11.腐男子です

 

私は高校教諭、30代独身、生粋の腐男子だ。

 

我がクラスに見目麗しいカップルがいる。

 

彼らは白米が何杯でもいけるほどの、味付けの濃いおかずだ。

 

黒髪貴公子攻めユノとポメガバンビウケチャミだ。

 

脳内で繰り広げられるメイクラブ。

 

その激しさたるや、くんずほぐれつ大乱闘...に見えるほど。

 

薔薇を背負ったユノが、薔薇に埋もれたチャンミンを二つ折りにして、いいところばかり刺激するから、チャンミンは昇天まであと5秒。

 

 

ところで...。

 

...チャンミンは既に、ナカイキできるようになっているんだろうか?

 

高校生だぞ。

 

早いだろ。

 

ユノも高校生だぞ。

 

チャンミンをエロい身体に開発してくれるのは結構だが、そのテクはどこで学んだ?

 

高校生らしい初々しさも大切だ。

 

なんでもかんでも、エロく烈しければよい、というわけじゃない。

 

 

「前立腺...」

 

(しまった!)

 

私は口を覆った。

 

ぼそり、とつぶやいてしまったワードに慌てた。

 

ホームルーム中に妄想する内容じゃない。

 

今のようにおかしなことを口走ってしまうし、ゆるゆる顔面を生徒たちに目撃されてしまう。

 

私は教卓を離れ、窓から校庭を見下ろした。

 

アジサイの花が満開だった。

 

(ふむ)

 

花を美しいという目で見られなくなって、久しい。

 

腐臭ぷんぷんの腐男子の宿命である。

 

薔薇だの、菊だの、百合だの、つぼみだの、すべてが腐に結びついてしまうのだ。

 

例えば百合の花を見れば......百合BL。

 

菊の花を見れば...つまり。

 

 

本日のホームルームでは、学級委員長の選出の真っ最中だ。

 

自主性を重んじる私は(単に面倒なだけ)、司会進行等すべてを彼らにゆだねている。

 

そのおかげで私は腐妄想にふけっていられるのだ。

 

パチパチパチパチ...。

 

拍手の音にハッと我に返った。

 

「決まったのか?」

 

「はい」

 

黒板を見ると...。

 

(何と!!)

 

学級委員長・・・ユノ

副学級委員長・・・モブ

書記・・・チャンミン

 

尊い...。

 

ありがとうございます。

 

せいぜい妄想させていただきます。

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」