

チャンミン君は?

ギリギリ終電に間に合うぞ?」

 

腕時計を見ようと、上げたユノの腕はチャンミンにがしっと掴まれた。

 

「!?」

 

突然のことで目をむくユノに構わず、チャンミンはユノにしなだれかかった。

 

「ユンホさん。

ホテルに行きませんか?」

 

(ああ、やっぱり)

 

ユノは観念した。

 

なぜならユノは、酒が強いフリがもう限界だった。

 

キャパを越えた酒量に、実際のところ意識は朦朧、足元もおぼつかなかったのだ。

 

「ユンホさん、フラフラじゃないですか。

ホテルで休みましょう」

 

チャンミンは幸せ気分でいっぱいだった。

 

(いきなり襲っちゃいますけど、許してくださいね)

 

 

部屋に入るなりチャンミンは、ベッドに寝かしたユノにまたがった。

 

ユノのジャケットを脱がせ、スラックスのベルトを外し、ファスナーを下ろした。

 

(ユンホさん。

僕が...)

 

スラックスも下着も下ろし、その中身を目にしてチャンミンの喉が「ごくり」と鳴った。

 

自身も下の物を全て脱いだ。

 

(僕がいいところに連れていってあげます)

 

チャンミンはユノの上にまたがると、用意を済ませたそこにユノをあてがい、じりじりと腰を落としていった。

 

 


 

 

Y

「え?

これで終わり?」

 

C

「うん。

ハッピーエンドでしょう?」

 

Y

「どこが?

『これからどうなるんだろう?』のところで終ってるじゃん」

 

C

「ユノを落とそうと、本気の火がついたチャンミンにロックオンされたんだ。

絶対にユノは落ちるって。

そういう予感がするように仕上げたつもりだけど?」

 

Y

「短編でおさめるには、テーマが大きいんじゃないのかな?

できればもう少し、確実にハッピーエンドになるって確信できるところまで読みたい」

 

C

「短編だと人物描写でページを割いてしまうんだよね」

 

Y

「短編は何本くらい掲載していくんだ?」

 

C

「今のところ、1年契約だから、最低24本。

文字数がだいたい決まってるんだ」

 

Y

「キャラ設定を固定したらどうだ?

主人公の二人は、どの話でも名前とルックスを同じにするんだ。

読者も人物像を掴む手間も省けるし、いい男だってことは事前に分かってるから安心して読める」

 

C

「そっかぁ。

いろんな映画やドラマに出演する俳優みたいなイメージだね?」

 

Y

「そうさ。

ストーリーや彼らの会話を集中して書くことができて、作者のチャンミンも楽しいんじゃないかな?」

 

C

「うん。

主人公たちにとって都合よく物事が展開するストーリーにしたいんだ」

 

Y

「主人公がどうして俺とチャンミンなんだ?

読んでて照れるよ」

 

C

「リアルでしょ?

これまでもこれからも経験していないシチュエーションで、ユノと恋愛がしたいんだ。

今さら僕らは高校生になれないでしょ?」

 

Y

「いい事考えるね。

これの〆切はいつ?」

Y

「3日後。

来月から掲載されるんだ」

 

Y

「今夜はもう少し書くのか?」

 

C

「疲れたからもう寝るよ

ユノは?」

 

Y

「あと1時間くらいテレビ見てから寝るよ。

...ん?」

 

C

「......」

 

Y

「...オッケ。

ベッドにいこうか?」

 

C

「ありがと」

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」