【短編】無花果・バナナ・ドーナッツ

 

 

 

「ただいま~」

「おかえり~」

 

エプロンで手を拭き拭き、チャンミンは出迎えた。

 

土産もので膨らんだ紙袋を携え、2週間ぶりに騒々しくユノは帰宅した。

 

お久しぶりのユノの興奮っぷりと言ったら!

 

当然こうなる。

 

「今夜の俺はすごいぞ~」

 

猛々しくなったユノユノに、いつものチャンミンならむしゃぶりついていた。

 

ところが、チャンミンはどうも浮かない表情だった。

 

「...チャンミン?

どうした?」

 

「...僕、風邪を引いたのかなぁ?

今日は一日、熱っぽくて...」

 

早々と全裸になったユノに対し、額に手を当てて見せるチャンミンは下着もジャージパンツも穿いたままだった。

 

ユノは「大変だ!」と仰向けの姿勢から、腹筋力で勢いよく跳ね起きた。

 

「や、離してよ!」

 

チャンミンの制止なんておかまいなしに、額に手を当て、唇を押し当てて確かめた。

 

「...ん?

熱なんてないじゃん」

 

「でもっ!

身体がだるいんだ...」

 

「ふ~ん」

 

「だから今夜は...無理...みたい」

 

「女の子の日?」

 

チャンミンが気乗りがしない時は、そう言ってチャンミンをからかっていた。

 

いつもなら、「ユノの馬鹿!」と枕を投げつけて、ベッドからユノを追い出して、その夜のユノの寝床はソファとなるはずなのに。

 

「そうみたい」

 

ユノのジョークにのっかって、チャンミンはお腹をさすっている。

 

「2日目だから、腰がだるいし、お腹も痛いんだ。

風邪ひいたみたいに、具合が悪いんだ」

 

「ふ~ん...」

 

疑わし気に、ユノは目を細めた。

 

「...俺に隠し事してるだろ?」

 

(ドキぃ)

 

すっと目を反らしたチャンミンに、ユノはニヤニヤ。

 

「白状しろ。

俺に目視確認されたくないだろ?」

 

「...うっ...」

 

鼻先が触れ合わんばかりに、顔を寄せたユノから間近に睨みつけられ、ユノの唇は笑いをこらえている。

 

(あ~あ。

ユノにはバレてる)

 

観念したチャンミンは、事情を説明し始めた。

 

 

 

 

その日の午後のことだ。

 

(お腹が痛い...)

 

チャンミンは下腹をさすり、くの字になって横たわっていた。

 

今日が休日で助かった。

 

「...うぐっ...」

 

下腹を襲うぎゅるぎゅるに、チャンミンはトイレに駆け込む。

 

トイレとお友達になってしまったのには、理由があった。

 

 

長期出張中のユノが戻ってくるまでの2週間。

 

部屋を散らかす者も朝っぱらから騒々しい者もいない。

 

念入りに部屋の片づけと掃除にいそしみ、「メシはまだか?」と急かす者もいないから、レパートリーを増やそうと凝ったレシピにも挑戦できた。

 

3日目くらいから、寂しくなってくる。

 

着くたびれた服を清掃用に小さく切ってぼろ布にし、扇風機の羽根を洗い、ニットの毛玉とりをし、中身とケースがバラバラのCDやゲームソフトを元に戻した。

 

返却日を10日も過ぎたDVDを発見し、延滞料金をたっぷり支払わされたり、チャンミンに内緒で取り寄せたとみる小道具に赤くなり、ユノお気に入りの俳優が出演するドラマを録画予約した。

 

5日目くらいには、不在に慣れてくる。

 

メンズランジェリーのサイトでユノが喜びそうなものを注文し、入浴ついでに自身を慰めてみたり、大量に余らせた料理を冷凍保存したりした。

 

同棲期間10年目ともなれば、寂しさを紛らわせる術に長けた、留守番の達人となっていた。

 

チャンミンはそれなりに、おひとり時間を満喫していた。

 

ところが、予定よりも3日早く帰ってくるという。

 

しかも今夜!

 

チャンミンは慌てた。

 

昨日はデリバリーしたLサイズピザを平らげていたし、夕食ではとびきり辛い唐辛子料理を食べていた。

 

(仕方がない!)

 

使いたくはないが、今夜の為に無花果を使わざるを得ない。

 

気合を入れすぎて、3個連続で無花果したのがいけなかったらしい。

 

お腹は痛いは、肝心なところはじんじんするはで、チャンミンは半べそ状態だったのだ。

 

 

 

「そうだったのか」

 

チャンミンの説明に、ユノはうんうんと頷いている。

 

恥ずかしくて仕方がないチャンミンは、身体を丸め卵になっていた。

 

座った姿勢が辛かったからだ。

 

「...ごめんね」

 

「俺のために頑張ってくれたんだよな。

よしよし」

 

ユノは右手でチャンミンの尻を撫ぜ、左手でチャンミンの頭をくしゃくしゃした。

 

「待ってろ」

 

全裸のままで寝室を出たユノは、大きくかさばった紙袋を持って戻ってきた。

 

ユノが投げてよこしたそれを、チャンミンはぼすんと受け止めた。

 

ストロベリークリームでコーティングされた上に、カラースプレーが散っているデザイン。

 

「...ドーナッツ」

 

「今夜は5ラウンドくらいはやりたいなぁ、って。

激し過ぎて、チャンミンをガッタガタにしちゃうだろうなぁ、って。

満員電車はいいとして、会社の椅子が辛かろうと思ってさ。

超可愛いやつを見つけたんだ。

俺からのプレゼント」

 

「...ユノ」

 

「気に入ってくれた?」

 

「うん!」

 

素直に喜ぶチャンミンに、「こういう無邪気なところが可愛いんだよなぁ」と、交際期間が長かろうと関係なく、ユノはチャンミンに惚れ直すのだった。

 

「はうっ!」

 

ユノの驚きの叫び。

 

チャンミンはもう一度卵の姿勢になり、ユノの両腿の間に顔を埋めていた。

 

ちゅぽんっと唇を離して、チャンミンはにっこり、妖艶に笑った。

 

「アイスキャンディーを舐めたいなぁ、って」

 

「舐めろ舐めろ」

 

ユノは呻いて、反らした上半身を両手で支えた。

 

「そのアイスキャンディーは何味?」

 

「う~んとね」

 

アイスキャンディーを頬張りながらチャンミンは答えた。

 

「バナナ味。

すんごい大きいバナナなんだよ」と。

 

「チャンミンのアイスキャンディーも後で舐めてやるからな」

 

「齧ったりしないでよ?」

 

「溶けないように、優しく舐めてやるよ」

 

 

(おしまい)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」