(10-後編)俺の彼氏はオメガ君

 

 

<初めての発情期の巻 後編>

 

人口の95%はベータ属だ。

 

残りの5%をアルファとオメガが占めている。

(そのうち98%がアルファ、2%がオメガ)

 

例えば、ショッピングセンターに出掛けたとしよう。

 

日曜日のショッピングセンター、駐車場は満車で、広大な店内はどこもかしこも人人人。

 

ワンフロアに1,000人の老若男女がいたとすれば、アルファが約49人いる計算になる。

 

ところが、アルファは放つオーラですぐに分かるはずだとフロアを見渡しても、アルファを見つけることは出来ない。

 

暮らしているステージが1段上にいるアルファはそもそも、ショッピングセンターで買い物などしないからだ。

 

次にオメガを探してみよう。

 

1,000人中1人...ショッピングセンター内を駆けずり回れば見つけられるかもしれない。

 

アルファの場合と同様、どこを探してもオメガを見つけることはできないだろう。

 

なぜなら、オメガはショッピングセンターで買い物ができない。

 

いつどこで拉致されるか、エリート街道から転げ落ちたアルファたちに犯されるかしれないからだ。

 

ショッピングセンターで売られているものは、凡人のベータの為に作られたものだ。

 

この世はベータが中心で、専門家を除けばアルファやオメガの真実を知っている者は少ない。

 

情報を求めて本屋にゆけば、手に取りやすいイラスト付きの『アルファな上司の取扱説明書』がビジネス書コーナーに積まれている。

 

ノンフィクションコーナーに、オメガ属の著者が苦労に満ちた人生を語ったエッセイ本が、または自己啓発本コーナーに『劣等感なく生きてゆくための思考術』といったタイトルの書籍が、今月のおススメ作品のPOPを付けている。

 

Webを漁っても、出処怪しい真偽のほども疑わしい情報が、さも真実のようにコピペコピペで拡散してゆく。

 

...前置きが長くなってしまった。

 

つまり、オメガの発情期に詳しい者はほとんどいない、ということだ。

 

肉体の変化や具体的な症状、その場に居合わせた時の正しい対応の仕方。

 

発情したオメガを前にしたアルファがどうなってしまうのか。

 

そして、発情したオメガの首根っこを噛みつく行為で成立する「番(つがい)」制度とは、存在するのか...。

 

ベータとして生きてきたユノもチャンミンも、オメガの発情期の知識は無いに等しかった。

 

彼らが17歳で属変性したとき、手引書を手渡された。

 

アルファ属、オメガ属の者「だけ」が所有を許されている手引書だ。

(レアものなので、オークションで高値で売り買いされている)

 

 

「ユノぉ...。

どうしよ...」

 

ユノを見上げるチャンミンの大きな眼からぽろぽろと、大粒の涙がこぼれ落ちている。

 

足首まで落とされたスラックスと下着を目にして、ユノは「これがそうか...」と心の中でつぶやいた。

 

ユノはドアから一旦下りると、一式の入った紙袋をドアの上から投げ入れた。

 

「まずは着替えろ。

尻はナプキンを当てておけ。

その後、俺と話をしよう」

 

「うん...ぐすっ...ぐずっ」

 

チャンミンはずるずる鼻をすすりながら、お漏らしレベルにびしょびしょに濡れた下着とスラックを脱ぎ、ユノの指示に従った。

 

ガチャンとドアが開き、真っ赤に火照った顔をしたチャンミンが現れた。

 

胸に抱きしめた紙袋の中には汚れ物が入っている。

 

「場所を変えようか」

 

ユノはチャンミンと手を繋ぐと、隣の空き教室へ入り鍵を締めた。

 

2人は教壇に腰掛けた。

 

「どう?」

 

「すごい...出てくるよ」

 

内股に座ったチャンミンは、両膝をもじもじと摺り寄せた。

 

お尻に当てたナプキンがどれくらいもってくれるか、チャンミンは心配だった。

 

身動ぎすると、じわりじわりと熱いものが例の箇所からにじみでる。

 

オメガは発情期(ヒート)になると、お尻から粘液...オメガの果汁(Ω-no-kaju)が大量に分泌される。

 

その名の通り、粘度はメープルシロップほど、熟れた果物のような芳香がする。

 

香りはヒート臭と呼ばれ、アルファのみが嗅ぎ分けることができる(稀に感覚の鋭いベータが反応することもある)

 

風味については...アルファのみが知っている味(オメガと関係を持つことができたベータも味わうことができるが)

 

これがチャンミンの下着を濡らしていたものの正体だ。

 

変属した際に配布されたガイドブックには記載されていたが、実際に目にするのは初めてだった。

 

オメガの果汁は男性器を受け入れやすくする潤滑剤として、受精率を上げるためにオメガの直腸内のphを最適に保つ役割を果たしている。

 

果汁が放つ魅惑的な芳香はアルファを引き寄せ、彼らの理性を飛ばし、性的衝動性を刺激する。

 

確実に子を孕むため。

 

発情期が訪れたことにより、チャンミンはオメガの果汁を垂れ流すこととなった。

(性的に『感じる』と、同様の粘液が洪水のように溢れ出ること(オメガの洪水)を、後日知ることになる)

 

(僕...発情してるの...?)

