【番外編】NO?-パジャマを脱ごうー

「はい、どうぞ」

 

民ちゃんに手渡された紙袋を前に、僕は自分を指さした。

 

「僕に?」

 

「はい、そうです」

 

民ちゃんは小首をかしげて、にっこりと笑った。

 

眉と細めた目尻が左右非対称に下がって、「う...可愛い」と心の中でつぶやいた。

 

湯上り民ちゃんは、化粧水を塗ったばかりの頬を光らせて、濡れ髪をターバンでまとめている。

 

「えー、なんだろう?

誕生日...でもないし...何なに?」

 

僕はワクワクとはやる心を抑えつつ、紙袋の中身を取り出す。

 

「え...これ...?」

 

ひと目見てドッキリした。

 

「はい、そうです」

 

「僕に?」

 

「日頃の感謝の気持ち、です」

 

「わざわざ、いいのに...」

 

「ふふふ。

チャンミンさん、早く着がえてくださいな」

 

「う、うん」

 

「......」

 

「民ちゃん」

 

「はい?」

 

「見られてると恥ずかしいから。

あっち...向いてて」

 

民ちゃんったら、くいいるように視線を注ぎ続けるから恥ずかしくなってきた。

 

「パンツを脱ぐわけじゃあるまいし...。

見せてくれるのなら、ありがたく拝見しますよ。

あ!

冗談ですよ、本気にしないで下さい。

一度見たことがあるから、十分です」

 

「うーん...」

 

僕は民ちゃんに背を向けてハーフパンツを威勢よく脱いだ。

 

続けて民ちゃんから貰ったものに足を通そうと片足をあげたが、爪先がひっかかりバランスを崩してしまった。

 

「うわっ!」

 

尻もちをつきそうになるのを、とっさに飛びついた民ちゃんの腕に支えられた。

 

コケるところだった...!

 

「おっちょこちょいのあわてんぼうさんですね」

 

「民ちゃんほどじゃないよ」

 

「むっ」

 

ボタンをかけ終えて、民ちゃんに披露した。

 

「ほら、着たよ」

 

おどけて空気のスカートの裾をつかんで、脚をクロスしてみせる。

 

「チャンミンさん...」

 

胸の前で両手を合わせた民ちゃんは、キラキラと目を輝かせている。

 

「素敵です。

似合ってます...!」

 

「ありがとう」

 

民ちゃんからプレゼントされたのは、太い縦じま模様のパジャマだったのだ。

 

何でまた、パジャマ...なんだ?

 

よりによって...これ、なんだ?

 

上等な生地と、着る時に目にしたブランドタグが気になった。

 

「高かったでしょ...これ?」

 

「金額の話なんて、無粋なことを言わないでください」

 

「そうだね、ゴメン...」

 

「予想を上回る似合いっぷりだったので、私は満足です」

 

「でもさ、どうしてパジャマなの?」

 

「ふふふ」

 

民ちゃんは僕の鼻先で人差し指を振って、思わせぶりに笑った。

 

「チャンミンさんに着て欲しいなぁ...って」

 

民ちゃんにやられたよ。

 

今度は、僕からの仕返しだ。

 

「民ちゃん」

 

「はい?」

 

「洗面所の、2番目の引き出し開けてみて」

 

「何ですか、突然?」

 

「いいから!」

 

「まさか...セクシー・ランジェリーですか?

チャンミンさんもエッチですねぇ。

エッチな恰好をさせて、私に何しようとたくらんでいるんですかぁ?」

 

「そういう想像をする民ちゃんの方が、エッチだってば。

いいから、行った行った!」

 

身体をくねらす民ちゃんの背中を押す。

 

「はいはい、分かりましたよ」

 

民ちゃんが洗面所へ消えた。

 

 

「おー!」

 

民ちゃんの大きな声。

 

驚いてる。

 

可笑しくって嬉しくって、僕は笑いをかみ殺していた。

 

「チャンミンさん!」

 

民ちゃんが戻ってきた。

 

「え...?」

 

民ちゃんの怒った顔に、僕は固まった。

 

まずかった...のかな?

 

「ズルいです。

私はサプライズにめっぽう弱いんですよ。

サプライズを仕掛けた私が、サプライズ仕掛けられてどうするんですか!」

 

「民ちゃん、怒らないで」

 

なだめるように、民ちゃんの肩を抱いた。

 

「うっうっうっ...」

 

「泣かないでよ...」

 

布越しの民ちゃんの肩が薄くて、胸がギュッとなる。

 

「ごめん...そんなつもりじゃなかったんだ...」

 

ヘアターバンからくしゃくしゃと飛び出た、民ちゃんの髪を撫ぜる。

 

「そんなつもりで、私は大歓迎です」

 

「へ?」

 

「大歓迎です!」

 

民ちゃんは目尻を拭って、顔を上げた。

 

「チャンミンさんこそ、どうしちゃったんですか?

