【Secret】蛇

 

 

僕はシャワーを浴びていた。

 

頭上から降り注ぐ熱いお湯が、一日の労働で強張った首や肩をほぐしてくれて、とても気持ちがいい。

 

真っ白なタイルを踏む僕の足は、血色よく染まっている。

 

「ひっ!」

 

視界をかすめたものに、僕は硬直する。

 

髪をかきあげた手が止まった。

 

恐怖が喉を締め、僕は呼吸を忘れた。

 

とぐろを巻いていたのが鎌首をもたげ、僕と目を合わせた。

 

ずるりずるりと、僕に忍び寄るそれ。

 

くねくねとくねらせて、僕を狙って近づくそれ。

 

青光りする銀色のうろこが、ぬめぬめと。

 

ゆっくり蛇行して、僕を目指している。

 

それの眼は漆黒だった。

 

魅入られた僕は、身じろぎせず、それの到着を待つ。

 

「...あ」

 

二又の赤がちろりちろりと、僕の小指をくすぐった。

 

固く引き締まっているのに、弾力ある筋肉の鞭が僕の足首をかする。

 

螺旋を描いて、ずるりずるりと僕の膝を上昇する。

 

繁殖力凄まじいつる草のように、僕の右足を巻きつくそれから、目が離せない。

 

「あ...」

 

内股の皮膚を引きずられて、ぞくりと寒気が下腹を襲う。

 

それは柔らかく過敏な中心を探している。

 

緩んだ瞬間を狙って、それは割れ目にこうべを埋める。

 

僕のそこは、既にパクパクと口を開けて待っている。

 

「ああ...っ」

 

侵入してきた固く引き締まったそれ。

 

強烈な痺れが背筋を貫く。

 

それは中で円を描きながら、奥へ奥へと突き進む。

 

「...ん...はっ...」

 

それが身をくねらすごとに、僕は喉を反らして高い悲鳴を漏らす。

 

いつの間に、それは僕の腕ほど太く膨れ上がっていた。

 

それの胴身は、僕の両膝をきつく締め付けている。

 

僕の中で、うねりくねらすしなかやかな身体。

 

僕の内壁もうねりながら、それを締め付ける。

 

...と、それは一旦、頭を引き抜いた。

 

鎌首が僕の弱いところを刺激して、その瞬間視界が真っ白になる。

 

間髪入れずそれは、獲物を狙うかのように、僕の穴倉に飛び込んだ。

 

「...んあっ...!」

 

限界まで開いた入口をみしみしと、さらに引き延ばしながら僕の中に入ってくる。

 

それは管の中でのたうって、僕の胃袋を目指している。

 

僕の中は、それでいっぱいに埋められる。

 

胃に達したそれは、いずれ僕の喉から顔を出すかもしれない。

 

恍惚の大波にさらわれた。

 

腰の力が抜け、鏡に両手を付いて半身を支えた。

 

「...ん」

 

滑らせた手の平で曇った鏡が拭き取られ、うっとりと色に酔う僕が映し出される。

 

「どう?」

 

耳朶に熱く吐息がかかる。

 

「いい。

すごく...いい」

 

鏡の中の、美しいその人と目が合った。

 

僕をぞくりとさせる、低くて優しいその人の声。

 

青みを帯びた、つやつやと濡れた瞳。

 

この一対に射すくめられた僕は、蛇の前の子ネズミのようになってしまうのだ。

 

その人の腕に後ろから、僕の腰は抱かれていた。

 

背中を押され、僕は深く身を屈めた。

 

肌と肌が打ち合う音。

 

シャワーが降り注ぐ中、バスタブをつかむ僕の指が白くなる。

 

その人に刺し貫かれて、僕は甘い悲鳴をあげる。

 

僕の腰に巻きつく腕に、じわりじわりと力がこめられる。

 

その人に丸飲みにされるのか。

 

僕がその人を丸飲みにするのか。

 

その人のものを、蠢く穴奥へと飲み込みながら、どちらなんだろうと僕は考えていた。

 

 

 

(おしまい)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」