【BL短編】ねえ人魚、そばにいて

 

 

上の写真は、俺の恋人が撮ったものだ。

 

組んだ腕を枕に、デッキに寝っ転がっていたから、刻々と形を変える雲でも眺めているのかと思った。

 

全く、いつの間にシャッターを切ったのやら。

 

「そろそろ行ってくるね」

 

と俺に声をかけると、パシャーンと水しぶきを上げて飛び込んで、「おーい!」と波間から手を振った。

 

恋人はまさに水を得た魚のように、はしゃいでいる。

 

ボートに並走して泳いでいたかと思うと、潜水する。

 

心配になるほど潜水していたかと思うと、反対側にひょこっと顔を出す。

 

恋人が水中に姿を消すたび、俺の胸がギュッと苦しくなる。

 

このまま帰ってこないのかもしれない、って。

 

「おーい」と呼び声に、タラップをよじ登ろうとする恋人に手を貸す。

 

よかった、戻ってきた。

 

30分ほど泳ぎを楽しむと、デッキに上がって空を眺めたり、

 

俺とおしゃべりしたり、

 

お弁当を食べたり、

 

歌を歌ったり(俺よりずっと上手い)

 

「海に来るたび、俺は不安になる。

お前が海に帰ってしまうのではないかって」

 

不安な気持ちをこぼすと、恋人はハハッと笑って俺の口をふさぐんだ。

 

そのままいい雰囲気になって、デッキの上でいちゃいちゃしたり。

 

そして、「潤してくる」と言って、海に飛び込んだ。

 

「心配するなー!

ユノの側から離れないって決めてるんだから!」

 

デッキのヘリから波間を見下ろすと、らっこのようにぷかぷか水面に揺れている。

 

俺の愛しい人魚は、両手でハートのマークを作ってみせた。

 

俺たちのデートはこんな感じ。

 

月に一度は、恋人をボートに乗せて海遊びを楽しむ。

 

一緒に遊園地へ行くことも、ショッピングをすることも、登山もできない。

 

できないことがあまりに多すぎる。

 

だから、俺たちが一緒にできる事柄を、ひとつずつ増やしているところなんだ。

 

そこで恋人のために、自宅の庭にプールを作った。

 

すいすいと気持ちよさそうに泳ぐ恋人の側で、俺は読書をする。

 

プールに飛び込んで、恋人といちゃいちゃする。

 

(人魚とどうやって愛し合うのかについては、俺たちだけの内緒ごと。想像にお任せするよ)

 

夜はプールサイドに敷いたマットで俺は眠る。

 

俺が寝坊しそうな朝は、尾びれで水面を叩いた水しぶきを浴びせて起こしてくれた。

 

寝ている俺をマットごとプールに引きずりこむという、度が過ぎた悪戯をした朝があった。

 

溺れかけた俺は、当然ながらめちゃくちゃ腹を立て、寝室のベッドで3日間眠って、口もきかなかった。

 

4日目の早朝、プールの縁に腰掛けた恋人の、寂しそうな哀しそうな背中を見た時。

 

(この人を守れるのは、俺だけだったんだ)

 

裸足で庭へ下りると、恋人の濡れた背中を抱きしめた。

 

(この人には、俺しかいないんだった)

 

海からここまで連れてきたのは、俺の方だったのに。

 

いっぱい謝った。

 

俺の首からぶら下がる、瑠璃色の半透明の欠片は、愛しい人魚の美しい鱗の一片。

 

雨の日や寒い季節には、そばで眠れなくて困った。

 

そこで、地下に屋内プールを作った。

 

これで全天候OK。

 

お次は鮮魚を運搬するようなタンク付きトラックを購入しようかと、俺は真剣に悩んでいる。

 

そうすれば、もっと遠くへ出かけられるから。

 

人魚の恋人でいるのは、こんな具合に大変だけど、俺は彼のことを海底3000メートルより深く愛しているから、全然苦じゃない。

 

恋人がボートで撮ってくれたこの写真を、しばらく眺めていた。

 

視線を横にやると、俺の美しい人魚がプールサイドで昼寝をしている。

 

水から上がっていられる時間を伸ばすための、訓練なんだそうだ。

 

おっと、そろそろプールに入る時間だ。

 

起こしてあげないと。

 

この人はうっかり屋だから、放っておくと日干し人魚になりかねないからね。

 

ねえチャンミン、そばにいて。

 

俺はずっとお前を守るから。

 

 

 

(おしまい)

 

BL的短編集

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」