どうですか、似合いますか?」

 

僕の目の前でくるりと回って見せる。

 

ヤバイ...可愛い。

 

民ちゃんが着ているパジャマは、僕が着ているものの色違い。

 

民ちゃんのがワイン色で、僕のはネイビー色。

 

何の気なしにこれを見かけて、気付いたら「これをください」と言っていた。

 

民ちゃんも僕と同じことをしていたなんて。

 

色違いのパジャマ。

 

「新婚カップルみたいですねぇ」

 

鼻にしわをよせた民ちゃんが、「きゃー」と顔を覆って照れている。

 

か、可愛い...。

 

民ちゃんの言葉が嬉しくて、僕の顔も熱い。

 

「チャンミンさん、試してみたいことがあるんです」

 

「え...?」

 

「脱いでください」

 

「脱ぐ?」

 

「パジャマ交換です」

 

「なるほど...」

 

サイズが同じ僕らだからこそ、出来ること。

 

うん、と僕らは頷き合ったのを合図に、僕も民ちゃんも着ているものを脱ぎだした。

 

民ちゃんの肩があらわになって、ギョッとして顔を背ける。

 

「チャンミンさん、ズボン下さい」

 

「待って!」

 

目の前に突き出されたパジャマの上を受け取り、脱いだばかりのパジャマの下を手渡した。

 

僕らは一体何をやってるんだか。

 

僕が民ちゃんのために買ったパジャマを、僕が着て、

民ちゃんが僕のために買ったパジャマを、民ちゃんが着ている。

 

「おー!

赤い方も似合ってますよ」

 

「そう?

こっちに来て」

 

民ちゃんの手を引いて、二人並んで洗面所の鏡に映してみる。

 

民ちゃんがネイビー色の方で、僕がワイン色。

 

「...新婚カップルどころじゃないですよ」

 

同じ顔が並んでいる。

 

「カップルじゃなくて...」

 

その通り。

 

双子感が半端ない。

 

「鏡に映すとどっちが自分で、どっちがチャンミンさんなのか、分からなくなります。

新婚カップルには、全然見えません」

 

「そう見えなくたっていいじゃないか。

変な目で見る奴がいても、無視していよう、な?」

 

「はい」

 

民ちゃんは、鏡に映る僕らを交互に見比べている。

 

「チャンミンさんの赤い方も、いいですねぇ。

たまに交換しましょう」

 

「面白いこと言うね」

 

 

「そうだ!

チャンミンさん、こっちに来てください」

 

民ちゃんに手を引かれて寝室に戻る。

 

「うわっ!」

 

どんと、力いっぱい背中を押されて、僕はベッドにダイブする。

 

(民ちゃんは身体が大きいから、力持ちなんだ)

 

「チャンミンさーん、こっち向いてください」

 

「え!

写真?

写真撮るの?」

 

「ポーズとってください。

テーマは昼下がりのリゾートホテル、ですよ」

 

僕らが居るのはごくごく普通の、マンションの一室。

 

しかも、夜。

 

「枕にもたれて。

そうです。

何か飲み物を持ってた方がリアルですよね。

はい、これ持ってください。

おー、ぐっと良くなりました。

チャンミンさん!

顔がかたいです。

こっちは見ないで、自然な感じで。

くつろいだ感じでお願いします」

 

 

僕は、民ちゃんと旅先のホテルにいるところを想像した。

 

夜更かししたせいで太陽が高くなったころに目覚めた。

 

お揃いのパジャマを着た僕らは、ベッドの上でゴロゴロしているんだ。

 

きっちりパジャマを着ている時点で、昨夜は何もなかった、ってことか。

 

それならば、パジャマを交換しようって言って民ちゃんを脱がすか...?

 

「チャンミンさん!

顔がエロくなってます!」

 

「ごめん!」

 

「おー、いいですねぇ」

 

 

「この写真、SNSにあげますね」

 

「そのつもりだったの?

えー、やめてよ」

 

「安心してください。

これは『私でーす』って、アップしますから。

『髪切りましたー』って。

誰もチャンミンさんだとは、思いませんって」

 

楽しそうな民ちゃんを見て、僕も笑顔になった。

 

 

「あ...」

 

僕は民ちゃんの耳の下にキスをした。

 

民ちゃんはここにキスされるのが好きなんだ。

 

直立不動になった民ちゃんの首が真っ赤に染まっていて、可愛いんだから。

 

ミルクみたいな甘い香りを、胸いっぱいに吸い込む。

 

ここで押し倒したら、民ちゃんは怒るかな。

 

 

(『パジャマを脱ごう』終わり)

 

僕の名前で君を呼ぶ   TOP