月夜に孕んだ人魚の話

 

 

人魚になった俺は、チャンミンに手を引かれて夜の川を下っていた。

 

人魚の泳ぎとは、尾びれだけを動かせばいいわけでないらしい。

 

チャンミンの動きを見倣い、みぞおちの下をくねらしてみるのだが、二股だった脚が一つの尾びれとなった違和感に慣れない。

 

身にまとわりついて邪魔なだけの衣服は脱ぎ捨てた(水中生活を送る彼らが裸身でいるワケがよく分かった)

 

暗闇に染まった水中は恐ろしく、水面へ浮上しかけるたびチャンミンに引き留められた。

 

「肺一杯に水を充たせば、空気は必要ないよ。

怖いだろうけど大丈夫。

ユノの身体は人魚になっている」

 

溺れるのではと、恐怖でパニックになる俺を抱きしめて、「大丈夫、ユノは人魚だよ」と繰り返した。

 

「水を飲んで。

そうすれば、水の中でも話が出来る」

 

固く引き結んでいた口を開き、流れ込んでくる水をごくりごくりと飲みこんだ。

 

その水が胃袋ではなく肺を充たしてゆくにつれ、全身が軽くなってゆき、自身の身体が人間ではなくなったことを体感したのだ。

 

ごうごううるさく頭の中で反響していた水流の音が、気付けば気にならなくなっていた。

 

耳も人魚仕様になったのか、チャンミンの言葉がクリアに聴こえた。

 

「どう、楽になった?」

 

チャンミンは俺の頬を両手で包み込むと、額同士を合わせた。

 

チャンミンが微笑んでいるのがよくわかる。

 

水を得た人魚は、夜目がきくようだ。

 

人間ならば死と直結するしかない墨色の世界だったのが、チャンミンと同族になったこれからは違う。

 

辺りを見回すと、蒼い世界が広がっていた。

 

視線を真上に転じた。

 

水面の向こうから黄色く発光しているように見えるのは、河口岸の工場地帯のイルミネーションだ。

 

闇の水面を貫いてきた光が俺たちの白い肌と鱗を照らし、海底へと吸い込まれて消えていく。

 

「綺麗だね」と、知らぬ間に言葉が漏れていた。

 

チャンミンはクスクス笑った。

 

「そのうち見慣れるよ。

これが当たり前の景色になるんだ。

僕にしてみたら、イルミネーションの方が綺麗に思えるよ」

 

チャンミンの口は動いているが、泡はこぼれておらず、言葉は耳というより頭の中に響いてくる感覚だった。

 

人魚はテレパシーで会話をするのだと、初めて知った。

 

「そうだよ」

 

チャンミンは頭を指さして、ニコニコ顔で頷いた。

 

 

海水に身体を慣らすため、河口際で1週間過ごした。

 

俺の泳ぎの特訓も、この時に集中的に行われた。

 

満ち潮引き潮、停泊中の船舶の間をじぐざぐに、昼間は水底を、夜間は水面ぎりぎりを。

 

早く人魚になりたくて、俺はチャンミンの尾びれを必死に追った。

 

チャンミンの泳ぎは速かった。

 

船の上やプールサイドから眺めるだけだった頃は、そのスピード感を実感することはできなかった。

 

太い尾びれは筋肉の塊で、ひと掻きで十何メートルもの距離を前進できる。

 

そして、チャンミンの泳ぎはダイナミック、かつ洗練されていた。

 

すぱっと鋭い切れ味で...ゼリーに真横からナイフを入れたかのような...無駄な水流も起きていない。

 

よそ見をしていると、ずっと前方に姿を消しているのだ。

 

方向転換をする瞬間、チャンミンの瑠璃色のウロコが、思わず目を細めてしまうほどのまばゆさで煌めいた。

 

息を飲む美しさとは、このことだろう。

 

こうも美しい生き物を、俺は狭いプールに閉じ込めていたのだ。

 

 

棲み家にする海域まで到着するまで、一か月ほどかかった。

 

俺の泳ぎは無駄が多く、慣れない水圧のせいで直ぐに疲れてしまうためだ。

 

 

初めて迎える満月の夜、チャンミンに浅瀬へと誘われた。

 

「チャンミン...どうしたの?」

 

「あのね、ユノが人魚になってから、その~...僕らさ。

ね?

分かるでしょ?」

 

チャンミンは俺の腕にすがりつき、照れ隠しなのか俺の指を玩具のようにもてあそんだ。

 

モジモジする様子に、アレのことかと合点がいった。

 

「でもさ...俺。

...人魚になったばかりで、どうやればいいのか...。

脚はないんだし」

 

「人間だった時と変わらないよ。

身体をぎゅっとくっ付け合って...」

 

チャンミンは俺の腰に両腕を回した。

 

「尻尾を巻きつけ合って...。

こんな感じに」

 

チャンミンの尾びれがひと巻き、俺の下半身に巻き付いた。

 

地上で生活していた頃も、チャンミンの誘いから始まることが多かった。

 

「あとは一緒。

今までとほとんど変わらない。

同じ...」

 

チャンミンは語尾まで言う前に、俺の口を塞いだ。

 

息継ぎする必要がない俺たちは、繋がっている間ずっと、唇を合わせたままでいられた。

 

どちらかが必ず、相手のウエストや肩に腕をまわしていた。

 

潮流に引き離されてしまうからだ。

 

