(1)Hug

 

 

ひっきりなしに浴びせられるお湯に、ユノは閉口していた。

 

のぼせて頭がくらくらしていた。

 

湯船に潜水していたケンタが、にゅうっと水中から頭を出した。

 

「おじちゃん、どうして毛が生えてるの?」

 

「えっ!?」

 

「僕んのは、つるつるなのに」

 

ケンタが大股を開いて、腰を振る。

 

(勘弁してくれ...)

 

ユノは、やれやれといった風に首を振った。

 

「おじちゃんも結婚してるの?」

 

「んなわけないだろ?」

 

「じゃあ、なんで毛が生えてるの?」

 

「えっ?」

 

(チャンミン...この子らは意味不明なことを言って俺を困らせます)

 

洗い場で髪を洗っていたソウタも、ユノにお尻を振って見せる。

 

(ったく、小学生男子ときたら)

 

「お父さんも毛が生えてるだろ?」

 

「おじちゃん、知らないのー?」

 

ケンタとソウタはゲラゲラ笑った。

 

「結婚すると毛が生えるんだよ」

 

「はあ?」

 

「とぅっ!!」

 

盛大な水しぶきをあげて、ソウタが飛び込んできた。

 

いったん底まで沈んだソウタが、湯船の底を蹴ってばねのようにジャンプする。

 

大揺れしたお湯が縁から、ざざーっと洗い場に流れ落ちた。

 

(結婚したら毛が生える?

小学生男子の会話は、理解不能だ)

 

「おじちゃん、チャンミン兄ちゃんと一緒に風呂入ったことある?」

 

「...ない」

 

(悲しいことに、ない!

お風呂どころか...お風呂どころか...)

 

ユノは、ぶくぶくと鼻まで湯につかった。

 

背の高いユノには湯船は狭く、曲げた膝が突き出ている。

 

「俺、入ったことあるもんね」

 

「いいなぁ」

 

小学生相手に、心底羨ましがるユノだった。

 

ケンタとソウタは得意そうだ。

 

「チャンミン兄ちゃんも毛が生えてるんだよ」

 

「うん、ボーボーなの」

 

「!」

 

ユノはすぐさま想像してしまって、赤くなる。

 

(ううっ...刺激が強い。

俺はまだ、見たことがない!)

 

「結婚したから、毛が生えたんだぜ」

 

ユノの視界が霞んできた。

 

(チャンミン...辛い...)

 

「ソウタ!ケンタ!

いつまで入ってるんだ!」

 

浴室ドアの曇りガラスに人影が写り、がらりと開いてチャンミンが顔を出す。

 

「お兄さんを困らせてるんじゃないだろうな?」

 

「チャンミン兄ちゃん!」

 

ソウタとケンタは、タオルを広げたチャンミンに突進していった。

 

「ちゃんと身体拭いてってー!」

 

チャンミンの制止むなしく、びしょ濡れのまま彼らは駆けていってしまった。

 

湯船にひとり残されたユノの顔は、茹でだこのように真っ赤だ。

 

「ごめんね、ゆっくりできなかったでしょ?」

 

ユノは前も隠さず、ざぶりと立ち上がった。

 

「ユ、ユノ!」

 

「ごめん...ギブアップ...」

 

そうつぶやいたユノは、チャンミンの膝めがけてどうっと倒れこんだのだった。

 

意識を失う直前、ユノの頭にちらっと違和感がかすめていた。

 

 


 

 

ユノはチャンミンの故郷に来ていた。

 

実家を継いだチャンミンの兄家族、両親、祖父母の9人、大家族だ。

 

チャンミンには妹が一人いるが、彼女は近所の家に嫁いでいた。

 

チャンミンの甥っ子にあたる、カンタ、ソウタ、ケンタは、訪れたユノをひと目見て、いい遊び相手ができたと目を輝かせた。

 

ユノを『おじちゃん』と呼び、射的の的にし、小学生とはいえ3人まとめて背中にしがみつき、彼ら全員が鬼になったかくれんぼで彼を追いかけまわした。

 

初日で既にユノは疲労困憊だった。

 

「俺は若い男だ。

おじちゃんじゃない!」

 

ユノは、煎餅をかじりながらぷりぷり腹をたてていた。

 

行儀よく正座をして、座卓が低すぎて猫背気味になっている姿が、なんとも可愛らしいのだ。

 

「あの子らは、俺をおもちゃにするんだよ?」

 

3人にさんざん髪をひっぱられて、ボサボサ頭になっている。

 

頭をよしよしとなぜたい衝動を抑えて、チャンミンはユノをなだめる。

 

「まあまあ、ユノ。

子供相手にムキにならないで、ね」

 

「仕方ないなあ。

チャンミンに免じて許す!」

 

すると、ユノの顔がふにゃふにゃと緩んだ。

 

「ケンタ君たちのおもちゃは嫌だけど...。

チャンミンのおもちゃには喜んでなるよ」

 

「ユノが言うと、いやらしく聞こえるんですけど...?」

 

「ふふふ。

チャンミンも、エッチだなぁ。

何を想像していたんだ?」

 

「こらっ!」

 

「ふふふ」

 

「こらー!」

 

赤くなったチャンミンはユノに飛びつこうとし、ユノはそれから逃れようと後ろに身をひいた。

 

チャンミンは、寝っ転がったユノの脇をくすぐった。

 

「あははは。

くすぐったい!!」

 

「これはどうだ!」

 

身をよじるユノを、もっとくすぐってやろうとチャンミンは、ユノの腕を押さえつけていたら...。

 

「夕飯が出来た...」

 

ふすまが開いて、チャンミンの母親セイコが顔を出した。

 

「わっ!」

 

はじかれたように、離れる2人。

 

「みんな待ってるから、早く居間に来なさい」

 

コホンと咳ばらいをしたセイコは、ぴしゃりとふすまを閉めて客間を出て行ってしまった。

 

「......」

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」