【26】僕を食べてください(BL)

 

 

 

視点を合わせないうつろな眼に、車窓を猛スピードで流れ去る景色が映っている。

 

傍らに置いた紙袋の中には、米やら漬物が入っている。

 

「まったく、どこをほっつき歩いていたんだい」と、ぷりぷりしながらばあちゃんが持たせてくれたものだ。

 

耳朶に指先を伸ばして、小さなかさぶたに触れた。

 

次いで手首をさする。

 

そして、昨晩から先ほどまでのことを反芻する。

 

 


 

 

「セックスしようか?」

 

ユノに誘われた。

 

1枚1枚相手の服を脱がし合い、焦らすように肌をさらしていった。

 

ユノのものが斜め上を向いて、そそり立っていた。

 

僕の方と言えば、股間の奥がじんじんと疼き、挿入されたユノの指にかきまわされて、喉の奥から低い呻きが漏れた。

 

初めての日のように、僕の乳首が執拗にいたぶられた。

 

右が済んだら、次は左。

 

最後は左右両方。

 

1センチにも満たない1点から強い快感が全身を駆け巡る。

 

きつく吸われながら、後ろ手で僕の亀頭をしごかれた時には、はしたないほどの嬌声をあげていた。

 

「あっ...あ...」

 

辺りに響くのはやっぱり、途切れることのない僕の喘ぎ声だけだった。

 

「気持ちいいか?」

 

ユノに問われて、僕は答える。

 

「すごく...気持ちがいい...んあっ...あぁっ」

 

すぐに達してしまっては勿体なくて、根元を握って抑えた。

 

「縛ってやろうか?」

 

「いい、握っているから...っは...」

 

僕はゆっくりと出し入れされながら、ユノと言葉を交わす。

 

「Sさんとは、どういう関係?」

 

衰弱したユノを助ける処置で精いっぱいだった僕が、Sさんに聞けずじまいだった疑問をユノに投げかけた。

 

「古い知り合い」

 

「古くから...」

 

不安げな僕のつぶやきに、ユノは僕の頬を軽く叩いて言った。

 

「昔の恋人だ、とかじゃないから」

 

Sさんがユノのことをよく知っていたから、過去に関係を持っていたのでは、と嫌な思いが浮かんでしまったんだ。

 

「本当にそういうのじゃない」

 

僕は荒々しく四つん這いにされて、突き出された割れ目にユノのものが深くうずめられた。

 

ユノが僕の背にぴったりと覆いかぶさる。

 

片腕を僕の腰に巻き付け、もう片方で僕の乳首を弄んだ。

 

ふわりと甘い香りが、僕の鼻孔をくすぐる。

 

そう、この香りなんだ。

 

僕を愉楽の蜜の壺に沈めるのは。

 

下腹部の奥がせり上がり、視界が狭くなってきた。

 

「チャンミンっ...イクよ?...イクよ?」

 

これ以上はないほどのスピードで、かつ奥の奥を小刻みに叩かれる。

 

僕の最奥に勢いよく放たれた。

 

僕は男。

 

決して子種にはならないその白濁は、僕の中を充たし、力を緩めるととろりと漏れ出た。

 

小一時間も経たずに硬さを取り戻したユノのものは、再び僕の穴に突き立てる。

 

「チャンミンは、若いなぁ」

 

ユノはクスクスと笑った。

 

「そうだよ。

僕は若い」

 

「でももう、小学生じゃない」

 

「その通り」

 

角度を変えて、中の上辺を強めにこすり上げた。

 

直後に白い喉を反らしたユノに、僕は満足する。

 

「明日になったら、帰るんだ」

 

ユノは僕を横抱きにして挿入する。

 

「僕を...置いて行かないで」

 

「置いて行かない。

ここにいる」

 

力強いユノの腕によって、再び僕はひっくり返されて彼の上にまたがる。

 

膝を立ててしゃがんだ僕は、腰を上下に振る。

 

「絶対だね?」

 

「ああ。

俺も覚悟を決めた」

 

ついた両手の間で、ユノの紺碧色の瞳が僕をまっすぐ見上げていた。

 

その場限りの言葉じゃないことが、伝わってきた。

 

「あっ!」

 

身体が反転し、うつ伏せになった僕の腰が高々と引き上げられた。

 

頬も肩もマットレスにくっ付けて、身体をくの字に折りたたまれた。

 

「チャンミンは、ここをいじられるのが好きなんだよな」

 

僕の入り口がちょうど真上を向いている。

 

とてもとても恥ずかしい場所が、ユノの目前にさらされている。

 

2本の人差し指で左右に押し開かれた。

 

「手を離しても...。

ぽっかり開いたまま。

チャンミンのいやらしい穴が開いてるぞ?