(絶頂の直前は、チャンミンのそこは俺のものを食らいつき、腕の支えなしでもよくなったのだけれども)

 

チャンミンの動きはぎこちなく、「もしかして?」と思って尋ねてみたら、人魚同士の行為は初めてなんだそうだ。

 

「っていうことは...チャンミンの初めては人間だったんだね。

つまり...俺」

 

「そうなんだよね~。

ねえ、どうだった?」

 

「人間だった時より、しっくりくる」

 

「そりゃそうだ」

 

「まだ下手くそだけど」

 

回数を重ねるうち慣れてくるだろう。

 

 

その後、砂浜の波打ち際に誘われた。

 

「大丈夫なのか?」

 

打ち上げられるんじゃないかと怖がる俺の手を、チャンミンはぐいぐい引っ張った。

 

水中生活わずか10日ほどで、水から上がることに俺は恐怖を覚えた。

 

ここでハッとした。

 

地上で暮らしていた間の、チャンミンの心境をリアルに想像できた。

 

チャンミンが感じていた不快感と恐怖とは、計り知れないものだったに違いない。

 

「ごめんなチャンミン、これまで」

 

俺は謝った。

 

「駄目だよユノ。

謝ったら駄目だよ。

僕が居たかったから、ユノの家で暮らしたんだ。

ユノはいっぱい僕の為に尽くしてくれた。

それからね、ユノは凄いことをしたんだよ。

僕のために人間を捨てるなんて...誰も出来ないことだよ。

人魚とは、人間になりたいと願う生き物なんだから。

それなのに...。

言葉では言い尽くせない。

僕は感謝しているんだよ」

 

「俺もチャンミンに感謝している。

ここまで連れてきてくれてありがとう」

 

青白く発光する満月は、完璧な丸型をしていて、おとぎ話の世界に居るかのようだった。

 

浜辺で月を見上げる人魚が二人...絵本の住人そのものだと思った。

 

読書が出来そうなくらい辺りは明るく、月光のおかげで海面も俺たちも光を集めて鈍く輝いている。

 

浜に生えている樹木が、白い砂浜に濃い影を作っていた。

 

俺のウロコは紫水晶色で、自分のものながら綺麗だと思った。

 

俺たちは手を繋いで 砂浜に仰向けで寝転がった。

 

星屑の霞の河が、夜空を斜めに横たわっていた。

 

「飛行機や船を見る度、いいなぁ、って。

乗ってみたいなぁ、って。

ユノのおかげで、船にも車にも乗ることが出来た」

 

「飛行機には乗せてあげられなかったね」

 

「全~然。

船だけで十分。

夢が叶った」

 

「よかったね」

 

「...ユノと出逢う前の僕は...。

海にちゃぷちゃぷ浮いてね、月や星を眺めたなぁ。

あまりに遠い世界でね。

独りぼっちだったから、寂しくてね。

いつも涙が出てしまうんだ」

 

流れ星がつーっと、右から左へと横切った。

 

「そうだったんだ...」

 

 

チャンミンと出会った日の話だ。

 

うっかり者のチャンミンは、海面にぷかぷか浮いているうちに寝入ってしまい、波打ち際まで流されてしまったらしい。

 

干上がりかけて瀕死のところを俺に救われた。

 

今夜のように満月の日だったから、砂浜に打ち上げられた人魚を見つけることができた。

 

初めて目にした時、華奢な身体つきから、『彼女』かと思った。

 

抱き起こした時、固く平らな胸と喉仏に、『彼』だと知った。

 

上半身に対して下半身...尾びれ...は大きく立派で、俺の背丈ほど長かった。

 

ああ、これが人魚なのか、と感動した。

 

そして俺は、チャンミンを自宅まで連れ帰ったのだ。

 

 

「ねえ。

僕ね、ユノとの赤ちゃんが早く欲しいんだ」

 

「知ってる」

 

『人魚は弱く儚い存在だけど、人間に出来ないことがある』

 

チャンミンからのプロポーズ代わりの言葉だ。

 

俺はうつ伏せになって、チャンミンを見下ろした。

 

人魚は雌雄一体だという。

 

「じゃあ俺もそれが可能だっていうこと?」

 

複雑な心境で恐る恐る尋ねたら、

 

「ユノは背びれが付いているから、完全なる雄」

 

と、俺の背骨から尾てい骨にかけて生えた背びれに触れた。

 

「背びれは、強靭な肉体を持つ証なんだ」

 

「チャンミンは?」

 

「僕も雄だけど完全なる雄ではないから、赤ちゃんを産むことができる」

 

「選ばれし存在だね」

 

チャンミンはふっと笑った。

 

「...ユノには黙ってたけど」

 

「何?」

 

チャンミンを当うと、彼は俺の肩越しに月夜に魅入られたままに見えた。

 

「人魚が孕みたければ、満月の夜に交わるべし...」

 

「えっ、そうなの?」

 

チャンミンは仰向けからこちらへと向き直ると、俺の胸の上にのしかかった。

 

「そうなのだ。

でも、そのつもりで誘ったわけじゃないよ。

ユノと抱き合いたくて...。

...今思い出した。

黙っててごめんね」

 

チャンミンはぺろっと、いたずらっ子のように舌を出してみせた。

 

「いや、全然」

 

俺はチャンミンを砂浜に組み敷くと、その可愛らしい舌を頬張った。

 

 

(おしまい)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」