【BL短編】埋める吸われる、繋がり交わる

引いたものをめり込ませた。

凄まじい吸引力で、二度と抜けなくなるかと怖くなる。

いいんだ、永遠に埋もれたままでいい。

抜いて刺して、回転させる。

ゆるんでいた壁が収縮して、締め付け始めた。

窒息しそうだ。

アオダイショウに呑み込まれたネズミの気持ちになる。

排出することしか知らなかったそこは、異物を受け入れる悦びを知ったのだ。

どん欲に吸いこみにかかる。

奥へ奥へと。

俺たちはれっきとした社会人で、最低限であっても人付き合いも必要で、衣食住を整えないといけない。

本来の機能通り、排出しないといけない。

永遠に繋がったままではいられないのだ。

締め付けから解放され、寂しくてたまらない。

埋めたものは奥へ奥へと送り込まれ、頭のさきまで飲み込まれてしまった。

俺たちの肉体はひとつになった。

二度と離れ離れになることはない。

ここでハッと気づくのだ。

それぞれ別個の肉体だったからこそ、せめぎ合いに夢中になれたのだ。

埋めてくるものを逃すまいと、首根っこを締め付け、吸い付いてくる。

吸い尽くされないよう、抜きさしを繰り返す。

届いてはいけない箇所を突いてみては、動きを封じる。

ひとつになれた感動と、身体の芯で繰り返される快感の小爆発。

一体になってしまった俺たちにはもう、経験することのできない感覚だ。

それならば、もう一度二つに分かれてみたらどうだろう。

ひとつになった塊を、まっぷたつに千切るのだ。

そして、かつてのように激しく交わるのだ。

僕たちは、まるで双子のような容姿をしているだろう。

全く同じ容姿の二人が繋がり交わる。

禁断の行為。

今度は、背徳的な行為に溺れる僕たち。

しばらくすると、寂しさに耐えきれずに一個になる。

くっついたり離れたり。

僕たちの遊びは永遠に続く。

 

(おしまい)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」

BL的短編集