【1】NO?ー僕との出逢いー

 

 

「悪いな」

 

「一か月だけだぞ」

 

同級生Tに平身低頭で頼まれ、チャンミンはしぶしぶ首を縦に振るしかなかった。

 

「僕だって同棲中なんだぞ」

 

「悪いな。

うちには空いてる部屋がないんだ。

赤ん坊も生まれそうだし」

 

Tの妹が、就職活動のため都会に出てくるとか。

 

ところが、Tには3歳になる三つ子と、さらに臨月のお腹の妻もいて、家の中が戦場状態で、とても妹を迎え入られる状況ではなかった。

 

そこで、2LDKと余裕のある部屋に住むチャンミンに白羽の矢が立ったのだ。

 

「お前に妹がいたなんて初耳なんだけど」

 

「話したことはなかったからな。

母親の再婚相手の連れ子なんだ。

会ったら驚くぜ」

 

 

「体重100キロだとか?

それとも、超美人だとか?」

 

(だったら、嬉しいな...

いや、それはマズイ。

もめごとの種になる)

 

「そのどちらでもない。

会ってからのお楽しみだ。

これが、妹の電話番号だ。

来週あたりに、来させるから」

 

ニヤニヤ笑うTと駅で別れると、チャンミンはため息をついた。

 

(面倒なことに巻き込まれた。

Tは昔から強引な奴だった)

 

気持ちを重くさせるTからの依頼だったが、わずかながらも好奇心もかきたてられた。

 

(ヒゲが生えてるんじゃないかくらいの、男みたいな女も嫌だな)

 

そして、一週間後、チャンミンは同級生の妹との初顔合わせで、息が止まるほど驚くことになる。

 

 


 

待ち合わせの最寄り駅の改札で待ち合わせることにした。

 

電話で聴くTの妹の声は、女性にしては低めで話し方も落ち着いていて、チャンミンは安心した。

 

キャピキャピした子だったら、ますます気が重くなってたところだ。

 

トレーナーにデニム、スニーカーといったラフな格好のチャンミンは、この日は有休をとっていた。

 

Tの妹が、チャンミンの部屋にやってくる日で、一か月は滞在するとなると荷物も多いだろう。

 

平日の昼間とあって、改札口を通る人もまばらだった。

 

改札口を正面から眺められる、駅前のモニュメント前の土台にもたれて待つことにした。

 

(なんだかんだ言いつつも、ちょっと楽しみだったりして)

 

チャンミンが分かっていることは、1.若い女だということ、2.Tには似ていないこと、3.肥満体でも美人でもないこと。

 

針のように痩せている、革ジャンを着た刈り上げヘアのあの子か...?

 

男だったか...、違う。

 

赤いキャップをかぶった、厚底スニーカーのあの子か...?

 

可愛いから、違う。

 

電車が到着するたび、改札口に流れてくる人波に目を凝らす。

 

待ち合わせ時間5分前。

 

改札を抜けたその子は、真正面に立つチャンミンが待ち合わせの者だとすぐに分かったようだ。

 

(え!?)

 

グレーのパーカーにデニムパンツ、スニーカー姿だった。

 

(え!?)

 

荷物は、リュックサックひとつだけ。

 

(えぇっ!?)

 

女性にしては背が高かった。

 

(おいおい)

 

早足でチャンミンの元へ近づく。

 

(おいおいおいおい)

 

チャンミンが驚いたのは、彼女の背の高さでも荷物の少なさでもなかった。

 

ボーイッシュな格好でも、痩せ気味で、髪が短いことでもなかった。

 

意志の強そうな眉と二重瞼。

 

秀でた額と、通った鼻筋。

 

高い頬骨と、頑固そうな顎。

 

 

(ちょっと待ってくれよ!)

 

 

彼女の顔が、チャンミンそのものだったからだ。

 

まるで、鏡に自分を映しているかのようだった。

 

唯一違うところは、彼女の場合は真ん中で分けた前髪が、耳にかけられるほど長いところ。

 

チャンミンの正面に立つと、身長差は5センチほどだと分かる。

 

チャンミンの顔をじぃっと眺める。

 

二重瞼の大きな丸い眼。

 

「チャンミンさん、ですね?」

 

電話越しで聴いたとおり、低めの声。

 

 

「......」

 

 

「兄が話していた通りですね。

私によく似ています」

 

 

驚愕のあまり、チャンミンは息が詰まって言葉が出ない。

 

 

(似ているどころのレベルじゃない。

不気味なほど一緒じゃないか!

