1.7月8日のプロポーズ

 

『僕の失恋日記』のその後のストーリーです

 

 

<16年前の7月3日>

 

ユノといい感じになっている。

 

「付き合おう」の言葉は未だ交わされていないけれど、付き合っているみたいなものだと思う。

 

互いの部屋に交互に泊まりにいって、会うたび必ずヤッている。

 

僕もユノも失恋したばかりだったから、心に空いた隙間を埋めるために、互い求め合ったのでは、と思われても仕方がないと思う。

 

でも、恋の始まりなんて、こういうものじゃないかな。

 

きっかけは何であれ、『今』、互いに好き合っているのだからいいじゃないの。

 

「付き合ってください」と、いつ告白しようかなぁ。

 

今さら、って感じだけど、はっきりさせた方がいいよね。

 

 

 

<16年前の7月4日>

 

蒸し暑い日。

 

アルバイト、12時~20時。

 

昨夜、ユノは僕の部屋に泊まった。

 

シフトが同じだったため、僕らは一緒にバイト先へ向かう。

 

周りの者たちは、まさか僕らがデキてるとは想像もできないだろう。

 

更衣室で制服のポロシャツを着る。

 

他のバイト仲間がいるところでユノの半裸を見ると、2人きりでいる時よりもドキドキする(なんでだろう)

 

夏もの商戦に向けて、アルバイターたち(ショッピングセンター)の担当割りの発表がされる。

 

【ユノ】

夏物家電・遊具コーナーが担当。

ビニールプールや浮き輪を膨らませたり、サンプル家電を箱から出してディスプレイする。

七夕当日は、ビニールプールに水を張り、スーパーボールすくいの係員となる。

ユノはノリと愛想がいい男だから、ぴったりの役目だと思う。

 

【僕】

七夕飾りコーナーの準備と接客。

会議室で短冊に糸を通したり、折り紙を切ってじゃみじゃみの飾り物を作るなどの工作をする(網飾りというらしい)

お客たちに短冊を渡し、彼らが書いた短冊を笹にぶら下げる。

小さな子供たちがメインになるだろうから、ちょっと気が重い。

 

 

20:00、バイト終了。

 

湿度高めなのに、夕立上がりの空気が清々しい。

 

ユノと一緒に僕の部屋に帰る。

 

夕飯は、茹でたパスタをウインナーと玉ねぎ、ケチャップで炒めただけ。

 

一緒に入浴する。

 

身体を洗いっこしているうちに、そういう流れになってしまい、べしょべしょの身体のままベッドにもつれこんで...。

 

性欲はいくらでも湧いてくるし、ユノのことが大好きだしで、最中の僕から滝のように汗が噴き出してくる。

 

エアコンと扇風機の風で涼みながら、ユノと思いつくままのテーマのない話をする。

(ピロートークっていうの?)

 

 

「ユノは七夕っぽいことする人?」

 

ユノ

「全然。

最後にしたのは...小学校の時かな。

それらしいことをしなくなっても、7月7日には晴れて欲しいと思うし、雨が降ると残念だと思うね」

 

「夜空を見上げるよね。

織姫と彦星だっけ。

でも、どんな物語なのかあやふやなんだよね」

 

ユノ

「うん。

俺もあやふや。

1年に1度かぁ...俺じゃ無理。

だって、チャンミンと364日も離れ離れなんて、絶対に無理」

 

ユノは凄いことをさらっと口にした。

 

僕はびっくりしてしまって、言葉が出てこない。

 

僕はユノと、無言のまま見つめ合う。

 

ニコリともしないユノの表情に、「あれ?」と思った。

(※さりげなく口にした言葉は、実は勇気をふり絞ったものだったと、後日、ユノから教えてもらった)

 

これは聞き流したら駄目なやつだ、と思った。

 

「うん。

1年に1度なんて寂しいよ。

毎日会っていたいくらい」

 

ユノに応える感じに、僕も凄いことを言った。

 

僕の言葉に、ユノは喜んでくれた。

 

 

「バイト先で七夕気分を味わえるね。

明日には笹が運び込まれるよ」

 

ユノ

「チャンミンは七夕飾り担当だったよね?」

 

「うん。

今日は大変だった。

延々短冊に糸を取り付けたし、折り紙で飾りを作ったんだ。

小学校以来だよ」

 

ユノ

「せっかくだから、チャンミンも短冊にお願いごと書いたら?」

小さい頃は七夕飾りをしたり、短冊にしたためるお願いごとを真剣に考えたっけ。

何歳の頃だったか、『逆上がりができるようになりますように』と書いた記憶がある。

 

「ユノも書いたら?

短冊ならざくざくあるから」

 

ユノ

「何て書こうかなぁ...?」

「いざとなると、何て書けばいいか分からなくなる。

『○○が欲しいです』とか、『○○が上手くなりますように』って、そんなのしか思いつかない」

 

ユノ

「チャンミン、身構えすぎ。

人の目を意識し過ぎ」

 

「見られた時、恥ずかしいじゃないの」

ユノ

「そんなんじゃ、ホントウに欲しいものは手に入らないぞ。

欲しいものは文字にしたり、言葉にするといいんだって。

...って、何かで読んだことがある」

「ふ~ん。

ユノこそ何て書くの?」

 

ユノ

「それはもう...凄い事。

すぐに叶えられることじゃなくて、それをグレードアップさせた内容にするかなぁ」

 

「それじゃあ、何て書くの?」

ユノ

「明日のバイトの時、短冊に書くよ。

1枚頂戴」

 

「いいよ」

 

 

今夜のピロートークの話題は、七夕飾りについて。

 

僕が短冊に書くつもりのお願いごとは2つしか無くて、そのいずれもユノがらみのことだ。

 

恥ずかしいから、ユノに見られないようにしよう。

 

(※僕らは敢えて、『好き』と口にしない傾向にあるみたい。

今もそれは変わらない。

行動で示すのだ。

『どれだけ好きでいるか、伝わってるでしょ?』ってな具合に)

 

大きなショッピングセンターだから、吊り下げられる短冊の数も膨大だろう。

 

欲張りなことを書いても、大量の短冊に紛れてしまってどれが僕のものか分からなくなりそうだ。

 

僕は七夕飾り係の立場を利用して、ユノの短冊を探そうかな。

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」