義弟(1)

 

 

~ユノ32歳~

 

 

初めて顔を合わせたのは両家顔合わせの祝宴の席だった。

 

当時、チャンミンは未だ15歳で、子供らしからぬ陰気な眼の持ち主だった。

 

難しい年ごろだからと、つとめてにこやかに話しかけた。

 

「やあ、君がチャンミン君?」

 

ところがチャンミンは、じとりと俺を睨みつけると席を立ってしまった。

 

どうやら嫌われたようだ。

 

感じが悪いガキだと思った。

 

 

次に会ったのは結婚挙式会場だった。

 

制服姿のチャンミンは、うつむき加減の猫背の姿勢で所在無さげに、居心地悪そうに家族席についていた。

 

会場内をぐるりと見渡す視界に、あの湿った睨み目がかすめていく。

 

敢えて目を合わすと、あからさまに目を反らしてしまうのだから、いい気分はしない。

 

チャンミンの存在を無視しようと、意識を披露宴に戻した。

 

俺は美しく可憐な花嫁の腰を抱き、親戚友人たちの写真撮影に応じる。

 

キラキラと光の粒が煌めいて、花の香り漂う幸福空間。

 

チャンミンの姉をエスコートする間中、首の後ろがちりちりと焦げつく感覚から逃れられなかった。

 

くそ生意気そうな、15歳らしくない老成した眼差しの少年に見られている。

 

俺のことを嫌悪していながら、気になって仕方がないことはお見通しだった。

 

歳の離れた美人の姉をかっさわれて、シスコンの怒りを買ってしまったかな、と。

 

いつもの俺だったら、好きにさせておこうとそのまま放置する。

 

だが、チャンミンに限ってはなんとかして接近をはからないと、と思っていた。

 

なぜなら、俺を睨みつけるその顔が彫刻のように美しかったから。

 

少年らしいふっくらとした頬のラインと、伸び盛りの骨っぽい身体を持て余している感。

 

言葉で表現できない代わりに全てを目力に込める、なんと不器用なことよ。

 

未開の地。

 

衣服を全てはぎとって、全部目にしたい欲に取りつかれた。

 

チャンミンを描いてみたい。

 

チャンミンの尖った視線を浴びながら、絵筆を動かしたいと強く望んだ。

 

 


 

 

 〜ユノ35歳〜

 

全身虚脱状態だが満ち足りた気分でソファに横たわっていた。

 

ぎしりとスプリングの音をきしませて、チャンミンは俺の身体をまたいで床に下り立つ。

 

慌ただしく、時間に追われるように抱きあって、俺は前を出しただけだったから上下とも着衣のままだ。

 

一方何かを身につけたままの行為を嫌うチャンミンは、一糸まとわぬ格好だ。

 

堂々とした後ろ姿。

 

俺が見惚れていることを知っているその背中。

 

自身の姿が美しいことを知っているのだ、この男は。

 

「何か飲みますか?

何がいいですか?」

 

「んー、水でいい」

 

勝手知ったる他人の家ごとく、チャンミンは遠慮なく冷蔵庫の中身を漁っている。

 

肩からウエストにかけての逆三角形を描くラインが美しかった。

 

屈んだ拍子に尻の谷間が露わになり、達したばかりなのに下腹が熱くなる。

 

あいにく今日はもう、時間がない。

 

あと15分もしたら、着がえて出掛けなければならない。

 

チャンミンは俺にミネラルウォーターを放り投げると、隣に腰掛けて自分用の缶ビールを一気にあおった。

 

唇についた泡を親指で拭ってやると、くすぐったそうに目を細める。

 

くしゃりと左右非対称に細められた目や、大きな口から覗く小さな前歯。

 

そのいずれもが、俺をとりこにしていた。

 

ここは事務所兼アトリエの一角。

 

4人はゆうに腰かけられる客用ソファで、つい5分前まで俺たちは抱きあっていた。

 

いつものごとく、不意打ちの来訪だった。

 

敢えてそこを狙ってきているのかと疑いたくなるくらい、バッドタイミングにふらりと現れる。

 

打ち合わせの資料と、タブレット端末をバッグに詰めていたところにチャイムが鳴った。

 

このクソ忙しい時に、と舌打ちした俺だったが、チャンミンに会えて嬉しがっている自分もいた。

 

「30分しかないんだ」

 

ドアを開けるや否や、唇を重ねてきたチャンミンの胸を押しやったところで、俺の方も彼が欲しくてたまらなくなっていた。

 

「...っふ...んっ...」

 

唇を重ねたままスニーカーを蹴飛ばし、シャツを脱ぎボトムスを下ろすチャンミン。

 

俺は玄関ドアに背中を押しつけられたまま、性急に素っ裸になっていくチャンミンに興奮度が高まっていった。

 

「待て...ここじゃなんだから...」

 

ぐりぐりと固くなったものを押しつけ、脚を絡めてくるチャンミンの腰をつかんで、ソファまで引きずっていく。

 

しわがつくのは困るな、とジャケットを脱いだところ、ぐいっとネクタイを引っ張られて窒息しそうになった。

 

「チャンミン...!

...っ待て...っ!」

 

先に横たわったチャンミンの手によりベルトとボタンを外され、ファスナーが下ろされた。

 

遠慮なく中のものを引きずり出すと、自身の後ろにあてがった。

 

チャンミンのペースにのせられた格好だったが、俺は彼が求める通りのものを与えてやる。

 

若さゆえのどん欲さに怯みそうになる時も多々ある。

 

チャンミンから逃げ出さずにいる理由は、圧倒的な美しさの罠にかかっているからか?

 

それは出逢ったばかりの話だ。

 

当時は恋愛感情によるものなのか、愛情抜きの肉欲によるものなのか...それとも単なる作品の被写体として、未だに制作意欲を沸き立たせてくれるからなのか、答えを導き出せていなかった。

 

今は違う。

 

全然違う。

 

ことの後、切羽詰まった表情がかき消え、代わりに晴れ晴れとすっきりとした表情になったチャンミン。

 

美味そうにビールを飲み干してしまうと、俺の肩にしなだれかかってきた。

 

「今日もお仕事ですか?」

 

「ああ」

 

「ふぅん」

 

絵画だけでは暮らしは成り立たないため、包材やノベルティのプロダクトデザインや商品ロゴやチラシ、Webサイトのアイコンボタンのデザインまで幅広く引き受けていた。

 

「俺はもう出かけるから。

合い鍵は持ってきてるだろ?」

 

ネクタイを締め直しジャケットを羽織り、乱れた前髪を手ぐしで整えた。

 

「忘れました」と、チャンミンはしれっと答える。

 

「チャンミン!

ったくなぁ!」

 

車のキーに付いていたものを外して、チャンミンに投げてやった。

 

「ごめんなさい。

夜に届けに行きますから」

 

「わざわざいいよ。

帰りにチャンミンの家に寄るよ」

 

「......」

 

返事がなく振り返ると、チャンミンは抱えた両膝の上に顎を乗せ、空を睨んでいた。

 

「“僕が”、“お兄さんの家に”、届けに行きます」

 

家にはBがいると言うのに...この頃のチャンミンは挑戦的だった。

 

今の俺には時間がない、折れるしかなかった。

 

「わかった。

なるべく早く帰ってくるよ。

帰宅したら電話する」

 

「はい。

義兄さんが帰ってきてから、鍵を届けにいきます」

 

ふくれっ面が笑顔になった。

 

いい年した男が、18歳の若造に夢中になっている。

 

チャンミンは義弟にあたる。

 

俺の妻、Bの実弟だ。

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」