46.摂氏7℃-TIME第2章-

 

 

参ったな。

チャンミンは途方にくれていた。

足首まで水に浸かっていた。

サーサーいう音が、コンクリート作りの室内に反響している。

天井から水が落ちてきて、壁にも水が伝っている。

水位は徐々に上がってきており、スニーカーを履いたつま先が冷たさで凍えていた。

タブレット画面を幾ページもスクロールしてみたが、具体的な対処方法を見つけることができない。

(頼りにならないマニュアルだ)

昼間、タキに指摘されてドーム内を巡るパイプやバルブを1つ1つ確認してみたが、そのどれもが異常なしだった。

それならと、ポンプ室に向かったら、この有り様だった。

出勤した時点では、天井から水がしたたり落ちてもいなかったし、こんな風に床が水びたしにもなっていなかった。

チャンミンは、脚立に上って天井を走るパイプの1本1本を、タンクのバルブ1つ1つを丁寧に見たが、そのどれもが水源ではないことを確認できただけだった。

タンクの底に亀裂があるかもしれないと、床に這いつくばってもみた。

(そういえば、音がいつもよりうるさかったような気もする。

苛立ちの原因を追究するのに忙しかったから、気づかなかったのか?

給水パイプのどこかが詰まって、水を送り出す給水タンクに負荷がかかったせいだろうか?

それなら、もっと早い段階で分かるはずだし)

首をひねっているうちに、天井から滴る水がチャンミンの髪と肩を濡らしていく。

地下にあるポンプ室は、暖房機器もなく、普段からじめじめと冷気が満ちている場所だ。

足元は水に浸かり、雨のように降り注ぐ水でびしょ濡れで凍えそうだった。

チャンミンは、ポンプ室入口のコンクリート製の階段に腰かけた。

階段を2段登った上に、スチール製のドアがある。

(今夜はこのままにしておいて、あとは業者に任せようか)

水かさは、チャンミンのふくらはぎまで到達している。

部屋の片隅でほこりをかぶっていた排水ポンプ見つけて、一瞬、助かったと安堵したが、ポンプに取り付けるホースが見当たらなかった。

役立たずの排水ポンプを、苦々しい気持ちで睨みつける。

「はぁ」

チャンミンは、濡れた前髪をかき上げて、濡れて重くなったジャケットを脱いだ。

壁にかかった、気温計を見やる。

薄いTシャツ姿は摂氏7℃にはふさわしくないが、着ている方がかえって冷えてしまう

(このままじゃ、また風邪をひいてしまう)

「よいしょっと」

両ひざをてこに立ち上がろうとした時、

「!」

ガツンと後頭部を殴られたような衝撃が走る。

勢いで前のめりになったチャンミンは、冷たい水の中に四つん這いになってしまった。

不意打ちと痛みで両手で頭を抱えていると、背後から声がする。

「チャンミン!」

振り向くと、目を真ん丸にしたシズクがいた。

 

 


ドーム内を、チャンミンを探して駆けずり回っていたシヅクは、毎朝彼が点検のため降りるこのポンプ室のことを思い出したのだ。

案の定、地下へ続くハッチが開いていた。

(やっぱり!)

穿たれた暗くて深い穴を、シンプル極まりない梯子を1段1段下りていくのは、高所恐怖症のシヅクにとって、勇気のいる行為だった。

(ったく、こんな穴倉でチャンミンは何やってんだ?)

足が最後の1段から、地面に下り立つと、シヅクは緊張と恐怖でガチガチだった身体の力を抜くことができた。

「はぁ」

胸をなでおろす。

「チャンミーン!」

 

ポンプ室までの十数メートルの廊下は、無人だ。

(部屋ん中で、倒れてるんかな?)

四面がコンクリート製の廊下は、壁に設置された小さな電灯だけで薄暗い。

(なんの音だ?)

梯子を下りていく時も気付いていたが、サーサーと雨が本降りの時のような音がしている。

下へほど、その音は大きくなっていった。

「チャンミーン!」

チャンミンを呼ぶ声が、廊下に響く。

(不気味な場所だな)

ポンプ室のスチール製のドアは突き当りだ。

(叫んでも、中には聞こえんか)

錆と塗装のはげが目立つドアのレバーをつかんで、引っ張る。

(開かん!

鍵がかかってるのか!?)

焦ったシヅクは両手でレバーをつかんで、力いっぱい引っ張った。

(ドアを壊すものがいる!

クワか?

 

スコップか?

幸い、農道具はなんでも揃ってるから助かった!)

地上へ引き返そうとしたシヅクは、はたと気付いた。

(私は、おバカさんか)

レバーをつかんで押と、重いスチールドアは抵抗もなく開いた。

ほっとしたシヅクは、ドアをもっと開けようとする。

「ん?」

ガツンと鈍い音がして、何かにつかえてこれ以上開かない。

開いた隙間から中をのぞく。

「チャンミン!」

Tシャツ姿のチャンミンの背中が見える。

頭を抱えながら振り返って、シヅクの方を睨みつけていた。

「ごめんごめん!」

慌ててシヅクはチャンミンの元へ駆け寄るが、すぐに異変に気付いた。

「冷たっ!」

ステップから踏み出した足の冷たさに驚き、周囲を見回した。

(おいおいおいおいおい)

「なんだよ、これは!」

部屋中水浸しだった。

水が天井から落ち、壁を伝っている。

その中で、膝をついたチャンミンは腰まで水に浸かっている。

「なんで?」

「知るかよ!」

差し出したシヅクの手を、パチンと振り払ったチャンミンはゆらりと立ち上がった。

「ごめんな、痛かったよな?」

後頭部をさするチャンミンを見て、シヅクは謝る。

「まさか、あんたがいるとは思わなくてさ」

「......」

(まずいな、まだ怒ってる)

むっつりと背を向けたチャンミンの背中を見て、シヅクは不安な気持ちになる。

(喜怒哀楽の「怒」が前面に出ちゃってるなぁ。

なにか腹が立つきっかけがあったのかなぁ?

何だろ?)

一方チャンミンは、昼間シヅクに会ったら謝ろうとした気持ちを忘れてしまっていた。

シヅクの顔を見たら、苛立ちの気持ちが湧いてきてしまうのだった。