(1)ぴっかぴか

 

 

 

~チャンミン~

 

ひと目見て「好み」だと思った。

 

僕がいるテーブルからは斜め後ろ姿しか確認できない。

 

そうであっても、頬のラインや頭の形だとかでなんとなくはわかるものだ。

 

抜群のスタイルの持ち主だってことは、金髪にブリーチした小さな頭や広い肩幅、細身のパンツに包まれた伸びやかな長い脚からすぐに分かる。

 

20代半ばかそれくらいだから、僕と同じくらいかな。

 

その男は女連れだった。

 

女の子の顔が険しいのは、喧嘩か別れ話か。

 

2週間以上ご無沙汰だった僕は、ひと肌寂しさとむらむらを抱えていて、イライラのピークだった。

 

いいカモが現れたと心中でニヤリ、とした。

 

僕という人間は、もし自分が女の子だったら、尻が軽いと言われる類の人間だ。

 

恋は暮らしを彩るスパイス。

 

...なんてことくらい知ってるよ...でも、狭い人間関係。

 

寝た男の『今彼』が僕の『元彼』だったりして、トラブルは御免だが避けられないのだ。

 

付き合うとか付き合わないとか、そういうオンリーな関係に面倒さを感じていた僕。

 

後腐れのないその場限りの関係や、例え恋人がいたとしても、浅く広い浮気をしたりして。

 

半同棲みたいな恋人がいたのに、あっちこっちで関係を持っていた僕が悪いんだけどね。

 

思いっきり平手打ちされちゃったよ。

 

幸い口の中を切っただけで済んだけど、顔が傷つくのは困る。

 

お相手に不自由していないのも、自分がまあまあな顔をしているおかげだからね。

 

いろんな男と寝てきた。

 

いい思いもしてきたし、痛い目に遭ったことも沢山あった。

 

童顔な僕から従順だと勝手なイメージを持たれ、攻め一辺倒なセックスをする奴も多くて、うんざりだったのだ。

 

男相手だからって多少乱暴にしても大丈夫だなんて、勘違いして欲しくないんだよね。

 

行為に馴れてると余裕をみせる奴ほど要注意だ。

 

馴れた奴より新品に近い奴がいいなぁ、って思い始めていた。

 

ところが、『新品』を発見するのは難しいのだ。

 

大抵は女性が好きな質だから。

 

僕がこうして夜な夜な飲み屋をぶらついているのも、お相手を物色中するためなのだ。

 

そう悪くない顔かたちをしていて、どことなく寂し気な雰囲気を漂わせている奴を発見した時には、それとなく話しかけてみて探る。

 

見込みがなさそうな奴であったとしても、僕の好み...僕は面食いなのだ...に合致する奴とめぐり合わせた時は、少々強引な手もつかう。

 

僕とやれば大抵の者は、その気持ちよさに激しくイッてくれる。

 

そして、大抵は1発きり。

 

2発3発と関係を持ちたくなるけど、それは相当相性がよかった者に限られる。

 

そうであっても、できるだけ早い段階でフェードアウトさせる。

 

僕が欲しいのは身体の関係のみ。

 

心の繋がり合いについては...僕は自己完結型だから必要ないのだ。

 

だって、僕の身体が寂しがっているだけに過ぎないのだから。

 

 

 

 

勢いよくその女の子は立ち上がった。

 

騒がしい店内だったから、勢いよく立ち上がった拍子で椅子が立てた大きな音も、その男に吐いた捨て台詞も聞こえるはずがない。

 

あらら...とうとうフラれたね。

 

好都合だ。

 

険しい顔をした彼女が、僕の前をずんずんと通り過ぎていった。

 

ぽつんと一人残された、金髪頭。

 

座った姿勢じゃサイズが分からないけれど、筋肉質そうな身体付きとお尻の感じから、力強い腰振りが期待できる。

 

100%の確率で彼は、男の経験はない。

 

ぴっかぴかだ。

 

寂しい彼を僕が慰めてあげようではないか。

 

 


 

 

~ユノ~

 

 

初めて彼を見た時、きざったらしい男だと思った。

 

髪色はシルバーで、長く伸ばした前髪を耳にかけていた。

 

白シャツに黒パンツだなんてシンプル過ぎるファンション...スタイルに相当、自信がないと着こなせない。

 

その男はそれがまた、様になっていたのだ...悔しいくらいに。

 

