紐パンと運命の君

「ちゃんみ~ん」

「はいはい」

「ちゃんみ~ん」

「はいはい」

チャンミンの背後に近づいて、後ろから抱きしめていた。

チャンミンはぴったりとくっついた俺に構わず、ごくごくと水を飲んでいる。

「ねぇ、チャンミン」

俺はチャンミンの耳下に、鼻先をこすりつけた。

「はいはい、何ですか?」

チャンミンは俺の婚約者だ。

俺以上に背が高くて、可愛い顔をしているけど、男だ。

チャンミンの肩にあごを乗せて、何度も彼の名前を呼んでいた。

洗面所正面に取り付けられた鏡に、とろけた表情の俺が映っている。

チャンミンは仏頂面をしているけど、口角がぴくぴくしているから、緩んでしまうのを堪えているんだな...俺には全部、お見通し。

俺たちは男同士。

恋人同士になるまでは紆余曲折あったけど、好きな気持ちが駄々洩れになってしまうまで、そうは時間はかからなかった。

周囲の目が気になる外では、ぎりぎり1センチの距離を保っている(すごく我慢している)

でも、2人きりになった時には凄いんだ。

密着なんてレベルじゃなく、ぎゅうぎゅうに...マイナス20センチ位?...めり込むのだ(どういう意味が分かるよね?)

要約すると、俺はチャンミンに夢中だと言うこと。

チャンミンの妹××ちゃんの結婚式出席のため、昨夜からこのホテルに宿泊していた。

目覚めたところ、隣にいるはずの大好きな人がいなかった。

あれ...?と、部屋中を見回すと、ミニバーにしゃがみこんだチャンミンの顔が、冷蔵庫の灯りに照らされていた。

分厚いカーテンで外の様子は分からないけれど、ヘッドボードのデジタル時計で早朝だと知ったのだ。

「早起きだね?」

「喉がカラカラで...。

昨夜は飲み過ぎました」

チャンミンはアルコールに強い質で、ワイン1本くらいは余裕だ。

ところが、昨日のチャンミンは、披露宴で××ちゃんがお嫁にいってしまったことを、喜んだり、悲しんだり。

加えて、俺にプロポーズされたのだ。

感激のあまり笑ったり泣いたりと、はっちゃけて、そのお守りに俺は料理を食べるどころじゃなかった。

披露宴でしこたま飲み、部屋に持ち込んだシャンパンも「美味しい美味しい」と、俺が止めるのをきかずにがぶ飲みしていた。

それだけじゃ足りないと、ビールや焼酎も追加して、がぶがぶ飲んでいた。

(チャンミンは俺の言うことを聞かない頑固者なんだ。もう慣れたけど)

そして大の字になって眠ってしまったのだ。

最近仕事が忙しい忙しい、と念仏のように唱えていたチャンミン。

疲労がたまった身体は、普段なら余裕のアルコールも処理しきれなかったんだろうね。

チャンミンはぽわん、とした天然野郎だけど、仕事に関しては責任感の強い頑張り屋なのだ。

「蟒蛇(うわばみ)のように飲んでたからなぁ。

あ~あ、チャンミンはさっさと寝ちゃうし、寂しかったなぁ」

パジャマ姿のチャンミンを、もっと強く抱きしめた。

「...ユノの言いたいことは分かってますよ」

「...嘘!?」

「ユノの暴れん坊が、僕のお尻にあたってます」

「チャンミンが欲しい」

非日常的な時間を過ごせる、いい感じのホテルにいるのに、俺たちの昨夜は清い一夜だった。

俺も男だし、チャンミンは可愛いし、焦れていた俺はこうしてチャンミンにくっついて甘えていたのだ。

「...しよ?」

「へ?」

「チャンミン...しよ?」

「......」

「今から...しよ?」

「はっきり、言っちゃいますか?」

「うん。

チャンミンとしたい」

「したくてたまらないんですか?」

「うん」

「したくてしたくてたまらないんですか?」

「うん。

分かるでしょ?」

「...確かに...すごいですね」

「だから...しよ?」

「......」

「イヤ?」

「イヤじゃないですよ」

「駄目?」

「駄目じゃないですよ」

「ホントに?」

「嘘はつきませんてば」

「触ってもいい?」

「もう触ってるじゃないですか!?」

俺の手はチャンミンのパジャマの裾の下に忍び込んでいて、彼の平らなお腹を撫ぜていた。

すべすべの肌で、触っているととても気持ちがいいし、おへその毛をくすぐるのも好き。

一応、いつ肘鉄をくらってもいいように、下腹に力を入れていた。

「ユノ。

僕...寝ちゃったでしょう?」

「寝ちゃってたよね。

夜9時なのに」

「ユノへのサプライズ、用意してたんです」

「俺に?」

「他に誰がいます?

ユノしかいないでしょう?」

「なんでまた『サプライズ』なの?」

チャンミンといると、毎日がサプライズの連続。

(天然過ぎて、俺をフリーズさせる天才なんだ)

「えっと...昨日はユノからサプライズをもらったし...。

僕の方は、特に準備していなかったから...こんな程度ですけど」

俺の頬に触れるチャンミンの耳が真っ赤になっていた。

か、可愛い...と思いながら、「サプライズって何?」と尋ねてみたら、

「ユノが今、触ってます」

やっぱり、そうだったか!