 

「チャンミン、お前の身体は変じゃない。

でもな、オメガの身体になったことを受け入れなければならない」

 

ユノはチャンミンの頭を撫ぜると、その手を肩に落として引き寄せた。

 

チャンミンの頭はユノの肩にこてん、とおさまった。

 

「熱が出てきたな」

 

チャンミンのこめかみの熱が、ユノのシャツを通してじんじんと伝わってくる。

 

発情期中の身体の変化は様々なところで現れ、そのひとつが体温の上昇だ(今後、順に紹介してゆく)

 

「どう?

気分は?」

 

(手引書によると...)

 

「ムラムラとか...する?」

 

「ムラムラ?」

 

この時のチャンミンは、全身が熱っぽいこととお尻が濡れる不快感だけだった。

 

「発情期...ヒート...。

ヤりたくて仕方がなくなる、ってやつね」

 

「うん。

どう?」

 

ユノは自身の肩に頭をもたせかけたチャンミンを窺った。

 

発情期だろうがなかろうが、ユノは常にチャンミンとヤリたくて仕方がなかった。

 

特にアルファになってから、確実に性欲が増していたユノだった(その具体例は後に延べてゆく)

 

チャンミンを押し倒して、あれやこれやするHな妄想で頭の中はいっぱいだったが、チャンミンを守ると決めたからには、ベータだった頃と同じような付き合い方はできないのだ。

 

(アルファとオメガの性交は、イコール妊娠と言ってもいい。

慎重にならないと)

 

「ムラムラかぁ...。

ん~...これと言ってないんだよ。

お尻は気持ち悪いし、だるいし...。

でも...」

 

チャンミンは目をつむり、自身の身体をスキャンした。

 

「強いて言えば、お股のあたりが変な感じがする」

 

「どんな感じ?」

 

「ムズムズ、じんじんする」

 

「触ってみたら?」

 

チャンミンのお尻の辺りを見ようと身をかがめたため、チャンミンはユノの頭を押しのけた。

 

「だ~め。

触ったらいけない気がする」

 

チャンミンは立ち上がると、座ったままのユノへ手を差し伸ばした。

 

「僕の発情も始まったことだし、センターについてきて」

 

ユノはチャンミンに手を引っ張られ、立ち上がった。

 

「そうだな。

今から行こうか?」

 

チャンミンは、初めての発情を迎えた時になったら、センターへ報告を兼ねて診察を受けるよう指示されていた。

 

新たな抑制剤に切り替える必要があるからだ。

 

ユノとチャンミンは、アルファとオメガ専門の医療センターで抑制剤の処方を受けている。

 

「発情っていうから、もっと凄いかと思ったけど、大したことないね。

外にも出られないって言ってるけど、全然平気じゃん」

 

チャンミンはユノと腕を組んだ。

 

「う~ん...そう決めつけるのは早計じゃないか?

ちゃんと診てもらって、これからのアドバイスを受けようか。

多分、これまで通りにはいかないと思う」

 

発情期のオメガは身辺に気をつけないといけないと、変属性した時に注意を受けたし、手引書にも赤文字で記載されている。

 

(アルファの俺がどうやってチャンミンを守れるか、そのノウハウも教えてもらおう)

 

「そうかもしれないね。

でも、今は何ともないと言ってもいいくらい」

 

2人は教室に戻ることなく、そのまま学校を後にしたのだった。

 

言い訳は後から考えればいい。

 

変属性してからのユノは、言い訳と嘘の達人になった。

 

周囲がベータだけとはいえ、発情しているオメガを、適切な抑制剤無しで教室に戻すのは不安だ。

 

センターとはどのような施設なのかの説明はおいおいする。

 

 

この日、アルファであるユノが発情期を迎えたチャンミンを前にして、どうやって冷静でいられたのだろう?

 

疑問に思われた方が多いであろう。

 

ユノのアルファ性がまだ未成熟だったためだ。

 

この後、チャンミンのヒート臭を嗅ぎ続けたことで、ユノのアルファ性が目覚める。

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」