奥さま手帖-恥辱の学生服-

 

 

いよいよ耐えられず、男子高校生Qは声を漏らしてしまった。

周囲の生徒も、何事かと振り向いた。

「Qクン、どうした?」

Z教諭はメンデルの法則図を書く手を止めた。

窓際最後尾の席で、口を両手で覆ったQが、肩を震わせている。

「どうした?」

Z教諭は教壇を下り、頬を紅潮させたQに近づいた。

「い、いえ...センセイ...なんでもないです」

「気分が悪いのか?」

Zの本性を知らない者には、心配げな口調に疑いをもたないだろう。

しかし、Qは知っていた。

白墨で汚れた指がどう動き、学ランのボタンを外し、下着を脱がしてゆくのか。

硬く閉じた入口を、どうほぐしてゆくのか。

悶え喘ぐ自分の姿に、センセイは悦んでいるのだ!

Z教諭は白衣のポケットの中で、レバーをひねる。

「ああぁっ...!」

甲高い雄叫びに驚いて、周囲の生徒たちはQに近づけずにいた。

だらしなく開いた口は濡れ、背中がひくひく痙攣している。

傍から見れば、この様子はいかにも重病人だ。

ゆったりとした白衣で隠された、Z教諭の前がどれだけ猛々しくなっているのか、Qは知っていた。

「Qクン。

これはいけない。

保健室で休んだ方がいい」

「ああぁっ...!

ダメです!

それ以上はっ!」

Z教諭は保健委員を呼ぶと、Qを保健室へ連れていくよう指示をした。

ああ、センセイ。

センセイは意地悪だ。

Qは恨めしい眼差しをZ教諭に注いだ。

カラリと教室の戸が閉まる。

あとでたっぷり可愛がってやるよ、とZ教諭はレバーを最大にひねった。

直後、廊下に響き渡る甘い悲鳴。

Qの中でそれは暴れ震えるのだった。

 

 

 

 

Y「ふむ...」

 

C「どう?」

 

Y「先生と生徒の禁断の恋に戻したんだ?

英語でも世界史でもなく、生物の先生にしたんだ?」

 

C「遺伝とか交配とか...性交に関わるからだよ」

 

Y「え?

性交って言うけどさ、メンデルって植物じゃなかったっけ?」

 

C「学生服コレクターZの屋敷に住み込みで働く、メイドQ(♂)の話もいいかなぁと思って、書き直してみたんだけど...」

 

Y「生徒と先生の設定に戻したってわけかぁ。

でもなぁ...メイド服を着た17歳男子って...いいじゃん。

チャンミンがやったら似合いそう」

 

C「やだよ~」

 

Y「屋敷の当主Zは、コレクションした学生服をメイドQに着せて楽しむんだろ?

Zは59歳か...エロい...いいじゃん、この設定で。

どうしてやめたんだよ?」

 

C「メイド服と学ランって、アイテム的に主張が強いでしょ。

2つは欲張りだなぁって思ったんだ。

今回は学生服。

いつか、メイド服プレイを味わい尽くす作品を書いてみるよ」

 

Y「俺も手伝ってやろうか?」

 

C「ノーサンキュー」

 

Y「え~。

メイドさんになって~、チャンミン、メイドさんになって~」

 

C「絶対にヤダ」

 

Y「絶対に似合う」

 

C「僕が着るより、ユノが着てよ。

すんごく可愛いメイドさんになるよ。

ナースもバニーちゃんも可愛かったし。

メイドさんは未経験でしょ?

でさ、僕はメイドさんに攻められちゃうの。

うっわ~、いいねぇ」

 

Y「お主もエロいのぉ」

 

C「いえいえいえいえ、ユノさんほどじゃありませんよ」

 

Y「いえいえいえいえ、チャンミンさんには負けますって!」

 

C「話を戻すよ。

二人の関係がバレそうになって、ラブラブ期もそう長くは続かないんだ。

男子高生Qは転校することになったんだ」

 

Y「ええっ!

そうなるの?」

 

C「うん。

Z教諭に片想いしていた女子高生××が、Qの両親に匿名手紙を送ったんだ

『息子さんは男性教諭と関係を持っている』って」

 

Y「学校に訴えて大ごとにするよりも、件の教諭がいる学校から離れるのが一番だよなぁ。

Qを愛していたZ教諭はショックだろうな。

『俺を置いていってしまうのか!』

それで、授業中のローター攻めなんだ」

 

C「そう。

転校日が近づくたびに、Z教諭の攻めはどんどんエスカレートするんだ。

17歳のQの若い身体は、Z教諭によってどんどん開発されていくんだ。

しまいにはZ教諭ナシではいられなくなるんだ」

 

Y「ところで...道具を使うことにしたんだ?

高校生だぞ?」

 

C「ローター程度ならいいでしょ?」

 

Y「エネマグラよりはね。

でも、エスカレートしていくんだろ?

いずれ使うんじゃないのか?」

 

C「さすがに止しておくよ。

17歳だから」

 

Y「そうか~、Z教諭はQの身体を開発してゆくのか~。

開発かぁ...。

へぇ...」

 

C「...何?

ユノの顔が怪しい。

どうせ変なこと考えてるでしょ?」

 

Y「うん」

 

C「......」

 

Y「どんなこと考えているか、訊いてくれないんだ?」

 

C「バイバイ、ユノ。

僕、仕事に戻るね」

 

Y「無視かよ」

 

C「休憩時間は終わり。

ユノと話していて、ラストは決まったよ」

 

Y「つまんないなぁ。

チャンミンがいなくて、俺、すごい暇なの」

 

C「あと1日だから、我慢してて」

 

Y「そうだ!

肩揉んでやろうか?」

 

C「ノーサンキュー」

 

Y「さっきから自分で揉んでるじゃん。

凝ってるんだろ?

ほれ、後ろ向いて」

 

C「いいって!

どうせ乳首つねったりするんでしょ?」

 

Y「するわけないだろ!

正真正銘の肩もみだよ!」

 

C「え...そうなの?」

 

Y「溜まってるのはお互い様だ。

明日の夜はぶちかまそう!」

 

C「今夜は徹夜だから、明日はきっと死んでそう」

 

Y「じゃあ、明後日の夜」

 

C「...いいけど」

 

Y「分かった。

...さて、テレビ見てくるよ」

 

C「じゃあね」

 

Y「...どうした?」

 

C「......」

 

Y「...これでいいか?」

 

C「......」

 

Y「...もう一回?」

 

C「......」

 

Y「これでいいか?

もういいか?

時間がないんだろ?

...え?...もう一回?

ほら。

...OK?」

 

C「...OK」

 

Y「後で飲み物持ってってやるからな。

コーヒー、紅茶?」

 

C「ビール」

 

Y「コラ!

〆切は明日なんだぞ!

今夜はアルコール禁止だ」

 

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」