指先に触れるものに、「あれ?」と思ったんだ。

レース生地の細やかな網地。

「!!!!」

チャンミンはいつも、黒オンリーのごくごく普通の下着を付けている。

こんなことがあった。

熱愛報道のあったグラビアアイドルのニュースを、「へぇ」って何の気なしに見ていたんだ。

その画面を俺の肩ごしにチャンミンに見られてしまった。

「...そうですか。

ユノは『そういう』のが好きなんだ...ふぅん」

「しまった!」と思った時には時遅し。

チャンミンはぷいっと顔を背けると、俺を置いてさっさと店を出ていってしまった。

自分が男であることを(俺が男であることに?ま、どっちでも同じことだ)、もの凄く気にしている。

(何年か前なんて、セーラー服を着たんだぞ。信じられないよ)

「やっぱりユノは、若くて可愛い女の子が好きなんだ。

ふぅん...そうなんだ」

「たまたま目について、見てただけ」

「おっぱいが好きなんだ...そりゃそうだよね、ユノは男の人なんだもの。

可愛い下着付けてる若くて、可愛い、女の子が好きなんだ?」

チャンミンは『若い』と『可愛い』と『女の子』を強調してそう言った。

「どうせ僕にはおっぱいはありませんよ~だ」

(俺は女の子のフィギュアのコレクターなんだけど、これに関してはチャンミンはなぜか文句を言わない)

「チャンミンも可愛いよ」

その通りだったから、そう答えたのにチャンミンの機嫌は直らない。

「想像してみてください。

もし僕がすっけすけのランジェリーを着ていたらどうです?」

そんな姿を想像する前に、

「男で悪かったですね!」

チャンミンはぴしゃっと会話を打ち切ってしまった。

その夜、チャンミンが紫色のすっけすけのランジェリーを身につけた姿を想像してみた。

...悪くない...いいじゃん。

チャンミンは両手で顔を覆っている。

その指にプラチナが光っている。

耳だけじゃなく、ほっぺも真っ赤になっている。

チャンミン...可愛いなぁ。

鏡に映るチャンミンのパジャマのボタンが、俺の指によってひとつひとつ外されていく。

そっとパジャマの上を脱がして、そのまま床に落とした。

メンズもののランジェリーを身につけたチャンミン。

う...か、可愛い...。

透けた生地が、彼の大事なところをおさめている。

しかも!

お尻側が紐なんだぞ!?

え、えろい...。

たまらなくなって、俺はチャンミンを力いっぱい抱きしめて、彼の喉に噛みつくようにキスをした。

「んんっ...」と漏らすチャンミンの声が甘い。

フィギュア作りが趣味のヲタクなチャンミンだけど、そういう時の彼は色っぽい。

そんなギャップもチャンミンの魅力だ。

俺の腕の中でくるりと身体の向きを変えると、俺の首にぎゅうっとしがみついてきた。

その気のスイッチが入ったチャンミンと、貪るようにキスをしながら、部屋中央に鎮座した巨大なベッドに背中からダイブする。

チャンミンの手が俺の下着にかかり、俺も彼のパジャマの下を脱がせる。

いつもなら下着もいっしょに脱がせてしまうことも多々あるが、今夜はチャンミンのランジェリー姿をとっくりと眺めたい。

仰向けに寝かされたチャンミンは、両手で顔を覆ったまま「恥ずかしー!」を連呼している。

もじもじとこすり合わせている両膝のてっぺんに、キスをした。

見下ろすチャンミンの身体がとても綺麗で、エッチな気持ちも忘れて見惚れてしまった。

チャンミンは高すぎる身長や痩せた身体を気にしているけれどね。

チャンミンのサプライズは、俺をとろとろで甘々な気分にさせてくれるもの。

きっと明日には、チャンミンの下着はシンプルなものに戻ってしまうだろうけどね。

エロパンを脱がそうと手を伸ばしたら、「駄目です!」と拒まれた。

「履いたままじゃ、出来ないだろう?」

と尋ねたら、

「せっかくの可愛いパンツです。

履いたまま、です!」

「!!!」

チャンミンのえっちなお願いに、胸がキュッとした。

「ここをこうずらして...」

真っ赤になって恥ずかしがってるのに、言うことやることが大胆なんだって。

チャンミンの前髪をかきあげ、小さな顔を両手で包み込んだ。

絶頂を迎えたのち、俺の下敷きになったチャンミンの様子を窺うと...。

あらら...。

どうやら失神してしまったようだ。

チャンミンは感じやすい質なのだ。

可愛いなぁと思うところのひとつ。

俺の脇の下に鼻を突っ込んで、むにゃむにゃと何かをつぶやいている。

腕も痺れてきたし、トイレにも行きたい。

そぅっとチャンミンのうなじから腕を抜いた時、

「ゆのぉ...好き...」

だなんて寝言を言うなんて...。

ノックダウンだよ。

頼むからそんな可愛いことを、言わんといて。

ますます好きになっちゃうじゃん。

チャンミンには内緒にしてること。

××ちゃんからセーラー服をプレゼントされたんだ。

俺とチャンミンのキューピッドを果たした、××ちゃんのセーラー服。

ここにはもう1泊する予定。

今夜はチャンミンにセーラー服を着せてみようと思う。

本人は超恥ずかしがって嫌がるだろうけど、俺がしつこくお願いしたら渋々頷いてくれるはず。

それに、チャンミンは照れ屋さんなんだけど、スイッチが入るともう...凄いんだ。

 

(おしまい)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」