(22)時の糸

 

 

~チャンミン~

 

 

僕は耳に装着してあるイヤホンの位置を、何度も直した。

 

ふうとひと息ついてから、リストバンドを操作する。

 

僕はユノに電話をかけようとしていたのだ。

電話番号はMに教えてもらった。

​「なんでまた、どうして?」と、Mは理由を知りたがって、「どうしちゃったの~?」としつこくて、参った。

​呼び出し音が鳴っている。

ドキドキと鼓動が早い。

手の平は汗ばんでいる。

 

(いい年した大人なのに)

呼び出し音が鳴っている。

(出ない...)

ごくっと唾を飲み込んだ。

​(まだ出ない...)

イヤホンから聞こえる、呼び出し音に集中する。

(......)

​これ以上呼び出したら、執拗だと思われるかもしれない。

終了ボタンを押そうとしたら、

『どちらさんだぁ?』

​ユノの声。

ただ、怒っているような、尖った声だ。

心の準備ができていなくて、うまく言葉が出てこない。

「あの...」

​『もしもーし!』

(もしかして、電話したらマズいタイミングだったかな)

『おい!

どちらさんか?って聞いてんだよ、こっちは』

苛立っているユノの声。

​「ぼ、僕です」

『僕って誰だぁ?

さっさと名乗れ!』

(そっか、ユノは僕の番号知らないんだった!)

すっとひと息ついて、僕は言う。

「チャンミンです」

「......」

​沈黙。

​固唾をのんで、待つ。

『どうした、どうしたチャンミン?』

「......」

​(Mと同じ台詞を言わなくても!)

ムッとした僕。

​電話をしたことを後悔してきた。

『なあ、チャンミン?』

ユノの声のトーンが、優しくなった。

『電話をもらえて嬉しいよ』

「...ユノ」

 

 


 

 

~ユノ~

 

 

「疲れた...」

​俺はブーツを脱ぎ捨て、ソファに倒れ込む。

格納ベッドを出す時間も惜しいくらい、ヘトヘトだった。

(明日で終わる。

あと1日だ!)

会議の日程は2日間だったが、俺は準備委員会のメンバーだったため、設営準備も含めて、3日間缶詰状態だ。

(テレビ会議で済むのに、どうしてわざわざ一同を集める必要があるわけさ。

ったく、時間とエネルギーの無駄だとしか思えない)

「おしっ!

酒だ、酒のも!」

俺は勢いをつけて起き上がって、備え付けの冷蔵庫から缶入り酎ハイを取り出した。

「ん?」

リストバンドが振動しだした。

ディスプレイを見る。

 

(知らん番号...無視だ無視!)

酎ハイをガブリと飲む。

(......)

酎ハイをゴクゴクとあおる。

(......)

酎ハイを飲み干す。

(しつこい、しつこい、しつこいぞ!)

通話ボタンをタップして、不機嫌さを前面に出して応答する。

​「どちらさんだぁ?」

 

『あの...』

​(男か)

​「もしもーし!」

『......』

(ん...?)

嫌な予感がする。

「おい!

どちらさんか?って聞いてんだよ」

 

(もしや...)

​『ぼ、僕です』

​(はあぁ?)

嫌な予感は膨らむ。

「『僕』って誰だよ!」

(こいつ...変態野郎だ!

​はぁはぁ言って、いやらしいことしてるんだ!)

酎ハイの缶を握りつぶした。

「おい!

どちらさんか?って聞いてんだ、こっちは」

​『あの...』

​相手の息づかいが聞こえてくる。

(こいつ、興奮してやがる!

...変態野郎確定だ!)

​「僕って誰だぁ?

さっさと名乗れ!」

『チャンミンです』

(え...えええぇぇぇぇ!!)

 

 

俺の手から、酎ハイの缶が転げ落ちた。

 

 

 

 

チャンミンとは共通の話題なんてないから、会話が続かないったら。

俺が一方的に、会議のバカバカしさや、肉まんの食べ過ぎで腹が痛いとか、どうでもいいことばかり喋ってしまった。

チャンミンはいちいち相槌をうってくれた。

チャンミンが何の用事で、電話をしてきたのかは分からない。

普段の彼を知ってるから、​ウブで『僕ちゃん』な彼だから、さぞ勇気を振り絞っただろうなぁ、って。

​チャンミンと話しながら、そう思った。

温かな気持ちになった。

チャンミンとの距離が近くなって、たったの数日なのに、無表情で無口な彼の変化が、微笑ましく思った。

不意打ちの電話は、嬉しかった。

 

 

(つづく)

 

BL小説TOP「僕らのHeaven's Day」