“女性版チャンミン”じゃないか!)

 

 

「名前はチャミ子といいます」

 

「えぇっ!」

 

「冗談です」

 

「えっ?」

 

 

「民(ミン)です。

兄から聞いていませんでしたか?」

 

 

(あいつめ。

肝心なことを教えてくれないんだから)

 

よりによって、二人とも似たようなファッションだったため、並んで歩くと『双子感』が増した。

 

 

チャンミンは、ついつい隣を歩く民に目をやってしまう。

 

 

長い首も、横顔のラインも、驚くほど同じだった。

 

同じだけれど、よく見ると民はちゃんと女性に見えた。

 

「一卵性双生児みたいですね」

 

「え?」

 

「性別が違うからあり得ませんけど」

 

無言で歩いていた民が、口を開く。

 

「私も驚いてます」

 

淡々と話すから、驚いている風には全然見えない。

 

 

「実は生き別れの兄妹です、ってことはあり得ませんので、安心してください」

 

「はぁ」

 

「兄と初めて会ったときも、兄はとても驚いていました。

口をぽかんと...開けて。

『チャンミン』って私のことを呼びました」

 

くすくすと彼女は笑った。

 

きりっとした眉が一気に下がって、左右非対称に細められた目。

 

(に、似てる)

 

「だから、一度チャンミンさんを見てみたかったんです。

どれくらい似てるのか...」

 

笑った表情がどんなだか、鏡で確認することは案外ないものだ。

 

写真に撮られた笑顔の自分と民が、あまりに似ていてチャンミンは感動すら覚えていた。

 

民の二重瞼は長いまつ毛に縁どられ、その下の黒い瞳が澄んでいて、青みを帯びた白目には濁りがなくて、チャンミンは見惚れていた。

 

 

(綺麗だな...って、おいおい!

自分に見惚れてどうするんだよ!)

 

チャンミンは、そんな自分の気持ちを打ち消そうと、首を振った。

 

(この子を見ていると、おかしな気分になる)

 

「チャンミンさんは、彼女さんと暮らしているんですよね」

 

「ああ」

 

「彼女さんの名前は?」

 

「...リア」

 

最初の一言が喉にひっかかってしまった。

 

(リアの名前を口にするのが、こうも気が進まないこととは)

 

「リアさん、ですね。

了解です」

 

そう言った後、民は考え事をしているのか、しばらく無言だった。

 

「これだけ似ていれば、兄妹で通じますね。

リアさんには、兄妹って伝えてます?

それとも従妹ですか?」

 

チャンミンのマンション前に到着し、二人がぴたりと立ち止まった時、民はそう尋ねた。

 

 


 

 

「この部屋を使って。

物置に使ってたから、散らかってるけど」

 

フローリング敷きの6畳間の部屋の隅に、衣装ケースと段ボール箱が寄せられている

 

換気のため開けておいた掃き出し窓からそよぐ風が、無地のカーテンを揺らしていた。

 

「エアコンのリモコンはここ。

悪いんだけど、テレビはないんだ」

 

室内に入ると、民の容姿がよりリアルに目に映るため、どぎまぎしたチャンミンは説明に専念した。

 

「クローゼットも引き出しも空いてるところ、自由に使ってくれていいからな」

 

「いい部屋ですね。

ありがとうございます」

 

細く長い脚を折って正座をした民は、立ったままのチャンミンを見上げてにっこりと笑った。

 

「......」

 

再び、チャンミンの息がぐっと詰まった。

 

「敬語はやめよう。

兄妹設定だから」

 

「了解です」

 

「疲れただろ?

横になってもいいし...。

布団を干したばかりだから、気持ちいいよ」

 

チャンミンは前日のうちに、民を迎え入れるためひと汗かいていた。

 

掃除機をかけ、シーツは洗濯した。

 

同棲する彼女の服や靴、雑誌が堆積していたので、それらをまとめて箱に詰めた。

 

ひと拭きごとに黒くなるタオルを見て、ここに越してきて以来、初めてのガラス拭きであることに気付いた。

 

 


 

 

あの頃のワクワクとした気持ちはもう、思い出せない。

 

『同棲』という甘い響きに憧れていた頃。

 

リアと、同じ屋根の下で暮らせる幸せ。

 

スーパーで一緒に買い物すること。

 

リアと同じベッドで眠ること。

 

「おかえり」「ただいま」を言い合うこと。

 

ささいなことが、くすぐったく幸せだったことも、過去の話だ。

 

 

僕の名前で君を呼ぶ    TOP