どスケベだなぁ」

 

恥ずかしい。

 

でも、嬉しい。

 

「...んんっ...」

 

「欲しいか?」

 

「うんっ...」

 

「どうされたい?」

 

「挿れて...早く!

早く挿れてよ!」

 

「やだね」

 

「挿れてよ!」

 

僕は突き出したお尻を振って、ユノのものにこすりつけた。

 

僕の唾液がマットレスを濡らしている。

 

僕は狂っているんだ。

 

「そんなに欲しいんだ?」

 

「欲しいよ!

ユノが欲しい...欲しいから。

早く!」

 

「可哀想に...」

 

ユノが僕の腰骨をつかんだ直後。

 

「んはっ...!!」

 

高く突き上げられた。

 

弱いところばかり、ユノの亀頭で刺激される。

 

「ダメダメダメっ...そこ、だめぇ...だめぇ」

 

深く突き刺したまま、僕の腰を上下左右に回転させる。

 

「やっやっ、やぁ...やっ...そこ、そこっ...やあぁ!」

 

玩具みたいにゆさゆさと揺さぶられて、僕のお腹の中で小さな爆発が何度も繰り返される。

 

全身の力が抜けてしまった僕は、何も見えていない。

 

1度目より時間はかかったけど、やがて僕は射精を果たした。

 

「はあはあはあはあ...」

 

僕の穴という穴から、ありとあらゆる液体が漏れ出ている。

 

どれくらい放心していたのだろうか。

 

もしかしたら、しばらく気を失っていたのかもしれない。

 

僕の隣で、ユノは半身を起こした。

 

ユノの背中に見惚れた。

 

ユノの背骨をひとつひとつ指でなぞり、手の甲で背中を撫で上げた。

 

美しい身体だった。

 

それなのに、血が通っていないなんて。

 

そうか。

 

温かみがないからこその美貌なのか。

 

ユノのウエストをさらって、ユノを包み込むようにきつく抱きしめた。

 

じっとしているだけでじわじわと汗がにじむ中、谷川の水のように冷たいユノの肌が気持ちよい。

 

割れた窓ガラスから、オレンジ色の夕日の光が差し込んでる。

 

太ももに当たるものに気付いたユノが、呆れた顔をした。

 

「まだヤルの?」

 

「そうだよ。

あと...18時間しかない。

時間が勿体ないんだ」

 

いつまでも、いくらでも、僕はユノと繋がっていたい。

 

性器の接触だけが、ユノを身近に繋ぎとめられる唯一の行為だ。

 

それでいいじゃないか。

 

僕の心がユノの心には届くことは、最後まで訪れないかもしれない。

 

「僕は...何人目?」

 

気になって仕方がないことを、僕はとうとう口に出す。

 

「ノーコメント」

 

「5人目?

10人目?

それとも...もっと?」

 

僕は構わず、粘った。

 

「今はチャンミンなんだから、それでいいだろう?」

 

「うーん...」

 

はぐらかされて、僕は不機嫌になる。

 

「誘惑して悪かった」

 

「そうだよ。

最後まで責任をとって欲しい」

 

「純粋過ぎるお前が怖くなる」

 

「だから、僕から離れたくなったの?」

 

「そんなところ」

 

「僕は死ぬまでユノの側にいる、何があっても」

 

「勇ましいね」

 

「そうだよ。

僕は勇ましいんだ。

ユノのことが、全然怖くないんだ」

 

乱れた前髪をかき分けて、ユノの額に唇を押し当てた。

 

暗闇の中、倒してしまった水筒からこぼれ落ち、コンクリートの床に作った赤い染み。

 

懐中電灯の灯りに照らされて、赤く光った瞳。

 

「狂ってるね」

 

「そうだよ。

僕は狂っているんだ」

 

 

 

(つづく)

 

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」