抱けなかった罪(5)

 

「ユノ。

チャンミンって、どんな奴?」

 

事務所兼倉庫で遅い昼食をとっていると、休憩時間が重なったSが話しかけてきた。

 

「性格、はいい」

 

Sは筋骨たくましいスポーツマンタイプの男だ。

 

彫の深い顔は、面食いなチャンミンが惚れるのも納得だった。

 

チャンミン...今回の恋のお相手はマッチョか...いかにも分かりやす過ぎるよ。

 

これまでの相手は、一人を除いてストレートだったから、玉砕して当然か。

 

「性格『は』ってどういう意味だよ」

 

笑うS。

 

「明後日、チャンミンと会うんだ」

 

「らしいね」

 

「なんだ、知ってるのか」

 

「ああ」

 

「チャンミンって可愛い顔してるんだよなぁ。

お前たちいつも一緒にいるだろ?

あの子によろめかないのが不思議だよ」

 

「俺には彼女がいるし、

男なんか好きになるかよ」

 

嘘だ。

 

「前カレと別れて2か月は経ってるからな、デートは久しぶりだ」

 

「チャンミンのこと...傷つけるなよ」

 

つい言い方がマジになってしまった。

 

俺の真顔にSは驚いたようだった。

 

「傷つけるもなにも、まだ付き合うとは決まってないじゃん」

 

「それもそうだな」

 

笑って誤魔化した俺は、甘ったるいだけの缶コーヒーをぐびりと飲みこんだ。

 

 


 

 

10日後。

 

後期試験を終えたばかりの俺たちは、ファミレスに移動し、その日配布された用紙をテーブルに広げていた。

 

俺たちの学部は5年生に進級する際に、いずれかの研究室に所属することになっている。

 

俺は危なっかしくも、必要単位をひとつも落とすことなく、無事進級できそうだった。

 

チャンミンのおかげだ。

 

試験前、チャンミンは俺の部屋に泊まり込んで、試験のヤマを張ってくれた。

 

チャンミンは何を目指しているのかあやふやなくせに、成績は優秀だった。

 

俺の方は、バイトにサークルにと忙しく、講義をサボることはほとんどないが、苦手な科目はやっぱり苦手だ。

 

「チャンミン...お前の背中を貸してくれない?」

 

「へ?」

 

「席は俺の前だろ?

公式を全部、チャンミンの背中に書いておくの。

試験中のお前は、Tシャツをめくってくれればいいだけ...って。

...いってぇなぁ!」

 

俺はふくれて、チャンミンに叩かれたおでこをこすった。

 

「カンニングはいけません!」

 

「カンニングでもしなきゃ、突破できない...無理」

 

テーブルに額をこつこつと打ちつける俺は、物理系が苦手科目だ。

 

「苦手なくせに、どうして選択したんですか?」

 

「チャンミンと同じにしておけば、提出物も試験も楽できるから」

 

「追試になれば、もう一度試験勉強する羽目になるんですよ!

追試だけは嫌だ、って言ってるのはユノでしょ?」

 

説教した後、ふんと嘆息したチャンミンは

 

「彼女とイチャイチャする時間が減っちゃいますよ。

...ユーノ!

その公式じゃありません、これです。

...はい、よろしい」

 

机に向かう俺の肩越しに、ノートをのぞき込むチャンミン。

 

端正な横顔が間近に迫っている。

 

チャンミンは男が好きな質だと知っているせいだ。

 

長い首やぽつんと目立つホクロ、参考書を指し示す指や手首の細さに色気を感じてしまった。

 

なぜか?

 

チャンミンが裸になって抱きあいたいのは男で、男の俺はいつでもそのお相手になり得るから。

 

チャンミンの目には、俺を単なる友達としか映っていないかもしれない。

 

俺が異性に対して欲を持つのと同じように、男に抱かれたい欲をチャンミンは持っている。

 

チャンミンにとって俺は、性の対象なのだ。

 

そのことに興奮を覚えしまって、欲が灯る熱い視線をチャンミンに向けてしまう理由になった。

 

いつからか。

 

「なんですか?

ジロジロ見ないで下さいよ。

恥ずかしいです」

 

凝視する俺に気付いて、かがんでいた上半身を起こしてしまった。

 

耳も首も赤くなっていて、嬉しく思う俺がいた。

 

よくもまあ、いくつも考えつくものだと自分でも感心するくらい、俺はあれこれ試験突破法を挙げてきて、その1つ1つを一蹴するチャンミン。

 

「チャンミン...俺の替え玉になって」

 

「は?」

 

「俺の代わりにチャンミンが受けるの」

 

「じゃあ、僕自身の試験はどうするんですか?」

 

「俺が受ける」

 

「僕の成績がガタガタになっちゃうじゃないですか!?」

 

「ひどいなぁ。

そこまで馬鹿じゃねぇよ!」

 

「ふふふ。

分かってますよ、冗談です。

ユノは、得意科目は満点をとりますからねぇ。

得意と苦手の差が大きいだけです。

それに引きかえ僕ときたら...」

 

チャンミンはとびぬけて得意な科目も、絶望的に不得意な科目もない代わりに、まんべんなくまあまあ優秀、といった感じ。

 

俺はため息をつく。

 

「これが解けたら、アイスを奢ってあげるよ」

 

「やった!

ユノ、だーい好き」

 

チャンミンは、俺の首に腕を回してハグした。

 

ドキンと心臓がはねて、カッと耳が熱くなるのが分かった。

 

やすやすと女の子を押し倒す俺が、男のハグで中学生になってしまう。

 

頼むからチャンミン、俺にくっつかないで。

 

俺は我慢してるんだ。

 

深夜過ぎ、狭い部屋で顔つき合わせているのだって、キツくなってきてるんだ。

 

「そもそも、なんで俺がお前にアイスを奢らなくちゃならないんだよ。

ご褒美をもらうのは俺の方だろう?」

 

「えへへっ」

 

左右非対称に細めた目が、あどけなく可愛らしかった。

 

なぁ、チャンミン。

 

お前の言う「大好き」に、恋愛感情は少しでも含まれているのか?

 

 

(つづく)

 

 

抱けなかった罪(BL)

BL的秘密の花園

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」