腐男子です⑧

 

 

私は高校教諭、30代独身、腐男子である。

 

中学生の頃からBLを嗜んだ結果、腐紳士(ふじぇんとるめーん)まで昇格したのだが、先日の痛恨のミスにより、腐士(ぶし)へと降格したばかりだ。

 

私が担任するクラスにお気に入りのCP、ユノ氏×チャンミン氏がいる。

 

男子高校生...まぐわいを本格的に覚える年ごろだ。

 

 

通勤電車。

 

(BLコミックを開くことは決してない。

ページ内で繰り広げられているSEXシーンは、どれほど激しく変態めいていても、秘めやかな行為なのである。

公衆にさらしてはいけない)

 

私は目の前に立つ男子高校生2人組の会話に耳をすませていた。

 

学ラン2人組。

 

(学ラン...最高だ)

 

詰め襟の校章によると、隣町の××高校(男女共学、進学校だ)

 

真正面の目の高さに彼らの中心があるが、これだけでどちらがどちらかなのか判断しにくい。

 

居眠りしているフリして、会話に耳をそばたてる。

 

「あいつ、さっき無視したよな?」

 

「俺さ~、昨日あいつの地雷踏んじゃってよ~」

 

(じ、じらい...!?)

 

「曲がってる、とか言ったんだろ?」

 

「いや。

痛くても剥かないと駄目だ、って言ったんだ」

 

「そりゃ、地雷もなにも、まんまじゃんか」

 

地雷...地雷...地雷...

 

...ナッシング。

 

私には地雷はない。

 

...雑食である。

 

 

ホームルーム。

 

雑談も生徒たちとのコミュニケーション作りに必要だ。

 

生徒

「先生。

俺んちで犬を飼うようになったんす」

 

生徒の1人が、私に犬の写真を見せようと席をたった。

 

「おっ、いいねぇ、見せてみろ」

 

生徒

「チャンミンんちの犬が子犬を産んだんすよ。

そのうちの一匹を譲ってもらったんす」

 

「へえぇぇ」

 

『チャンミン』の名前に、私は反射的にチャンミン氏の席を見てしまった。

 

チャンミン氏は欠席だ。

 

「可愛いっすよね?」

 

スマホ画面に、薄茶色のふわふわの仔犬が映っていた。

 

犬種は分からない。

 

「なんていう犬?」

 

生徒

「ポメラニアンっす」

 

(な、なんですとっ!?)

 

ポ、ポメラニアン!!!!

 

(※)ポメガバース!!

 

私の腐脳に、膝に抱いたポメラニアンに相好を崩すユノ氏が浮かんだ。

 

そのポメラニアン...。

 

もしや、

 

チャンミン氏か!?

 

チャンミン氏よ、ポメラニアンになってしまったのか!

 

チャンミン氏は先週から休んでいる。

 

腸炎だという話だったが、

 

実は産休だったのか...。

 

ユノ氏の匂いがぷんぷんする私物で巣づくりして、ユノ氏の子を産んで...萌える。

 

違うな...これはポメ化ではない。

 

正解はこうだろう。

 

ユノ氏とチャンミン氏は喧嘩をし(先日のC君の件だ)、

 

その結果、チャンミン氏はポメ化した。

 

(ポメ化したチャンミンは、恐ろしく可愛いだろう)

 

ポメラニアンは学校に行けないから、欠席しているのだ。

 

今日あたり、ユノ氏は仲直りするために、チャンミン氏の家へ行くだろう。

 

ユノ氏にちやほやされて、チャンミン氏は人間に戻る。

 

お久しぶりSEXをする...激しくガツガツと。

 

一件落着、めでたしめでたし。

 

ユノ氏のTシャツや靴下、パンツで巣作りするチャンミン氏...マヂで萌える。

 

<ポメラバース、ポメ化とは>①ポメガ(Ω)は疲れがピークに達したり体調が悪かったりストレスが溜まるとポメラニアン化(ポメ化)する。

(α-アルファ-がポメ化する場合もあり)

②ポメ化したポメガ(Ω)は周りがチヤホヤすると人間に戻る。
(戻らない時もある)

③周りの人がいくらチヤホヤしても人間に戻らないときはパートナー(CP相手)がチヤホヤすると即戻る。

④ポメガ(Ω)はパートナーの臭いが大好きだから、臭いがたっぷりしみ込んだパートナーの私物で巣作りする。

 

お散歩中のチャ...じゃなくて、ポメラニアン

 

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」