(25)虹色★病棟

 

僕はユノとキスをした!

 

マスクの不織布を通して、ユノの唇の柔らかさと温かさをはっきりと感じとっていた。

 

押し当てるだけの、間接キスにもならない慎ましいキスだった。

 

口元を離した時のユノはぼぉっとしていて、僕とキスした時の姿勢のまま静止していた。

 

僕は調子にのり過ぎたみたいだ。

 

ユノのパーソナルなエリアに入るのを許され、シーツ越しだったけど、僕の身体にもたれかかっていた。

 

いいのかなぁ、こんなことしちゃっていいのかなぁ、と戸惑いながら、嬉しがっていた。

 

大事な人を亡くしたばかりなのに、他事に気が散ってしまう自分はなんと冷酷なのか、その人への愛情はそんな程度だったのか...これがユノを苦しめている考え。

 

その悩みを僕に打ち明けてしまうこと自体が、その人への愛情と、喪失の苦しみがとても大きいことを証明していると、僕は思うんだ。

 

今の僕がユノの立場だったら、知り合ったばかりの男に、心のうちを細かに打ち明けたり出来ない。

 

ところがユノは無防備にも、僕が質問しないうちからさらけ出すのだ。

 

心のガードが甘々なんだ。

 

ゴーグルの下でギラリと光る鋭い眼差しの持ち主のくせに、この警戒心のなさ。

 

あ~あ、ハートがボロボロになっている証だ。

 

僕は我にかえって、ベッドから飛び降りた。

 

6層の不織布を通過してきた僕のばい菌に、怖気立つユノを見たくなかった。

 

ユノの行動は理解できてるつもりだけど、ばい菌扱いされると傷つく時もある...それがキスだったから余計に。

 

「後で顔を洗ってね。うがいもしてね」と声をかけてから、ユノの部屋を出た。

 

 

当然、眠気は一向に訪れなかった。

 

諦めた僕は枕元灯をつけ、読みさしの本を開いてみたけれど、内容が頭に入ってこなかった。

 

懐中電灯を持った巡回のスタッフが2度、僕がちゃんと部屋にいるかを確認していった。

 

読書も諦めた僕はベッドを下りるとルーバー窓を開けて、ガラス板の隙間からそよぐ風で火照った頬を冷やした。

 

僕とユノの部屋がある側は中庭に面していて、外は真っ暗闇で何も見えない。

 

クローゼットの扉を開け目をつむった僕は、最初に手に触れたワンピースを取り出した。

 

手にしたワンピースを胸に当て、鏡に映してみる。

 

薄茶色の地に、焦げ茶と紺のチェック柄で、ウエストを黒の革ベルトで締めるデザインになっている。

 

白のソックスに、黒のワンストラップ靴に合わせよう。

 

今日はそうしよう。

 

 

さっきのキス、パジャマじゃなくてワンピースを着ていたら...。

 

キスから先...ぬくもりが欲しいユノと、肌と肌を合わせられたら...。

 

ユノの指が背中のファスナーをじじっとゆっくり下ろしてゆく。

 

「はあ...」

 

僕はうっとりと、ため息を漏らした。

 

ごめん、ユノ。

 

ずるい男になって、ユノの弱った心につけこむよ。

 

だって僕は、ユノに一目惚れしてしまったんだ。

 

ユノはおそらく、ストレートだと思う。

 

なんとなく、そう思った。

 

ぐらぐら不安定なところに僕が現れて、お世話し始めた。

 

空いた隙間をぬくもりで埋めたくて、僕の中から亡くしたその人を探している。

 

たまたま隣にいた僕に、刷り込みみたいに懐いてしまったことを、好意によるものだと勘違いしている。

 

勘違いの好意だとしても好意は好意だ、力技で大切な人とやらを忘れさせるから。

僕には時間がないんだ。

 

「...あっ」

 

心の小箱がガタガタ揺れ出した。

 

ワンピースの胸元を握りしめ、小箱が大人しくなるのを待った。

 

「...ふう」

 

額に浮かんだ汗を手の甲で拭い、ベッドにぱたんと背中から倒れ込んだ。

 

ユノはワンピース男を目にしても、眉をひそめなかった。

 

大丈夫だ、僕でもいける。

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」