男の俺が男に見惚れるなんて気持ち悪い。

 

彼に釘付けになってしまいそうなのをぐっと堪えて、彼の横を通り過ぎた。

 

視線の隅をかすめただけで、顔をよく見られなかった。

 

でも、真っ白レベルに脱色した髪色は相当目立つ。

 

じろじろ見るのも失礼だな、と思ったから、席へ案内する店員の背中に視線を戻した。

 

俺は今日、大事な用があってここに来たのだ。

 

客のひとり...やたら綺麗な男に心惹かれるために来たのではないのだ。

 

 

 

 

撃沈。

 

こうなるんじゃないかって予感はしていた。

 

デートの誘いもかわされる、既読スルー。

 

そんな1か月が過ぎた昨日、彼女から「話がある」とメッセージが届いた。

 

久しぶりのメッセージに、ふさぎ込んでいた気持ちが一気に浮上したが、すぐさま沈んだ。

 

「いよいよか...」と覚悟した。

 

「もしかしたら...」と、淡い期待もあったりして...。

 

でも、現れた彼女の表情は固く、彼女の言葉を聞く前に「あ~あ、やっぱり」と、諦めた。

 

別れ話をメールで済ませず、直接会ってケジメをつけてくれた彼女を、「いい子じゃん」と感心する俺は能天気野郎なのだろうか。

 

「どうして別れたいの?」と、今後の参考までに質問する。

 

俺は引き際のよい男なのだ。

 

別れを決めた彼女に、みっともなくすがるなんて格好悪いから...じゃない。

 

彼女の為に、やれることは尽くしたのになぁ。

 

フラれた原因が俺にあることは、重々承知していたのだ。

 

彼女は俺とセックスがしたい。

 

一方、俺は彼女とは「まだ」したくなかった。

 

俺の中には妙な信念というか、貞操観念みたいなのがあって、「一生この子だ!」と信じられる子とじゃないとしたくないのだ。

 

裸になって、誰にも見せたことのないところを見せあって、そのナイーブなところを繋げるんだ。

 

セックスをするとは余程のことなのだ。

 

まずは心と心がばっちり繋がった上でじゃないと!

 

男女の関係が高校時代よりフリーダムになる大学生になった時、俺が珍しいタイプの人物だということを初めて知った。

 

俺の見た目はまあまあ...悪くはないはずだ(身長も高いし、周囲もカッコいいと言ってくれるし)

 

中学高校とまあまあモテた(ファーストキスは中学1年の時だ。早い?遅い?)

 

校内カーストではまあまあ上の方だった。

 

友人も多かったし、部活動では活躍していた、学園祭のミスター××高校に選ばれた。

 

ところが...。

 

恋愛に関して、実は旧式な考え...それも、まるで女の子が抱くような...の持ち主だったとは...!

 

交際3か月を超えても一向に手を出そうとしない俺に、彼女たちは痺れを切らす。

 

「セックスしない」イコール「好きじゃない」

 

今の彼女(もう前カノになるか!)で4人目ともなると、さすがに落ち込む。

 

彼女への愛情を証明するために、自身の信念なんて無視して、ヤッてしまえばいいんだけどなぁ。

 

それが出来ないのが俺なのだ。

 

だから25歳にもなって童貞なのだ。

 

「ん...?」

 

気配を感じて、俯いていた頭を持ち上げた。

 

「わ!」

 

白い髪、白いシャツ。

 

あの男が正面の席...さっきまで前カノが座っていた席...にいた。

 

見知らぬ男が断りもなく接近してきたら、警戒してしまうのは当然のこと。

 

俺が例えば女の子だったら、「ナンパか?」と真っ先に思うだろう。

 

ところが俺は男だから、怪しい空気ぷんぷんだ。

 

何かを売りつけようとしてるのか?

 

俺をフッた前カノの『今彼』だとか!?

 

それとも、「君、夜の仕事に興味ない?」と勧誘されるのかな?

 

などなど、俺の思考はフル回転だったのに、同時に

 

「へえぇ...カッコいい奴だなぁ」と、しみじみ思っていたりもした。

 

「こんばんは」

 

にっこり笑ったその顔が可愛いのだ。

 

ついつい警戒心がゆるんでしまって、「...こんばんは」と答えてしまった。

 

「ここに居て、いい?

迷惑?」

 

「...い、いえ」

 

俺は迷うことなく、首を左右に振っていた。

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」