抱けなかった罪(10)

 

「僕の不幸話を聞いてください」

 

「聞くよ」

 

「僕...ひどい顔してるでしょ?」

 

チャンミンが言う通り、目を背けたくなる顔をしていた。

 

「チャンミン...」

 

「僕がね、こんなにボロボロになっちゃったハプニング話です」

 

「ああ」

 

「すっごく悲しい話だから、あとで僕を慰めてください」

 

「もちろん」

 

 


 

 

「本当に怖かった。

痛かった。

男の力には敵わないから。

あ...僕も男ですけどね...ハハハ」

 

「チャンミン...」

 

震えるチャンミンの手を握りしめた。

 

「でも、

ユノが初めての相手でよかったです。

あんなケダモノが初めてだったら、死にたくなる」

 

「チャンミン...」

 

あの夜、「チャンミンを抱いていないこと」は口が裂けても、チャンミンには言えなかった。

 

絶対に。

 

一生、言うもんか。

 

「ユノ...この手」

 

「ん?」

 

「血が出てる...どうしたのですか?」

 

「あ...」

 

指の付け根に血がにじんでいた。

 

「ボコボコにしてきたんだ」

 

「誰を?」

 

「ヤツを」

 

たった1発殴っただけだったから、ボコボコは大げさな表現だったけど。

 

「...ユノ...ヤツから聞いたんですね」

 

「だから、ボコボコにしてきた」

 

「顔は?

殴られたんですか?」

 

前カノの兄に殴られた痣に、チャンミンの細い指が触れた。

 

「後始末してきたんだ」

 

「あらら、バイオレンス・ユノですねぇ」

 

微笑んだチャンミンが可愛らしくて、痛々しくて。

 

「お酒をいっぱい飲まされてたから、あまり覚えてなくてよかったです。

2人...3人...だったかな。

...覚えてないです」

 

俺は立ち上がって、ベッドに上がる。

 

チャンミンの小さなベッドが、ぎしっと軋んだ。

 

そして、横向きに寝るチャンミンを後ろから抱きしめた。

 

ビクリとチャンミンの身体が強ばった。

 

「大丈夫だから。

俺は何もしないよ、安心して」

 

4年間ずっと、好きで好きで。

 

触れたい欲求を抑えて、友情関係を守ってきた相手が今、俺の胸の中にいる。

 

チャンミンの身体から、力が抜けた。

 

「ユノ」

 

「ん?」

 

「よかった?」

 

「なにが?」

 

「気持ちよかった?

僕とヤって、気持ちよかった?」

 

「ああ」

 

「ホントに?」

 

「気持ちよかったよ」

 

「よかった」

 

チャンミンの髪が、俺のあごをくすぐる。

 

「研究室は決まったか?」

 

「今その話をするんですか?

決めました。

提出してきました」

 

「どこ?」

 

チャンミンが挙げた研究室は、一番人気で、かつ実験続きで泊まり込み覚悟のところだった。

 

「大丈夫か?

ハードなところだぞ?」

 

「頑張ります。

僕、心を入れかえました。

ユノに叱られましたよね。

やっているうちに、何かしら目標が見つかるって。

...でも、激戦だろうから、入れないと思います」

 

「第2希望は?」

 

チャンミンが挙げた研究室名を聞いて、俺はため息をつく。

 

「ユノと同じ所なら、ユノも安心でしょ?」

 

腕の中でチャンミンはくるりと寝返りをうって、俺の方を向いた。

 

「卒論も手伝ってあげないと」

 

「お前なぁ...俺を甘やかすつもりか?」

 

「僕は、こういう人間なのです」

 

「しょうがないなぁ。

せいぜいバックアップしてくれよ」

 

チャンミンの顔はみるみるゆがみ、目尻に涙が溜まってきた。

 

「ユノ。

頑張って一緒に卒業しましょう」

 

「ああ」

 

 

 

 

口に出すなら、今しかないと思った。

 

「俺の独り言を聞いてほしいんだけど...?」

 

「何?」

 

「こんな時に話す内容じゃないのは、分かってる」

 

涙のせいでつやつやと光ったチャンミンの瞳が、俺を射る。

 

「チャンミンは、俺にとって...大事な友達だ。

一緒にいて楽だし、面白いし...」

 

胸の鼓動が早い。

 

「...そんなことが言いたいんじゃなくて...」

 

ふぅっと一息つく。

 

 

「俺は、チャンミンが好きなんだ。

信じられないと思うだろうけど、

チャンミンのことが、ずっと好きだったんだよ。

気付かなかっただろ?」

 

全身が熱い。

 

俺の顔は、真っ赤になっているだろう。

 

「チャンミンのことが好きでいながら、他の子とヤリまくっていたなんて、おかしな話だ。

チャンミンはいつも誰か、好きな奴がいただろ?

そばで見ていて、俺は苦しかった。

だって、チャンミンのことが好きだったから、ずっと」

 

「ユノ...」

 

「しー」

 

口を開きかけたチャンミンの口を、片手で塞いだ。

 

「返事はいいから。

今は、いいから。

俺が誰かに...男に告白するのは初めてなんだ。

フラれることに慣れてないから。

返事はもうちょっと後で聞かせて」

 

チャンミンの目尻に溜まった涙を、俺は親指でぬぐってやった。

 

「もし、駄目でも、

俺は玉砕するつもりはないから。

何度でも言うから。

チャンミンが好きだって、何度でも言うから」

 

俺はチャンミンの頭を胸に引き寄せて、抱きしめた。

 

「こんな俺でごめんな。

俺はチャンミンの彼氏になりたい。

そんな資格が俺にないのは分かってる。

あっ、安心しろよ。

俺のユノは、これからはチャンミンにしか使わないから」

 

「ぷっ」

 

チャンミンが吹き出した。

 

肩を震わせて笑っている。

 

「チャンミン、俺の独り言を聴いてくれて、ありがとう」

 

チャンミンの長い腕がそろそろと、俺の背にまわった。

 

それだけでもう、十分だった。

 

 

 

 

ドイツ語事件の日。

 

白衣の彼を恍惚の眼差しで見送るチャンミンの横顔に、俺の心はさらわれた。

 

チャンミンは賢くて心根の優しい、そして強い精神を持った子だ。

 

俺なんかとはとても比べ物にならないくらい、いい男だ。

 

それでいて、ふわふわと危なっかしいんだ。

 

不安になったチャンミンが振り向く先に、俺は必ずそこにいてやりたい。

 

「ユノ...」と俺の胸のなかでもごもご言うチャンミンの背を、いたわりの心を込めて撫ぜた。

 

 

一生かけて償う。

 

 

一生をかけて、この子を守ろうと思った。

 

(おしまい)

(『抱かれたがった罪』につづく)

 

 

抱けなかった罪(BL)

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」