(10)奥さま手帖-11月-

 

【旦那さん手帖】

<11月某日>

~〆切まであと1日~

 

7割仕上がった『恥辱の学生服』を読んで欲しいと、チャンミンに頼まれる。

 

メイド服を着た17歳男子の話は止めにしたとのこと。

 

当初の通り、学園BLに戻した。

 

59歳Z教諭と男子高校生Qとの倒錯的な愛憎劇。

 

ローターを仕込まれたQは喘ぎ声を抑えて、生物の授業を受ける。

 

高校生に道具を使用するのはどうなのか、私だったら躊躇してしまうが、これはチャンミンの作品。

 

私には口出しする資格はない。

 

エネマグラじゃないだけマシだ。

 

〆切は明日。

 

今夜こそ徹夜で頑張るらしい。

 

チャンミンのおねだりに3回応えてやる。

 

 

 

【23:00】

チャンミンへ夜食

・インスタントコーヒー

・焼きおにぎり(冷凍もの)

 

チャンミンの眼、ギラギラしている。

ゾーンに突入しているようだ。

 

チャンミン「エネマグラはどうやって使うのだろう?」

 

当然、「え?」となる。

 

私「知らないの?」

 

(※私たちは15年間一緒にいるが、ナチュラルが基本。

たまにソフトな道具を使うこともあるが、ハードなものは使ったことはない)

 

僕「転校前日、Z教諭が男子高校生Qに丁寧に指導してやるんだ。

エネマグラの使い方を。

手取り足取り、実演しながら教えてあげるんだ」

 

私「...エロいな」

 

僕「でしょう?

『毎晩23時になったら、君はこれを装着しなさい。

そして、私に電話をかけるんだ。

君はこれを私の「ピー」だと思うんだ』

...てな具合に」

 

 

どこからそんな発想がでてくるのだろう?

私は不安になる。

私のものでは満足していないのでは?と。

 

 

チャンミン「細かく描写してやることで、エロさを出そうと思っているんだけど、あいにく使ったことがないからよく分からないんだ」

 

私「手元にあれば、試せるんだけどなぁ...」

 

今からネット注文しても間に合わない。

 

私「リアリティを出したいのならば、今回は見送るんだ。

想像で補ったら中途半端になるよ?」

 

チャンミン、不服らしい。

 

私「それから、高校生には早すぎる」

 

約1分間の沈黙タイム。

 

チャンミン「わかった」

 

私、チャンミンの頭をガシガシ、犬みたいに撫ぜてやってから、部屋を出る。

 

 

【24:30】

夜食

・サーターアンダギー

(お隣さんからの旅行土産。娘さんが里帰り中。旦那の浮気疑惑が理由なんだとか。※チャンミン情報によると)

・紅茶(ティーパック)

 

書斎を覗く。

チャンミン、一心不乱にキーボードを叩いている。

よしよし。

 

 

【2:30】

書斎を覗く

猫以上に猫背になっている。

さらなるゾーンに突入している。

 

夜食

コーンスープ(インスタント)

 


 

<11月某日>

~〆切日~

 

曇り。

休日。

 

6:00起床。

ベッドに私ひとり。

書斎を覗く。

チャンミン、デスクに伏せて眠っていた。

ディスプレイを見ると、まだ途中だ!

〆切まであと5時間。

チャンミンをたたき起こす。

 

 

【11:00】

無事入稿。

 

 

【12:00】

チャンミン、抜け殻。

チャンミン、匂ってきた。

何日風呂に入っていないんだっけ?

無精髭で泥棒みたいな顔をしている。

「風呂に入るか?」

こくん、と頷く。

服を脱がせてやる。

髪と身体を洗ってやる。

髭を剃る。

泡を綺麗に洗い流す。

身体を拭く。

ドライヤーで髪を乾かす。

下着とパジャマを着せてやる。

手をひいて寝室に連れていく。

ベッドに寝かす。

この間、チャンミンずっと大人しい。

「夜は外食にしよう」と提案。

チャンミン、こくりと頷く。

カーテンを閉めて、部屋を暗くしてやる。

いびきをかいて寝ている。

寝顔をじぃっと見る。

夕方までチャンミンを寝かせておく。

 

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」